就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

原爆投下は正しいか?正当性はある?間違ってなかったの割合が日米で違う理由

日本人は「感覚の正解を決めたがる」ということを、ちょっと前に話しましたね。日本の現代文教育を批判した「現代文は感情論の集大成!役に立たない、やる意味がないどころか害悪な存在である - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog」という記事で書いているのですが、日本人は人によるという感覚を持てないですよね。特定の感覚が正しくて、それ以外は間違っているという主張をしたがる。だから、現代文という科目が成立してしまっているのだろうが。今日は終戦記念日だが、空気も読まずに原爆投下は正しいという主張の話をしよう。私が正しいと思っているか?どうかは別だが、世の中には原爆投下は間違ってなかったという主張をしている人もいます。日本の場合は少数派だけど、アメリカだと多いみたいです。日本の場合、例えば西村博之氏は原爆投下は正しかったという立場の人間なんです。いわゆる功利主義の立場から、原爆を投下していなければ、戦争が長期化し、死者の数がもっと増えていたという理由から、彼は賛成みたいです。原爆投下は正しいか?の議論において、この理由は結構言われているものであって、原爆投下は正しかったという主張の根拠によく使われます。ただ、そういう意見には反対意見もある。原爆投下に賛成という立場の人間に対して、食って掛かってくる人間がいる時点で、やっぱり「感覚は人による」という感覚が日本人にはないんだなと思えてくるが。

 

西村氏のような意見は合理的な側面は観測できるものの、それに反対する人は多くが感情論である。多くの死者が出ている時点で間違いだったという意見もあるし、民間人が亡くなっているのだから間違いだという意見もある。これに関しては、原爆投下がなければもっと死者が出ていたかもしれない時点で、多くの死者が出たから間違いだったという意見は一蹴されるし、民間人じゃなくて軍人が死んで良い理由はあるのだろうか?とも思う。軍人が死んで良い理由がなければ、軍人と民間人を区別しないといけない理由がなくなるためだ。また、こういった部分はほとんど感情的な反対理由になるが、理屈で説明している反対理由もある。それは原爆投下は完全なる蛇足であり、あれがなくても戦争は終結間近だったという意見です。これは西村氏などが言う戦争が早期決着したから死ぬ人が減った良かったという意見を覆すことができる可能性がある意見になります。ただ、これに関しては証拠があるのか?という疑問はあるけどね。西村氏の言う原爆投下を正当化する理由に対して、唯一反論できる論理的な理由と言えば、これだろうか?と思う。しかし、この意見にも穴がないわけではない。

 

原爆投下が間違ってなかったという意見がある。それとは別に原爆投下をしなくても戦争は早期解決していたという説があるけど、それが仮に正しいとしても、それを原爆投下が間違っていたという主張としてすることが正しくはならない場合があるのです。ちょっと分かりづらい文章になってしまっているから、分かりやすい例を挙げましょう。例えば、就活で圧迫面接ってあるじゃないですか?圧迫面接も賛否が結構分かれていると思うんですよ。圧迫面接に反対という人、間違っていると思う人はいっぱいいると思うんですけど、だからといって圧迫面接をする面接官に向かって、「圧迫面接をやるあなたは間違っている!」なんて言う人はいないでしょう?何で自分の中では正しいと思っていることをそのまま相手に言わないのでしょうか?それはそれが仮に正論だったとしても、それを言うことで自分にもたらされる利益が損なわれてしまうからです。一言で言えば「内定を取れる確率が一気に下がってしまうから」です。つまり、就活生の目的は内定を取ることであり、立場が上である企業に歯向かうよりも、納得いかないものがあっても、それにいちいち反発しないで受け入れていった方が良いという判断なのでしょう。ただ、この就活生が無事にその会社から内定を得て、入社したが、あまりに労働環境が酷いので退社をしたら、改めて「あの会社は採用時に圧迫面接をやる酷い会社だ!」と批判をするかもしれません。この状況では批判はできるんですよ。なぜならば、批判をすることで自分にもたらされる損失はほぼないからです。

 

アメリカが原爆を投下しなくても戦争は終わっていたという主張を、現代でする人も全く同じです。現代でその主張をしても、その主張をした人は一切困りません。日本にはそういう世論があるということがアメリカに伝わったとしても、アメリカが日本に対して不利益なことをするとは想像できませんから。ただ、戦争当時だったら話は違うのですよ。日本が事前に原爆投下をアメリカがしようとしていることを察知し、「原爆投下をしなくても戦争は終わる!お前らのやろうとしていることは無意味な殺戮だ!」なんて主張したらどうなりますか?アメリカの機嫌を損なうだけなんですよ。実際、原爆投下はある種の実験も兼ねていたなんて話もありますし、原爆投下が戦争の遂行や終結に必ずしも関係があったか?と言えば、そうではない可能性もあります。そうなれば、確かに原爆投下という手段が、戦争の遂行や終結に関しては無意味であるという主張は正論と言える可能性はあります。ただ、その正論を当時のアメリカに放って、何の解決になるのか?と言えば、ならないですよね。アメリカを怒らせるだけじゃないですか?正論を言って、相手を怒らせてより不利益な状況をもたらされるかもしれないならば、それを言わない方がマシという可能性もあります。戦っている相手がロボット同士ならば良いですよ。ただ、人間同士であり、感情を持っている以上、正しいと思える理屈をぶつけて、相手の行為の正当性を消し去ろうとする状況は、かえって最悪の状況をもたらす可能性があるということ。

 

アメリカを怒らせることが、日本に対して不利益をもたらすということが言えて、さらに原爆投下に反対の立場の人間が、より多くの死者が出たから反対とか、そういった理由が中心だとしたら、アメリカを怒らせかねない、正論を叩きつけるという行為は、このケースではやってはいけない行為になります。それこそ、家にカギをかけて防犯をしている人の中には、何で泥棒が悪いのに、全く悪くない自分が防犯のためにカギをかけないいけないのか?面倒な手間をかけないといけないのか?と思っている人もいると思います。確かに家にカギをかけないといけないのは泥棒がいるせいで、泥棒のために何で自分がこんな手間を毎回負担しないといけないのか?という気持ちそれ自体は正しいでしょう。でも、カギもかけずに毎回外出し、泥棒に入られたら、カギをかけないで生活していたその人がバカだろと罵られると思うんですよね。それは泥棒がいることを前提にして、いかに自分が不利益を受けないで生活をするか?を考える方が真っ当だという世論があるからなのです。泥棒が悪いんだというのは正しいとしても、泥棒が悪いからカギをかけないで生活をすることを肯定すると、その方が不利益が大きいでしょう?という部分に世論は共感しているんですよ。だから、泥棒がいるせいで何で・・・と思いつつも、みんな家にカギをかけるんです。

