就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

日本には「西村博之が論破されたことにしないと死んじゃう病」の患者が大量にいるみたいです(笑)

【スポンサードリンク】

昨日の件ですが、あれから西村博之氏本人が小島剛一氏に向けて、反論をツイートしていました。それが以下ですね。反論がきたので、論破されたとほざいてた人はどう弁明するんでしょうね?彼が言っていることの妥当性は知らないので、興味ないので、内容面についての判断は皆さんに任せますが。

 

 

 

ただ、彼のこのツイートに関しては、西村博之が論破されたことにしないと死んじゃう病患者と思われる人がたくさんコメントをしていました。ちょっと面白そうなので、いくつか抜粋したいと思います。

 

反論できる余地があるから、反論をしているんじゃないですか?(笑)後に引く必要がどこにあるんですか?(笑)西村氏の言っていることが間違っている根拠は一切言えないんですね?(笑)

 

西村氏が負けたという根拠は一切提示できないんですね?(笑)どうしても負けたことにしたいんですか?(笑)そうしないと発狂しちゃうのかな?(笑)

 

根拠がないので、ただの誹謗中傷です(笑)誹謗中傷を何とも思わない人間性の人なんでしょうね(笑)やっぱり日本人なんだねえ(笑)

 

西村氏の言ってることが揚げ足取りである根拠は言えません(笑)揚げ足取りであることにしないと死んじゃうのかな?(笑)この人も発狂しちゃいそう?(笑)

 

妄想でしか否定できない頭になっちゃってますが(笑)しかもそのように予想する根拠もありません(笑)日本人であることがよく分かる文章です(笑)

 

議論にすり替えである根拠は言えません(笑)どんな議論から、どんな別の議論にすり替わったのか?説明はできません(笑)

 

これが1番笑ってしまった(笑)因果関係という概念すら知らない脳みそなんだろうなと思ってしまって(笑)一人称の種類と勝ち負けがどうリンクするんですか?負けという結論ありきで妄想の世界を生きる住人が説明できるわけないと思いますけど、念のために質問したいですな(笑)

 

 

挙げたらキリがなさそうなんでこの辺にしておきますけど、やっぱり彼が日本人に嫌われる理由が分かります。日本人に論理的思考を教えるのは、チンパンジーに英語を教えるよりも絶対に難しいと思う。だから、彼らは論理的思考ができない身体になってしまっているので、それができる西村氏とは正反対の人種です。正義は悪を憎むわけじゃないですか?世間的には悪とされている側(自身では正義と思っているはず)も世間では正義とされている側を憎むわけです。正反対の人たちって基本的に対立しますよね。論理的思考ができる人種をできない人種が憎むのってごく自然だと思うんですよ。嫉妬にも似た感情なんだろうな。論理的に勝てない。でも、彼が大嫌いなので、日本人の一部人たちはなんとか否定をしようとする。後には引けない。その手段は彼らにとっては感情論という名の誹謗中傷しかない。これが日本人が他人をいじめるときの常とう手段です。

 

雛見沢症候群みたいに、特定の土地だけに蔓延する病気が現実世界の日本にもあるんじゃないかな?(笑)それが私が名付けた西村博之が論破されたことにしないと死んじゃう病」なんですが(笑)これは要するに、議論で敵わないけど、自分を無能と、敗北者であると認められないガキが、感情論という名の誹謗中傷で相手をいじめる、集団リンチに走る病気なので、西村博之だけに限定する必要はないんだけど(笑)でも、日本全国にこの風土病が蔓延する状況を見ても、数学を勉強して論理的思考の癖がつくとお思いでしょうか?(笑)数学を勉強することが論理的思考につながるのか?否か?以前の問題じゃないですか?(笑)日本人は否定はするが、根拠は言えない。批判はできないが、誹謗中傷は大得意である。そういう人種なんです。前々から知ってたことですけどね(笑)私はたまにこの人何言ってるんだろう?(笑)と思うことはあるけれども、個人的には大嫌いな日本人をこうして再びバカにできる機会を与えてくれた西村氏には感謝しかないですね(笑)ggると「反日日本人」なんて言葉が見つかるし、それに関する書籍も売られている状況だ(笑)日本人が嫌いな日本人って結構いるんだな(笑)

 

私のこの記事を見て、「うわwwwこいつ必死やんwww」って思う人もいるでしょう。そりゃ必死に決まってるでしょ。大嫌いな日本人を叩けるまたとない機会なんだから。そんなチャンスをみすみす逃す必要性あります?それに「必至やんwww」しか思えない時点で、私の言っていることの内容面がおかしい理由は指摘できないんだなと思えるので、「こいつ必死やんwww」と思ってくれることは、私にとっては好都合なんですがね(笑)

 

 

あわせて読みた記事