就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

明治学院と武蔵大学のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

明治学院大学武蔵大学はどっちが上でしょうか?明治学院大学武蔵大学の場合、一般的には同じ大学群として扱われます。準高学歴的な扱いで、頭いいと思っている人も割といるでしょう。実際、偏差値やレベルは同じくらいというイメージを持っている人も多いでしょう。したがって、難易度に関しては大きな差はないと思われます。ただ、実態がどうなっているのか?に関して注目していきましょう。明治学院大学武蔵大学の偏差値やレベルを比較すると、どっちが上か?の判断はしやすいはずです。そして、それぞれの大学のイメージや雰囲気の違いについても見ていきたいと思います。そのうえで明治学院大学武蔵大学はどっちがいいか?の判断もしていきましょう。

 

明治学院大学武蔵大学の学部ごとの偏差値の違いは?

明治学院大学武蔵大学の偏差値やレベルを学部ごとに見ていきます。河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきたいと思うのです。まずは文学部(人文学部)からです。明治学院大学が55.0~60.0で、武蔵大学が57.5~60.0です。文学部は武蔵大学の方がやや難易度は上と言えるかもしれません。次は経済学部ですが、明治学院大学が55.0~60.0で、武蔵大学が57.5~60.0です。経済学部についても武蔵大学の方がレベルはやや高い状況です。そして、社会学部については、明治学院大学が52.5~62.5で、武蔵大学が57.5~62.5です。したがって、社会学部も武蔵大学の方が偏差値は高くなっています。武蔵大学の学部数が少ないため、比較できる共通学部が少ないですが、全体的には武蔵大学の方が難易度は高い状況です。ただ、明治学院大学には他にも学部がいくつかあるため、全体的に比較をすると、どっちが上か?というのは難しい判断と言えるでしょう。また、武蔵大学は2022年から国際教養学部を設置するため、その偏差値によっては明治学院大学武蔵大学はどっちが上か?という結論に影響を与える可能性があります。

 

明治学院大学武蔵大学の偏差値やレベルを比較すると、だいたいこんな感じです。全体的には多少武蔵大学の方が上かもしれませんけど、ほとんど変わらないです。したがって、現状は明治学院大学武蔵大学の難易度はほぼ一緒と評価できると思います。ただ、どちらも十分に頭いいと言える状況です。今の時代はかなり難しいランクになります。この2つの大学はほぼレベルは変わらないので、それ以外の部分からどっちがいいか?を考えた方が良いです。どちらを受けるべきか?どっちに進学すべきか?悩んだときには、偏差値やレベルとは別の点から決めるのも良いと思います。したがって、明治学院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の違いも理解しておきましょう。実際にキャンパスライフを送るうえで、どんな日常を過ごしていくのか?そういった部分について理解しておきましょう。

 

明治学院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の違いは?

明治学院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の違いに関しては、やはりキャンパスの立地条件の面が大きいです。そういった部分で日々のキャンパスライフに差が出やすいです。明治学院大学は東京都港区にメインキャンパスがあり、白金台駅白金高輪駅高輪台駅が最寄り駅です。武蔵大学は東京都練馬区にメインキャンパスがあり、江古田駅が最寄り駅です。メインキャンパスを比較すると、明治学院大学の白金キャンパスの方が基本的に都会です。武蔵大学の江古田キャンパスは周辺はそこまで栄えていないですし、割と静かな街並みにあります。だから、雰囲気で言えばかなり違いはあるでしょう。ただ、明治学院大学は神奈川県横浜市に横浜キャンパスもあります。こちらは戸塚駅が最寄り駅で、都心からはやや距離があります。一部の学年、学部の場合にはこの横浜キャンパスに通うことになります。キャンパスの立地条件は好みがあるため、どっちがいいとは一概には言えません。明治学院大学武蔵大学のそれぞれのキャンパスに関して、見学に行けるならばそういった手段を踏むのがおすすめでしょう。

 

明治学院大学武蔵大学では就職の違いはある?

明治学院大学武蔵大学において、就職の違いはあるのか?ここが気になる人もいるでしょう。この2つの大学は一般的には同じレベルであり、難易度はそこまで変わりません。したがって、就活においては同ランクとして扱われるのが普通でしょう。だから、基本的には偏差値やレベルの通りということで、人事の評価としては大きな差は生まれないはずです。明治学院大学武蔵大学も頭いいレベルの大学だと考えている人事は、それなりにいる可能性があります。ただ、明治学院大学武蔵大学の場合、大学の規模は明治学院大学の方が多少なりとも上です。就活では大学の規模が大きい方がOB、OGの数が多くなり、それによって有利な面があるとされています。したがって、微妙な差ではありますけど、その点で言えば明治学院大学の方が良いかもしれないです。それに就活をする頃には多くの学生は白金キャンパスで就学しているでしょう。武蔵大学と比べると明治学院大学は都心にあるため、交通面において利便性を感じやすい可能性があります。だから、難易度は近いものの、就職において明治学院大学武蔵大学はどっちがいいか?と言えば、明治学院大学と言える余地はあるということで、ここは知っておいてほしいです。

 

武蔵大学の大学案内が無料で請求できる!

武蔵大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。明治学院大学は有料ですけど、武蔵大学は無料です。ここで請求可能な資料というのは、武蔵大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、武蔵大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から武蔵大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、武蔵大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が武蔵大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「武蔵大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事