就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

プロゲーマーの差別発言で騒ぐ連中って、マジで障害者の人たちを悲しませたよね

【スポンサードリンク】

プロゲーマーの障害者への差別発言とやらが、数日前のヤフーニュースのトップに載ってて、いろいろな人たちがバッシングしたり、騒いでるけど、私はこのニュースを見て、彼らは何に怒っているのか?が意味不明なんですよね。そもそも差別発言ってなんだよwwwってのがまずあるんですが。差別発言って言葉は辞書には載っていないみたい。要するに、誰かが作ったんだろうな。世間一般で使われている感じでは、特定の個人や層を侮辱する発言という意味なんじゃないか?と思われる。だったら、誹謗中傷とかでいいとおもうんだけどな(笑)「差別」って言葉をわざわざ使う理由ってなんなん?特定の層に限定している時点で、そりゃ差別的だよねとは言えるものの、そもそも差別って悪い意味だけじゃないからねえ。特定の人たちを称賛するのも、その人たちを差別的に扱っているわけだから、差別発言ですよ。私は過去に何度も言っているが、人間は差別をしないと生きられないので、差別=NGと考えている人はバカです。

 

でまあ、ここからが本題なんだけど、当たり前だけどさ、今回の発言に目くじら立てている人たちって、障害を抱えている人じゃないと思うんですよ。つまり、自分たちが侮辱されたとかではないわけ。じゃあ、彼らは何で怒っているのか?と言えば、赤の他人であっても、誰かが侮辱されている光景を快く思えない、許せないといった感情があるからなんでしょう。でも、犯罪者とかが侮辱されていても、怒らない人は多いと思うんだよね。じゃあ、何で障害者の場合には怒るの?ある意味この時点で、彼らは差別的な行為をしているわけですがね。「障害者は犯罪者と違って、社会に害悪な行為はしていない、つまり悪くない存在だから」みたいな回答が予想されるが、犯罪に該当する行為をしていなくても、社会に迷惑をかけている障害者はいるでしょう。これは健常者も同じですけど。人間が迷惑をかけないなんてありえないですから。犯罪に該当する迷惑はダメで、そうじゃない迷惑はOKが謎というのは、1つの前の記事でも書いたばかりですが。害悪な行為の中で犯罪だけ目の敵にしないといけない理由は、その人が卑怯者だからです。

 

それに障害者と犯罪者は二者択一の状態じゃなく、相容れない概念ではありません。障碍者の中にも過去に犯罪を犯している人はいるかもしれないです。また、犯罪者の中にも過去に素晴らしいことをしている人がいるかもしれません。障害者と犯罪者という概念はそれぞれ障害を抱えている、犯罪を犯したことがあるという事実のみしか示されていません。彼らがそれ以外でどんな人間か?なんて分かるはずがないんですよ。つまり、犯罪者が障害者よりも社会において迷惑な存在であるとは断言できないというのが、私からすれば当然の結論だと思うのですが、恐らく日本国民の多くは、障碍者と犯罪者を比較するときには、誰もが知ることができる情報のみ(この場合は障害を抱えている点と犯罪を犯したことがある点)で比較をしちゃうんでしょうなあ。だから、障碍者と犯罪者という異なる層を比較すると、障碍者の方が善良であると思い込んでしまうのです。実際は個々人によるでしょうけど。障碍者にもいろいろな人がいるし、犯罪者にもいろいろな人がいるわけです。

 

それにさあ、こういう発言で騒げば騒ぐほど、侮辱されている障害者の人たちに届きやすくなっちゃいますよ?この発言がリアルな会話の中で出たのか?ネット上で出たのか?は分からないけれども、誰かが拡散したからここまで広まって、私の目にも飛び込んだわけです。私はヤフーニュースのトップで見たので、ヤフーが拡散した事実は相当大きいです。誰も騒がなければ、ヤフーが拡散しなければ、障害者の多くはこの発言を知らずに済んだかもしれないが、こんな事態になったことで、この発言を知ってしまった障害者の人たちって、相当多いんじゃ?と思えてきます。要するに、この問題に関して言及している人(私もその1人だが)は、障害者の人たちを悲しませる行動をしているわけですよね。これってさ、最初に発言したプロゲーマーと何が違うの?って思えるんですけど。このプロゲーマーの発言をバッシングする正当性があるとすれば、「特定の層を傷つける発言だったから」くらいしかないと思うんだけど、それを自ら率先してやっている人たちばかりですよね。

 

実際、ツイッター上で特定の個人を悪く言ったツイートをリツイートした人が名誉毀損罪で有罪になった判例があったみたいです。裁判所の判断によると、元の発言をした人のみならず、その発言を拡散した人も同じくらい悪質であると認めたわけですな。だからなんだ?って話ではあるのだが、同じような行為が犯罪になっているケースがあるということは、それだけ世間一般において、悪質な行為と言えてしまう可能性があるわけです。私を含めてこの事実にいちいち言及している人、拡散している人はそれだけ悪人なんですよ。特定の層を悪く言っている人を叩いた結果、その層の人たちが悲しむ可能性を高めているならば、彼らがバッシングする正当性はまず存在しないでしょう。つまり、放置プレイが正解ってことになります。このプロゲーマーが何を意図してそういう発言をしたのか?は分からないが、誰かを悪くなんて言うことはみんなやってますよ。それこそ犯罪者を悪く言うなんて事態は珍しいことでもない。自分が叩きたい、悪く言いたいと思った層を実際に悪く言う行為は、私が見る限りでは常識のように行われており、それが仮に許容される行為ならば、プロゲーマーの発言が許容されない理由はよく分かりません。その理由があるとしたら、すでに話したような感じで、「障害者という層は世間の常識的に叩かれるべき存在ではないから」になるんじゃないですか?私には到底理解できない感想に見えますけど。

 

 

あわせて読みた記事