 

アメリカに対して「原爆投下をしなくても戦争は終わっていた。だから、必要なかった」という部分を当時のアメリカにぶつけることができたとしても、それを本当にぶつけたら、家にカギをかけないで生活をしていたら泥棒に入られたというケースと全く同じ結果を生む可能性があるのです。そして、原爆が投下されてしまった後、それを言っても何の影響もない中で、その主張をしても何も変わらないのです。そもそもこれは原爆投下が間違いだったという主張というよりは、原爆投下をする必要がなかったに近い主張なので、原爆投下それ自体を抑制する考えではないのです。必要があればやってもいいという主張にも置き換えられますから。つまり、原爆投下が間違っていた理由と原爆投下が必要なかったという理由はリンクしません。原爆投下がよくない理由というのは、原爆投下それ自体の善悪の分析に終始している場合が多く、原爆投下が必要なかった理由は、原爆投下の前後の影響などを含めて合理的に判断している理由だからです。原爆投下それ自体は間違いだったと思ったとしても、あの状況で原爆投下は間違いだという反対意見をアメリカにぶつけることが正解だったと言えるのは、結果的に死者数をもっと増やす状況を肯定できる人間だけだと思います。

 

現代において、原爆投下する必要がなかったという意見を言う人は、その意見を言うことのデメリットがない状況で発言できてしまい、別の言い方をすれば、戦争遂行中には言えない(さらに言わない方がメリットもある)わけだから、原爆投下がよくない理由にはなるかもしれないが、原爆投下が間違っていた理由にはならない(原爆投下をそのまま見過ごしていた方がアメリカを怒らせずに被害が少なかった)可能性があるということ。原爆投下が間違いだったということは投下されない方が良かったということになり、あの状況で投下を防ぐにはアメリカを説得するしかないが、戦況が明らかに不利であった日本側がアメリカに対してそれができたか?と言えば、厳しいと思います。そもそも必要なかったという理屈をぶつけても、アメリカにとっては必要性を当時感じていたからやったんですよ。その必要性の中身に関して、感覚の齟齬がある状況だと思います。だから、強いて挙げるならば、必要性を感じている相手に対して、必要ないという説明をアメリカの感情を一切逆なでせずに、できる方法があるならば、それに限ってはあの状況で原爆投下が間違っていた理由として正しくなるということだろうか?必要なかったが正しいとしても、あの状況で原爆投下をしたことが間違ったか?と言えば、=ではありません。

 

あとは国際法上違法なのだから、間違っていたという意見もあるが、前も同じような話をしたことがあるけど、法律に違反しているから間違いが言えるためには、法律が絶対的に正しい存在じゃないといけないわけだが、現実は日本人は法律に文句言いまくっているわけ(例えば、少年法に文句を言っている人間は山ほど見てきた)で、すでに存在する法律が絶対的に正しいという考えの人はあまり多くないってことが言えます。その時点で、日本人は法律が絶対的に正しくはないという認識なのだから、その日本人が国際法違反を根拠に原爆投下の是非を語ることはおかしいという反論も可能なわけです。都合のいいときだけ法律を正当性の根拠にして、都合の悪いときには法律に文句を言うわけですからね。だから、原爆投下の是非を国際法違反を理由にする意見に関しては、個人的には賛同できません。

 

アメリカでは原爆投下は正しかったという人も多いが、日本ではその逆だと。これはまさに立場が違うゆえに生じる、人間の感覚の違いです。私はどっちが正しい、間違いを決めるつもりもありません。合理性の面から考えてはみたが、合理性で決めることが正しいか?どうかは別だと思います。西村氏は合理性から善悪を考えたようだが、原爆投下の正当性は説明しようと思えばできると思います。ただ、納得しない人が日本では多数ということなのです。原爆投下は正しいか?というテーマはたまに議題になることもありますが、正解はないです。立場が違うので、感覚がそれぞれで違うのは当たり前だと思っていますから、正解を決めたいとも思わない。原爆投下の正当性はあるのか?正しいか?というのは、何とも言えませんが、核兵器を持っている国というのは、あの当ときから比べたら確実に増えました。それをどのように使うか?というのは分からないものの、原爆の脅威を世界中の人は知っているが、皮肉なことにその脅威は世界中でどんどん大きくなっているのです。原爆のような脅威が再び世界にとどろく可能性があるというのは、否定できないと思います。

 

 

届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

 

 

あわせて読みたい記事

東京医科大学の女性差別よりも警察官採用の男性差別の方が酷いと思うが

最近話題になっている、東京医科大学の女子受験生の一律の減点の問題ですけど、世間ではすげーバッシングされている印象だけど、擁護している人も結構いるんですよね。例えば、医者に対して行ったアンケートでは、女子受験生の点数を一律に減点するというやり方を理解できると回答した人の割が65%だったというニュースも見ました。つまり、医者からすれば不自然なことじゃないと考えている人が多いということなのでしょう。女医でタレントの西川史子氏も「西川史子、東京医科大の女子受験者一律減点に言及 「当たり前」 - ライブドアニュース」の記事で、この一律の減点は何もおかしいことではないと主張しています。

 

>医師でタレントの西川史子(47)が5日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。東京医科大医学部医学科の一般入学試験で女子受験生の得点を一律減点していたとされる問題で、「当たり前です」と発言した。

 西川は「当たり前です、これは。(東京医大に)限らないです、全部がそうです」とキッパリ。「だって、(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女の子のほうが優秀なんで」と続けた。  

さらに、女性医師の割合が増えたら「世の中、眼科医と皮膚科医だらけになっちゃう」と医療の現場を知る者として指摘。「重たい人の股関節脱臼を背負えるかって言ったら、女性は無理なんです」と具体例を挙げて説明し、「(女性は)外科医は少ないです。外科になってくれる男手が必要なんです。おなかが大きくては手術はできないんです。だからやっぱり、女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけないんです。男性ができることと、女性ができることって違う」と主張した。

