就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東北大と神戸大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

東北大学神戸大学の偏差値やレベルはどっちが上か?実際、両者の難易度の違いについて気になる人もいると思います。どちらも非常にレベルが高くて、一般的に頭いいというイメージがありそうな国立大学ですけど、難易度が全く同じではないので、その優劣に関してチェックしていきたいと思います。また、東北大学神戸大学ののイメージや雰囲気の違いも見ていきましょう。偏差値やレベルとは別に、それぞれの大学のキャンパスライフについての部分も理解したうえで、どっちがいいか?を考えていくといいと思うのです。

 

東北大学神戸大学の学部ごとの偏差値の違いは?

東北大学神戸大学の偏差値やレベルの違いを比較したうえで、どっちが上か?について考えていきたいと思います。今回は河合塾の偏差値を参考にしていきましょう。まずは文学部からです。東北大学が60.0で、神戸大学が62.5です。文学部については神戸大学の方が偏差値は上です。次は法学部ですけど、東北大学が62.5で、神戸大学が62.5~67.5です。法学部に関しては、両者同じくらいの難易度と言えます。経済学部はどうか?というと、60.0~67.5で、神戸大学が62.5~65.0です。経済学部についても同じくらいのレベルと言えるでしょう。文系はこういった感じです。東北大学神戸大学はどっちが上か?と言えば、文系においては同じくらいの偏差値です。でも、若干神戸大学の方が難しいかもしれません。

 

では、理系についても偏差値やレベルの違いをチェックしていきます。まずは理学部です。東北大学が57.5~67.5で、神戸大学が55.0~65.0です。理学部は東北大学の方が難しいと評価できます。工学部はどうか?と言えば、東北大学が60.0で、神戸大学が57.5~65.0です。工学部は神戸大学の方が偏差値は高いと言えると思います。そして、農学部に関して見ていくと、東北大学が57.5で、神戸大学が57.5~62.5です。農学部については神戸大学の方が難易度は上です。最後に医学部ですが、東北大学が52.5~67.5で、神戸大学が55.0~67.5です。医学部に関しても神戸大学の方がレベルは高いでしょう。こんな感じで、理系に関しては全体的に神戸大学の方が難しいと言えそうです。東北大学神戸大学はどっちが上か?と言えば、全体的には神戸大学になるかもしれないです。でも、大きな差ではないと思いますけど。東北大学神戸大学はともに頭いい大学と言えるでしょうから。ただ、偏差値やレベルのみではなくて、イメージや雰囲気の違いもちゃんと調べておきましょう。

 

東北大学神戸大学のイメージや雰囲気の違いは?

東北大学神戸大学のイメージや雰囲気の違いをチェックしていきますけど、特にキャンパスの立地条件の差は把握しておきましょう。普段のキャンパスライフの雰囲気に大きく関係してきますから。まず東北大学については宮城県仙台市にあります。複数のキャンパスがあるものの、いずれのキャンパスも宮城県仙台市であり、それぞれはかなり近いです。だから、学部別に分かれているのですが、自分が通っていないキャンパスでも身近に感じやすい可能性があります。また、仙台市内なので、東北地方においては都会的な部分があるでしょう。一方の神戸大学については、兵庫県神戸市にキャンパスがあり、いずれのキャンパスもこのエリア内にあるので、東北大学と同じような状況です。神戸市内となれば、こちらも割と都会的ですが、国際的な雰囲気もさらに感じやすいでしょう。あとは関西と東北という部分の違いは特に大きいので、そこに関して理解しておくといいと思うのです。こういった部分も含めて、東北大学神戸大学はどっちがいいか?を考えていくといいです。

 

東北大学神戸大学では就職に違いはある?

東北大学神戸大学において、就職の違いはあるのか?と言えば、あまり差はないでしょう。両者の偏差値やレベルの差は非常に微妙であり、同じような状況に見えなくもないです。そのため、東北大学神戸大学はともに頭いい大学として見られ、明確な違いを見出す企業はほぼないのではないか?と思われます。東北地方や関西圏で就活をする場合はともかくとしても、それ以外の場所で就活をするのであれば、評価における違いは生じづらいと思うので、就職に関して東北大学神戸大学はどっちがいいか?と言えば、どちらでも構わないと言えそうです。就職においては、これといった違いはないと言えるならば、それ以外を重視して選んでいくしかないでしょう。こだわりと言える部分を見出しながら、自分に合う方を選択していくといいと思います。この2つの大学で悩む人はそれなりにいる可能性があります。実際に悩んだときには、何かしら1つの軸を決めて、それをもとにどっちがいいか?自分にとって望ましいか?を考えていきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事