就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

成城大学と日本大学のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

成城大学日本大学ではどっちが上なのか?どちらのレベルが高いのか?そこが気になっている人もいると思います。この2つは一般的に言えばランクが異なっていますけど、意外と悩んでいる人が多いようです。というのも、就職などを考えたときには成城大学日本大学の優劣はどうなのか?で迷う人が出てくるようです。偏差値やレベルを比較して、どっちが上なのか?についてまずはチェックをしていきますけど、それとは別の部分でもちゃんと比べていきたいと思います。とりあえず成城大学日本大学の難易度を調べていきますが、そのうえでイメージや雰囲気の違いなどに関してもチェックしていきましょう。

 

成城大学日本大学の学部ごとの偏差値の違いは?

成城大学日本大学はともに有名大学ですし、世間一般では頭いいと評価してもらえるレベルでしょう。しかし、厳密に言えば両者は偏差値に差があると言えます。実際に難易度の比較をしていくために、河合塾の個別日程の偏差値を見ていきます。共通する学部ごとの偏差値を比較をしていきたいと思うのです。まずは文芸学部(文理学部)ですが、成城大学が55.0~60.0で、日本大学が47.5~57.5です。したがって、成城大学の方が難易度は上でしょう。ただ、日本大学文理学部は理系の学科が含まれていますが。次は法学部ですが、成城大学が52.5~57.5で、日本大学が47.5~57.5です。法学部もとりあえず成城大学の方が難しいと言えます。最後に経済学部ですけど、成城大学が55.0~60.0で、にhん大学が50.0~57.5です。経済学部についても成城大学の方がレベルは上となっています。成城大学日本大学はどっちが上か?というと、やはり全体的には成城大学という評価になるでしょう。そこはある意味イメージ通りかもしれません。

 

成城大学日本大学の難易度の違いについては、確かに存在しています。同じレベルとは言えないでしょう。以前よりは差が縮まっている面はあるにせよ、やはり成城大学の方が難しいと言えると思います。ただ、今の時代はどちらも高学歴、頭いいと言えそうです。今後どうなるか?は分かりませんが、偏差値やレベルという面では、成城大学日本大学では違いがあものの、ともに難しい状況なのです。しかし、どっちが上か?の答えは出せるとしても、そこを踏まえたうえでどっちがいいか?は別です。成城大学日本大学の場合、大学の規模やブランド力では、日本大学の方が上と思っている人もいるはずです。だからこそ、W合格の結果でも日本大学を選んでいる人は一定割合います。成城大学の場合には少人数の大学なので、そこが売りになる場合もありますけど、欠点になるケースがないわけではないでしょう。だから、難易度とは別の部分も含めて、成城大学日本大学はどっちがいいか?を考えていくと良いと思います。特に大学のイメージや雰囲気の面はチェックしていきましょう。

 

成城大学日本大学のイメージや雰囲気の違いは?

成城大学日本大学はいろいろな部分でイメージや雰囲気に違いがあると言えます。例えば、大学の規模は最も顕著でしょう。学部数、学生数に関しては相当差があり、日本大学の方が規模は大きいです。しかし、日本大学の場合、学部ごとにキャンパスが分かれているため、文系であってもたくさんの学生数が同じキャンパスに集まりづらい状況です。つまり、キャンパス単位で言えば成城大学の方が賑やかに感じられる可能性があります。逆に日本大学の方が少人数といった感じになりやすいです。そして、キャンパスの立地条件で言えば、成城大学は東京都世田谷区にあり、小田急小田原線成城学園前駅が最寄り駅です。日本大学の場合には学部ごとにバラバラであり、例えば法学部と経済学部は東京都千代田区で、水道橋駅が最寄り駅ですけど、商学部は東京都世田谷区で、小田急小田原線祖師ヶ谷大蔵駅が最寄り駅です。また、文理学部は東京都世田谷区で、京王電鉄京王線と東急世田谷線の下高井戸駅が最寄り駅です。そんな感じで、都心に近いキャンパスもあれば、そうじゃないキャンパスもあります。理系に関してももちろんバラバラです。だから、日本大学の場合にはキャンパスの立地条件の傾向が難しいです。でも、文系学部に限って言えば、法学部と経済学部は都心に近いです。商学部文理学部に関しては、成城大学の成城キャンパスに近い位置にあり、同じような雰囲気だと言えるでしょう。成城大学日本大学のイメージや雰囲気に関して、キャンパス面の比較をするときにはそれぞれのキャンパスに行ってみると良いと思いますが、日本大学は学部ごとに細かくチェックしないといけません。

 

成城大学日本大学で就職に違いはある?

成城大学日本大学では難易度には差がありますが、就職において違いはあるのでしょうか?単純に偏差値やレベルに差がある時点で、人事の評価にも違いがあると思った方が良いでしょう。一般的には成城大学の方が評価が高くなる傾向にあると思います。ただ、就活ではOBやOGの数が多い方が有利な面もあります。学生にとって、自分と同じ大学の出身者が人事をやっている場合が多くなりますし、OBやOGが多ければ、世の中の多くの企業で特定の大学出身者の社員がいる可能性が高いので、すでに採用実績があるという意味では、そういう大学の出身者は採用しやすいでしょう。つまり、成城大学日本大学では、日本大学の方が就職では有利と言える面は存在しています。だから、総合的に見て、絶対に成城大学の方が有利とは言えないでしょう。就職において、成城大学日本大学はどっちがいいか?というと、判断は難しいです。どっちも頭いいと言える学歴でしょうから、そこまで差がない可能性があります。人事の評価が高まりやすい、学歴フィルターの影響を受けづらいという意味では、成城大学の方がおすすめでしょうけど、日本大学にもメリットはあるので、こういった点は知っておいてほしいです。

 

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

 

 

あわせて読みたい記事