 

これとは別に医者の現場っていうのは、女医が増えるほど、結果的に男性医師の負担が増えるということも言われていて、それは民間企業でも同様だけど、結婚や出産で辞める、休暇をとる女医なのです。そういった人たちが増えると、男性医師の負担がものすごく増えて大変らしいのです。どのくらい大変なのか?というのは医者をやってみないと分からないが、結構大変なのでしょう。そういった部分によって、医者の現場も女医が増えることを望んでいないということが言われています。つまり、一律に女性受験生を減点することは、東京医科大学のみではなく、他でもやっている可能性があるが、それは医者の世界では当たり前であり、医者の世界を知らない人間にとってはおかしいと感じるかもしれないが、合理的な策だという主張にも聞こえてきます。結局、男性医師の負担が増えすぎる問題と女性医師にはできない分野の問題があるため、女性医師が増えることは、社会にとって問題であるという部分を指摘したということになります。

 

私は医者じゃないので、そうなんだ?という感想しかないが、これが真実ならば、合理的と言えば合理的ですよね。問題は女子受験生を一律に減点することを事前に知らせていなかったということなのでしょう。そこを指摘している人もいます。ただ、これは東京医科大学の気持ちは凄い分かる。だって、事前にアナウンスをしたらしたで、絶対に叩いてくる人いますよ。女性差別だ!って言ってくる人が容易に想像できる。だから、アナウンスしても無駄なんですよ。つまり、アナウンスしても結局、東京科大学は叩かれたでしょう。学歴フィルターを公開しない企業と一緒です。公開したら下で、その会社は絶対に叩かれると思います。そういう層は絶対にいるので、公開しなかったことが一概に間違いとも思えない状況になっていますが、これは何が問題か?って言えば、差別じゃなくて詐欺だと思うんですよね。ネットの記事とかを見ていると、東京医科大学のやった行為は詐欺に当たる可能性があるらしい。詐害行為があったか?と言えば、該当する部分はあるでしょうね。差別で叩いている人もいるんだけど、差別をしないで生きている人間はいないはずなので、差別を叩くのは私はおかしいと思うんですよ。差別せずに生きられる方法があるなら教えてほしいが。

 

それに医者に言わせれば、この差別は社会にとって望ましい差別みたいな言い方に聞こえるので、合理性があるような差別さえ叩かれたら何もできませんよね。社会にとって合理的である差別がこうして叩かれると、そういう差別がしづらくなるわけで、それって社会全体にとって損失じゃないの?と思うわけですよ。また、警察官採用とかになると、明らかに男性差別が行われています。それは女性の身長の制限の問題で、警察官採用というのは多くの場合で、男性と女性の身長制限があるのです。何センチ以上じゃないといけないという条件があるのですが、なぜか女性の方が低いんですよね。女性の方が低い理由は、恐らくだけど平均身長が男女で違うからでしょう。だから、女性の身長の下限を男性のそれよりも低くしているはずなのです。ただ、これは正直言って合理性が全くないでしょう。例えば、女性は156cm以上、男性は163cm以上とかになっているんだけど、156cmの女性がOKで、162cmの男性は何でダメなの?という説明ができないでしょう。156cmの女性に警察官が務まるという考えなのに、162cmの男性に警察官が務まらないって、は???って感じなんですよ。

 

女性が156cmまでOKならば、男性も156cmまでにすべきだと思うんだけど。私はこれは列記とした男性差別だと思っています。でも、こっちは誰も問題視しないし、マスコミも報道しません。合理的な理由があるとは思えないのですよね。おおむねということらしいので、多少低くても良いのかもしれませんが、女性の方が身長は低くても問題ないというのは変わりません。一定数女性警察官が必要っていうのは分かるけれども、その一定数を満たせば、残りは全員男性警察官だって良いはずなのに、何でわざわざ男性警察官の数を減らすようなルールにしているのか?マジで分からん。このケースでも差別がいけないというつもりはないが、どこに合理的な理由があるのか?その理由を知りたい。つまり、差別がいけないって世間が叩くならば、明らかにこっちの方が酷いでしょう。合理性が一応説明できる差別がやたらと叩かれて、合理性があるとは到底思えない差別が叩かれない、注目すらされない世の中に、日本の闇と憤りを感じますよ。

 

 

偏見や差別はなぜ起こる?: 心理メカニズムの解明と現象の分析

偏見や差別はなぜ起こる?: 心理メカニズムの解明と現象の分析

 

 

あわせて読みたい記事

順天堂大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインなどの情報

順天堂大学はスポーツで有名な大学になりますが、箱根駅伝などの常連ですし、全般的に陸上競技にて有名な大学と言えます。そして、医学部を筆頭に医療系の学部が多いのも順天堂大学の特徴になります。順天堂大学はスポーツ系、医療系の学部が多く、そういった部分で評判がいいと言えると思います。順天堂大学の難易度は学部ごとに異なっていますけど、知名度はあるので、順天堂大学の難易度は高いと言えると思います。順天堂大学に入りたいならば、どの学部を受けるか?決める必要がありますけど、文系の受験生はほぼ一択でしょうか?国際教養学部があるので、そこを受験する人が多いと思います。文系学部は国際教養学部のみとなっていると思いますが、偏差値は河合塾のもので50です。だから、高いわけではないが、低いわけでもないです。

 

順天堂大学の偏差値は高いのか?

理系の学部は医学部が70、スポーツ健康科学部が47.5~57.5、医療看護学部が55.保健看護学部が52.5~55.0となっています。それぞれの学部ごとの偏差値が違いますし、学部ごとに順天堂大学の評判も違うと思いますから、そういった点も調べたうえで受験した方が良いと思います。順天堂大学の難易度にかかわる情報と評判に関する情報をともにチェックしておいてほしいです。順天堂大学の偏差値は学部ごとに違いがあり、学科ごとにも異なっているので、そこは知っておかないといけないでしょう。どの学部も偏差値は結構あります。医学部はもちろんですけど、それ以外の学部に関しても偏差値は高いと言えます。文系の国際教養学部についても偏差値は低くないので、ちゃんと対策をしないと受からないと言えるかもしれません。

 

順天堂大学知名度は高いです。病院で名が通っていますし、スポーツでも有名なので、全国的に評判が良いと言えると思います。順天堂大学は評判や人気が高いということが予想されるので、それだけレベルも高くなりやすいでしょう。順天堂大学に受かるにはそういったことをまず頭の中に入れておきましょう。特に医学部は難易度が相当高いので。その他の学部もそれなりにレベルが高いということは認識しておいてほしいと思います。順天堂大学のレベルに関しては、倍率についてもチェックしておいた方が良いと言えると思います。順天堂大学の倍率は大学のレベルを評価するときに使える指標ですし、こういったところもチェックしておきましょう。順天堂大学の倍率に関しては学部学科、入試方式などによって違っています。過去の倍率をチェックすると、結構違いがあることに気付きます。

 

順天堂大学の倍率に関する傾向

順天堂大学の一般入試の倍率について紹介していきますけど、文系学部の国際教養学部の倍率に関して、国際教養学部は前期と後期がありますが、いずれも3倍前後くらいで普通という感じです。この倍率は普通くらいでしょう。医療看護学部の倍率は4~5倍というのが例年なので、国際教養学部よりは倍率が高いということになります。医療看護学部の倍率もそこまで高いわけではないのです。スポーツ健康学部の倍率はこの2つの学部と比べるとかなり高いです。スポーツ健康科学部は通常の3科目方式と高得点方式の2つがあるようなのですが、10倍以上の倍率となっているケースが多いです。スポーツ科学科が特に高くて、いずれの入試方式でも10倍以上です。それ以外の学科も10倍前後となっており、10倍を切っている学科、入試方式もありますが、スポーツ健康科学部の倍率はかなり高いというのは知っておきましょう。やはり順天堂大学のスポーツの評判は良いということなのでしょう。ここまで倍率が高いと順天堂大学の評判の高さが実感できます。医学部の倍率に関してはA方式とB方式がありますけど、A方式は例年15倍前後で、B方式は年度によって違いがあり、20~30倍くらいの倍率になっています。したがって、順天堂大学の医学部の難易度は入試方式ごとに違うということになると思います。保健医療学部は2019年からの設置なので、まだ倍率は分かりません。順天堂大学のレベルは医学部はもちろん高いですし、倍率を見る感じだと他にも難しい学部がある感じですね。

 

順天堂大学のセンター利用入試で必要な得点率

順天堂大学の難易度に関しては、それ以外でも重要な情報があって、それが順天堂大学のセンター利用のボーダーラインになります。センター利用のボーダーラインに関しては学部ごとに結構違うので、センター利用を受ける人はそういった点もチェックしておきましょう。学部ごとに紹介していきますが、医学部はセンター利用も複数の入試方式がありますけど、どれも90%程度となっています。医療看護学部が75~77%、保健看護学部が70%前後、国際教養学部が78~80%となっています。そして、スポーツ健康科学部はセンター利用入試がA~D方式に分かれており、学科にかかわりなく、A方式は80%前後、B方式は75%前後、C方式は75%前後、D方式は70%前後となっています。順天堂大学ではセンター利用入試にはセンター併用方式もありますが、それも学部学科ごとでほぼ同じような数字となっています。この順天堂大学のセンター利用のボーダーラインは毎年多少変わる可能性があるので、知っておきましょう。センター利用入試で受験する人はこういう順天堂大学のボーダーラインもだいたいの数字を頭の中に入れて、センター試験の過去問を解いていきましょう。最後に順天堂大学のキャンパスライフに関する評判をチェックしておいてほしいです。

 

順天堂大学のキャンパスの特徴や評判は?

順天堂大学のキャンパスの評判について最後に知っておいてほしいですが、順天堂大学では学部ごとにキャンパスが異なっています。学生の口コミをキャンパスごとに紹介しますけど、まずは本郷キャンパス(医学部、国際教養学部、医療看護学部の3,4年)についてです。御茶ノ水駅から徒歩5分と通いやすい環境で、周辺も充実しているようです。学内ではなく、周辺で食事をする学生も多くいます。コンビニがあまりない点が気がかりみたいですが、全体的に飲食店が充実しており、都心にも近いために順天堂大学の学生の評判は高いです。そして、さくらキャンパス(スポーツ科学部)は最寄り駅が京成線の酒々井駅で、そこから徒歩20分程度かかるので、アクセスはよくないですし、周辺環境は田舎であるという順天堂大学の学生の口コミがあります。自然に囲まれているため、落ち着いた環境で勉強ができる点は学生の口コミとしては評価されているようですけど。

 

三島キャンパス(保健看護学部)は周辺が田舎のような雰囲気という口コミもありますが、できたばかりのキャンパスで全体的に綺麗という評判があります。最寄駅から徒歩10分と通いやすいが、坂がきついみたいです。周りに遊ぶところはないが、コンビニやカラオケ店はあるようです。最後に浦安キャンパス(医療看護学部1~2年)ですが、最寄駅からは距離があり、徒歩だと30分くらいかかるという口コミがあります。バスや自転車を利用する人が多いようです。キャンパス周辺はあまり栄えていないが、海が近いために自然を感じられるロケーションとなっています。隣が舞浜駅であり、学校終わりにディズニーランドに行く人も結構いるみたいです。こういったところが順天堂大学のキャンパスの評判になりますが、順天堂大学の学生の口コミを見ながら、それぞれ志望する学部ごとのキャンパスに見学に行ってみると詳細が理解しやすいでしょう。

 

 

順天堂大学(スポーツ健康科学部・国際教養学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(スポーツ健康科学部・国際教養学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
順天堂大学(医療看護学部・保健看護学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(医療看護学部・保健看護学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
順天堂大学(医学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(医学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

広島経済大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報について

広島県の私立大学というと、全体的にそこまで大きな規模の大学は少ないのですが、その中でも割と大きな規模を誇っているのは広島経済大学になります。広島県の私立大学としては有名ですし、評判も高いと思われます。人気の大学なので、相対的には偏差値は高い方だと言えますし、広島経済大学に入りたい人はまずは難易度を掴んでおいてほしいと思います。広島経済大学は元々は経済学部しかなかったのですが、2019年度に経営学部とメディアビジネス学部を開設することになっていますから、学部の数に関して、2019年からは一気に県内では大きな規模の私立大学になってきたと言えます。

 

広島経済大学の偏差値はどれくらいか?

偏差値は経営学部とメディアビジネス学部はまだ分かりませんが、経済学部に関しては37.5~40.0となっています。これは河合塾の偏差値になりますけど、数字としてはそんなに高くはないです。新設学部に関しては偏差値は分からない部分もありますけど、恐らく同じくらいじゃないか?と思います。広島経済大学の偏差値は経済学部を含めて、経営学部とメディアビジネス学部も河合塾で40前後くらいになると思います。だから、偏差値から判断すると広島経済大学の難易度はそんなに高いわけではないです。でも、誰でも受かるレベルではないので、ちゃんと一定の学力は必要になります。

 

広島経済大学の倍率は高いのか?

そして、広島経済大学の倍率はどうなっているのでしょうか?経済学部のデータしかありませんけど、経済学科に関しては2~3倍です。1期と2期があって、いずれもそういった倍率になっています。これまでは経済学部は学科が5つほどありましたが、その学科が改組されて新学部となるような感じなので、過去の倍率はそういった意味では別の学科に関しても参考になるかもしれません。他には経営学科、メディア情報学科、メディアビジネス学科、スポーツ経営学科がありました。他の学科もほぼ同じ倍率となっていましたが、スポーツ経営学科だけに関しては3~5倍くらいの倍率になっていて、ちょっと高かったです。このスポーツ経営学科は経営学部として再編されることになっています。経済学科は経済学部として残り、経営学科とスポーツ経営学科は経営学部、メディア情報学科(再編後はビジネス情報学科)とメディアビジネス学科はメディアビジネス学部に再編されます。

 

恐らく再編後も、広島経済大学の倍率は同じような感じになるのではないか?と思います。広島経済大学の難易度に関する情報になりますし、大学の人気度にも関係するのが倍率になりますから、こういった情報もチェックしておきましょう。倍率の数字によって、広島経済大学の評判も判断できると思いますが、そういった意味でも倍率は要チェックです。広島経済大学の評判に関してもこういった数字からチェックできますが、広島県内では人気の大学のはずなので、それなりの倍率は常に維持され続けるでしょう。そして、今後上がる可能性もあります。経済学部を改組して、新学部を設置するなど、大学が改革をしようとしているので、そういったところで話題になって、広島経済大学の評判が上がる可能性もあります。そういったところも頭に入れておきましょう。

 

広島経済大学のセンター利用入試で必要な得点率は?

そして、広島経済大学のセンター利用入試についても知っておきましょう。センター利用入試における広島経済大学の難易度に関しても受験生にとっては重要と言えます。広島経済大学のセンター利用のボーダーラインは学科ごとに異なっており、経済学部においてはスポーツ経営が高くて62%くらいです。それ以外の学科はほとんど同じような数字で、60%弱くらいです。50%台後半でほぼ同じになっています。経済学科、経営学科、ビジネス情報学科、メディアビジネス学科は56~58%くらいなので、2019年以降改組される神学部についても、こういった数字がそのまま継続される可能性があります。広島経済大学のセンター利用のボーダーラインを知っておくと、そういう選択肢もあるので、知っておきたいところです。チャンスが増えますから。

 

センター利用入試という選択肢も考えておくと、チャンスが増えるので受験生はそこも考えておくと良いと思います。センター試験の過去問を買ってやってみて、何割くらいとれるか?を試してみると、自分がセンター利用入試で狙える大学のレベルが分かります。広島経済大学の学部学科ごとのボーダーラインは目安なので、この数字を超えれば絶対に受かるとは言えません。その年の倍率によってもボーダーラインは変わりますから。ただ、目安ではあるのでこれに近い点数が取れれば、受けてみる価値はあるということになるのです。広島経済大学の難易度に関する情報になりますから、しっかりと把握しておきましょう。広島経済大学の評判に関する情報も最後に知っておいてほしいです。キャンパスライフに関する情報を知っておいた方が受験勉強に対するモチベーションも上がりますから。広島経済大学の学生の口コミを少し紹介していきたいと思います。

 

広島経済大学のキャンパスの評判や口コミ

キャンパスの立地条件や交通アクセスについて知っておいてほしいです。広島経済大学のキャンパスは最寄駅からはちょっと距離があって、バスを使って通学する学生が多いです。ただ、バスは結構頻繁にくるので、待たされることはあまりないようです。スポーツ関連の施設が充実しており、体育館、剣道場、柔道場などが誇らしく建てられており、キャンパス内にはコンビニもあり、学生の評判が良いです。そして、図書館の規模が特に大きいみたいで、そこも広島経済大学の学生の口コミでは評価されています。充実した図書館というのは、勉強する環境としては非常に最高と言えますから。そして、周囲にはイオンモールがシンボルとなっており、ここで買い物をすることができますし、買い物には困りづらいでしょうから、一人暮らしの学生にとっても住みやすい環境が揃っています。こういったところが広島経済大学の学生の評判になりますが、こういった意見も参考にしながら、自分でもオープンキャンパスに行ってみて、それで広島経済大学のキャンパスの立地条件、周辺環境などをチェックして、そういった部分も加味して、広島経済大学のキャンパスについて判断をしていきましょう。

 

広島経済大学 (2018年版大学入試シリーズ)

広島経済大学 (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

衝動的な殺人よりも計画的な殺人の方が罪が重くなる理由の真実

人を殺すときに、衝動的に殺してしまう場合と計画をあらかじめ練って殺す場合があるが、日本の場合には後者の方が罪が重くなるケースが多いという。これに疑問を持つ人もいるようなのだが、恐らく理由はあるんでしょうね。インターネットで調べても確実にこれだという理由は見つからず、各自が推測しているのみです。私の中には、恐らくこれが理由の大本だろうというものは存在している。それは結局衝動的に人を殺す人間よりも、計画的に人を殺す人間の方が、より悪質だと言えるだろうという根拠が見出せるからだ。それを説明するために、良い教科書があるので紹介したい。教科書といっても漫画なのだが、今日たまたま読んだ金田一少年の事件簿R(リターンズ)の3~4巻にかけて載っている狐火流し殺人事件という回が、この題材を説明するのに個人的にはちょうどいい例だと思っている。以下はネタバレも含むので、見たい人だけ読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

この狐火流し殺人事件というのは、主人公である金田一一が小学生だったころ、ボーイスカウトに所属していたときの友達とあるきっかけで再会することになるのだが、そこでそのボーイスカウト時代の仲間が次々と殺されていく。そして、犯人はそのボーイスカウト仲間の中にいる。問題はその犯人の動機だ。その犯人は実はボーイスカウト時代に起きたある出来事がきっかけで、そのボーイスカウト時代の特定の仲間に殺意を持つ。それはそのボーイスカウト仲間がやったイタズラです。イタズラというのは何をしたのか?と言えば、スズメバチを捕まえて、それをその犯人の持ってきた水筒の中に入れたのだ。なぜそんなイタズラをしたのか?と言えば、その犯人に対して、イタズラをしたメンバーはある出来事がきっかけで、嫌悪感を持っていたということになる。だから、イタズラをしたのだが、そのイタズラが後にとんでもない出来事を引き起こしてしまう。そのスズメバチが入った水筒を家に持ち帰った犯人だが、その水筒を開けたのはその犯人の母親だった。そして、スズメバチに刺されて亡くなってしまう。その母親は以前にもスズメバチに刺された経験があり、それが原因となってアナフィラキシーショックを発生し、結果死んでしまったのだ。はっきり言って、こんな結末になるなんてそのイタズラをしたメンバーは想像もしなかっただろう。当時、小学生だし。

 

しかも、水筒にスズメバチが入っていたという事実から、そのイタズラをやったのはその犯人自身であると、母親と父親は認識しており、その誤解が解ける前に、2人とも亡くなってしまうのだ。そして、その後イタズラを仕掛けたメンバーが誰かを知り、結果としてそれにかかわった3人を殺す。うち、1人は衝動的に殺してしまったようだが、2人は確実に計画を練ったうえで殺している。この狐火流し殺人事件は何とも後味が悪い話のように思えるけど、この回を読んだ読者は、犯人に同情し、イタズラをやった人間らに怒りを覚えたのではないか?と思います。この狐火流し殺人事件の感想などを検索すると、実際にそういう人はいる。ただ、確実に言えるのは、どう考えてもこの犯人の方が悪だよね。ということなのです。イタズラをやった人間らと比べて。イタズラをやった人間は当時全員が小学生だが、彼らを殺した犯人は、殺人を犯した当時高校生という部分も含むけれども、もっと重要な理由のは別のところにある。それはこの犯人は計画的に殺しているというところです。

 

少なくとも2人は計画的に殺している描写があるのです。ってことはどういうことか?衝動的な殺人と比べて、冷静に考える時間があったにもかかわらず、殺人を犯したってことです。殺人が法的に悪だと十分に認識したうえで殺しているということは、これは悪いことなんだという忠告が効かない可能性が高いってことです。イタズラをやった人間らははっきり言って人が死ぬかもしれない想像はないでしょうし、悪いという気持ちはほとんどなかったと思います。元々ある理由から、その犯人に対して嫌悪感を持っていたわけで、その仕返しの意味もあったのだろうから、当然ながらこれが悪であるという認識はほぼないだろう。当時、小学生ならば尚更だ。しかし、高校生になってから殺人を犯した犯人は、殺人の悪質性については十分に理解をしているはず。それでも人を殺したということは、悪質性を理解しても、恨みを晴らすことが重要だという考えに至ったということになります。イタズラをやった人間は、高校生になって同様のイタズラをする可能性は低いと思っているし、仮にその場でスズメバチの危険性に関して忠告する人間がいたならば、最悪の結果は避けられたかもしれない。それにスズメバチのイタズラによって人が死んだのは不運な部分もあったわけで、あれをやったから絶対に人が死んだとは言い切れない。人が死ぬ危険性があったという意味ではその通りだろうけど。

 

しかし、犯人は確実に殺意を持って殺そうとしている。そして、悪であると認識したうえでやっているという部分を含めると、私はどう考えても悪なのはこの犯人の方だなと思います。イタズラ以上のことをやっていますよね。スズメバチのイタズラで人が死んだのは結果論のところもあると思うのですよ。詳しくは漫画か、アニメを見てほしいのだが、いろいろな条件が重なった結果死んでしまったので、死なない予測も十分あったと思うのです。さらに言えば、人が死ぬかもしれない行為って、私たちは日常の中でやっていると思います。車や自転車を運転している人はまさにそうで、あとはインターネットで罵詈雑言を書き込んでいるような人もそう。下手すれば、その対象の人間が自殺するかもしれない。これらは私たちが当たり前のようにやっているから、みんなやっているから、人を殺しかねない行為っていう認識にはなっていないのですよ。当然ながら、この犯人だって同じことをしているんじゃないの?と思うわけです。自分がしている行為の中で、人が死ぬかもしれない行為をしている。結果的に人が本当に死ぬケースっていうのはなかなかないだろうが、それは運が良いから誰も死んでないだけかもしれない。漫画ではこの狐火流しの事件の間の数日の描写しか描かれていないが、この犯人の日常を観察したら、水筒にスズメバチを入れることと同じような、危険な行為をしている可能性はある。本人に自覚はないだろうけど。都合のいい部分しか見えてこないのが人間なので、リアルの多くの人はそんな感じだと思います。

 

さて、衝動的な殺人と比べて、計画的な殺人の方が罪が重いとされている理由に関して、私の考えが理解できたでしょうか?衝動的な殺人は殺人が悪か?どうかの判断をする間もなく、本能的に殺しているから、冷静になりさえすればそれを避けられた可能性があるが、計画的な殺人は冷静になっても避けられなかったのだから、人間としての凶暴性が大きいということになる。だから、計画的な殺人の方が罪が重いのではないか?と私は考えている。恐らくこれが真実だと、私は思っている。金田一少年の事件簿は犯人の動機がかなり重く、犯人に同情する人も多くいると思うが、それは事件当時の描写のみで判断してしまっているということも言えるのだ。その犯人の人間性ははっきり言って分からない。一部しか描かれていないわけだから。だから、殺人に至った理由の部分を見ると、同情してしまうが、普段は何をしているか?分からないわけで、人間に対する印象っていうのは、ほんの一部で判断すべきとは思わないし、裏表があるのが人間だというのは、常に自覚しておかないといけないことだと思います。

 

 

あわせて読みたい記事

追手門大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの詳細

関西にある大学の中で追手門大学は伝統的に人気の大学と言えます。関西では中堅大学のレベルという評価ではないか?と思いますけど、偏差値に関してはそこまで高いわけではないのですが、簡単に受かるとは言えないと思います。追手門大学は関西では評判も知名度も高いので、そういったところは知っておきましょう。そして、追手門大学の偏差値に関して知っておかないといけませんが、ここは心理学部が特に難しいです。心理学部は設置されている大学では偏差値が高くなる傾向にありますが、追手門大学でも心理学部の偏差値は高いので、難関学部であるということで知っておいてほしいです。心理学部の偏差値はおよそ50です。心理学部以外の偏差値はどうなっているのか?というと、追手門大学の偏差値は経済学部、経営学部、地域創造学部、社会学部、国際教養学部がありますが、40台前半です。40~45くらいと思っていて良いと思います。追手門大学で受かりやすい学部としてはこういったところが候補になるでしょう。追手門大学に受かるには学部ごとに違う難易度を把握して、そのうえで受験する学部学科まで選んでいきましょう。追手門大学の偏差値は心理学部とそれ以外の学部で差がありますから、そこを踏まえて大学全体の難易度を把握してほしいと思います。

 

追手門大学の難易度としてはそれ以外の指標も見ておきましょう。追手門大学の偏差値は心理学部が高いということが特徴的ですけど、倍率に関してもしっかりとチェックしておくことで、追手門大学の学部ごとの難易度が把握しやすいと思います。追手門大学の一般入試ではA日程、B日程、S日程など細かく入試方式が用意されており、入試方式が複雑なので、それぞれの特徴を理解するところから始めないといけません。そして、それぞれで倍率も違いますけど、そもそも追手門大学では学部によってすでに倍率に差があります。学部学科、さらに入試方式ごとに倍率の数字が違うので、細かすぎて正確には紹介できませんけど、簡単に紹介すると、低いケースで3倍前後、高いと10倍近くとなっています。倍率だけ見ると関関同立よりも高い場合があります。地域創造学部の倍率が低いですけど、ここで3~4倍くらいです。それ以外の学部はほぼ同じくらいです。5~7倍くらいが多いかな?って感じです。10倍近くあるというのはかなり稀なケースなので、今後も存在するか?は分かりませんし。でも、全体的に追手門大学は倍率が高いです。偏差値はそこまでじゃないかもしれませんが、その偏差値の見た目以上に倍率が高いので、追手門大学に受かるのは難しいと思います。関西では評判が良いですし、知名度もありますから当然とも言えますが。追手門大学に受かるにはこのそこそこ高い倍率の壁を突破しないといけないということなのです。

 

追手門大学はセンター利用入試での受験も可能ですが、その時の合格最低点はどうなっているでしょうか?追手門大学のセンター利用のボーダーラインについて知っておいてほしいですが、どの学部についても数字としては近いです。経済学部、経営学部、地域創造学部は65%弱くらいです。社会学部65%強くらいで、心理学部が70%前後くらいです。国際教養学部は60%前後となっています。追手門大学では3科目と4科目があり、4科目の方が少しボーダーラインは低いですけど、だいたいこんな感じなのです。追手門大学のセンター利用の合格最低点については過去のデータになりますから、わずかながら変動はあると思います。そこを理解したうえでセンター試験の対策をしていきましょう。追手門大学のセンター利用のボーダーラインの得点率はその年の倍率によっても変わるということは常に頭に入れておいてほしいですし、そのうえで対策をしていきましょう。センター利用入試で受かるのは難しいかもしれませんけど、可能性があると感じている人は挑戦してみると良いと思います。追手門大学のセンター利用の合格最低点ということで、得点率の数字を頭に入れておいてほしいです。変動があるので、だいたいの数字で良いと思いますけど。

 

追手門大学の合格最低点やボーダーラインは毎年同じ数字ではないです。倍率によって変動します。特に追手門大学の場合には倍率が結構高い場合も多く、合格最低点やボーダーラインは不安定にならざるを得ないというか、その年によって数字が結構変わると思います。センター利用のボーダーラインもそうですし、一般入試における追手門大学の合格最低点に関してもどこかに情報が載っているかもしれませんけど、その数字というのも参考にはなりますが、今は大規模私立大学は多くが定員削減、合格者削減をしていて毎年倍率が上昇しているので、追手門大学も合格最低点は過去の数字と比べて上がる可能性があります。追手門大学の評判は高く、今後も倍率が上がり続ける可能性があります。人気のある大学なのですが、そういう意味では追手門大学の難易度は今後上がる可能性があります。追手門大学の偏差値に関しても今後影響がある可能性もありますけど、追手門大学に入りたいならば大学の評判をチェックして、追手門大学の魅力を理解してほしいと思います。そういったところから追手門大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれないので。追手門大学は新キャンパスができたりするみたいなので、その点について特に知っておいて、追手門大学のキャンパスの雰囲気やイメージについて知っておいてほしいです。

 

特に知っておいてほしいのは新キャンパスについてです。追手門大学は既に存在しているキャンパスとは別に新しいキャンパスを2019年に作る予定です。詳細は「追手門学院大学 想像もしなかった自分史がはじまる |新キャンパス計画」に載っています。

 

追手門学院創立130周年記念事業の一環として、茨木市東部において進んでいる「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画し、一大文教地域の創造を目指して追手門学院の新キャンパスを整備します。 新キャンパスには、追手門学院大学地域創造学部と国際教養学部の移転と全学部1年次生を対象とした初年次教育の拠点化、追手門学院中・高等学校(以下、中・高)の全面移転を行います。 新キャンパス地は2018年春開業予定のJR総持寺駅から徒歩圏内(徒歩約10分)にあり、現キャンパスからも約2キロしか離れていません。2キャンパスを一体的に運用することで学生の利便性を向上させるほか、地域の防災・交流拠点の創出、新しい教育・研究の実践の場を実現し、北摂地区における一大文教地区を誕生させます。

 

上記にあるように、追手門大学では新キャンパスを設置し、そこに一部の学部を完全移転します。地域創造学部と国際教養学部は4年間ここで学ぶことになるので、詳しく知っておいてほしいですが、それ以外の学部の学生も1年生のときには通うようなので、新キャンパスの雰囲気やイメージは知っておいてほしいです。リンク先にキャンパスのイメージ図などもあるので、チェックしておいてほしいです。この新キャンパスは追手門大学の学生の評判がかなり良いみたいです。在学生も新キャンパスの情報はチェックしているみたいで、追手門大学の学生の口コミではそこに通うのが羨ましいという声があります。既存のキャンパスはアクセスがあまりよくないみたいなのです。しかし、新キャンパスは徒歩で通えるので、そこが魅力的という口コミがあります。追手門大学の評判のシンボル的な存在として新キャンパスが今後存在していくのではないでしょうか?これから入学したいと思っている受験生や高校生は新キャンパスにおける情報も知っておいてほしいです。

 

追手門大学に入りたい人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておいてほしいです。ここで請求できるのは追手門大学の大学案内のパンフレットで、入試情報やキャンパスライフに関する情報が満載です。入試情報に関しては、追手門大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程について細かく分かりやすくまとめてくれています。そして、過去の入試結果から倍率や合格最低点などについても載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えます。キャンパスライフの情報については、追手門大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気なのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報について、学部学科別に詳しく紹介されているはずです。これを読めば、追手門大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった追手門大学の良いところ、メリットなどに気付ける可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「追手門大学」と入力して検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して、送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

追手門学院大学 (2019年版大学入試シリーズ)

追手門学院大学 (2019年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

ポイ捨がいけない理由、なぜいけない?何が悪い?を理解している人がとる謎の行動

2018年7月25日放送の水曜日のダウンタウンで、芸人のあかつさんが国道を歩いて、タバコの吸い殻をひたすら拾っていき、その吸い殻を全部合わせて、枕の中身にするという企画をやっていたのだが、その企画をしているときに、ある車の運転手が、あかつさんがタバコの吸い殻を拾っていることを確認したうえで、吸っていたタバコを道路に投げ捨てたというシーンが映っていたのです。このシーンを見た直後、スタジオの出演陣は挙って「最悪・・・」とか、「こんなやつおるんや?」みたいな唖然とした感じだったし、視聴者の反応も同じような感じだ。ただ、私は何でこのシーンで特別にそんなに怒るのだろう?という気がしてならない。特に視聴者の反応をネットで見てみると、この企画は合計で約1万本の吸い殻を拾ったみたいなのだが、その1本だけに批判が集中し、残り9999本に関してはスルーとなっている状況でした。私はこの状況が全く理解できません。そもそもポイ捨てがいけない理由はなんだろうか?ポイ捨てがなぜいけないのか?というのは、1番メインの理由としては街が汚くなるからではないか?と思う。ポイ捨ては何が悪い?という部分は多くの国民は頭の中に入っていると思うのです。しかし、ポイ捨てがいけない理由を知っているのに、何でこのシーンに特別にこんなに怒るの?というのは気になる。というのも、この状況で例のドライバーが、さすがにタバコの吸い殻を拾っている人の目の前でタバコをポイ捨てするのは気が引ける・・・と仮に思ったとしよう。それで何の解決になるんだ?と思う。つまり、このドライバーはあかつさんの目の前では捨てないかもしれないけど、結局別のところでポイ捨てするんですよ。結果は変わらないどころか、そっちの方が最悪だと言える。

 

なぜならば、あかつさんの目の前で捨てれば、彼がすぐに拾ってくれるという期待が持てるから。つまり、道路に捨てられたタバコの吸い殻を早く回収した方が、道路がそれだけ汚れないで済む。例のドライバーが別の場所で捨てたとなると、それが回収されるまでに時間がかかってしまうので、道路が汚れやすくなるのです。つまり、例のドライバーが良心的なんて評価をするつもりはないけど、例のドライバーだけに特に怒る理由はないんですよ。ポイ捨てをしている人たちに対して平等に怒れば良いはずです。その他のポイ捨てをしている人たち以上の行為をしているとは、私は評価ができないのです。ポイ捨てがなぜいけないのか?という理由を鑑みたときに、このドライバーが他のポイ捨てをしている人間と比べて、特別に悪質なことをしているか?と言えば、していないのですよ。どう高く見積もっても、他のポイ捨てをしている人と同じレベルです。でも、人っていうのは目立つ存在を絶対に叩くんですよ。ポイ捨てをする人はたくさんいると。しかし、ゴミなどを拾っている人の目の前でポイ捨てをする人は確かに圧倒的に少ない。圧倒的に少ないから目立つ。目立つから叩かれる対象になるが、彼らが叩かれることで、要はそれ以外のポイ捨てをしている人は叩かれづらくなってしまいます。当然ながら、それ以外のポイ捨てをしている人の方が圧倒的に多い。結局、世間の圧力は少数派に向かい、悪影響をもたらしている多数派に向かわなくなります。

 

学校でいじめが起きて自殺したなんてニュースがあれば、だいたいその加害生徒が叩かれますが、要はそういう事態にならないと世間はほとんどスルーですからね。そもそもの原因であるいじめ自体を日ごろから叩いている人間は圧倒的に少なくなります。自殺みたいな結果が起きないと、世間は反応しないんですよ。でも、当然ながら日ごろからいじめのようなことが日常的に全国で起きているっていうのは誰でも想像できるんですよね。で、そのいじめ自体を叩けば結果的に自殺という結果も防ぎやすくなるのだが、世間は目立つ存在ばかりに食いついて、日常的ないじめを日ごろから叩く人は少ない。自殺までいくいじめは叩かれるけど、そのレベルまでいかないいじめは叩かれないから、そのレベルまでいかないいじめを加害生徒が精神的にしやすくなってしまうわけです。彼らは本当にそれが問題だと思って叩いているのか?非常に疑問です。ポイ捨てに関しても同じ理屈で、そのレベルまでいかないと大々的に叩かれないとなれば、普通のポイ捨てをするハードルが低く感じてしまうでしょう。結局はポイ捨てに関しても、ポイ捨てがいけないと思っているならば、より大きな範囲で叩けば良いのに、なぜか目立つ一部の存在のみを叩く人が多くいるんですよ。例えば、女性差別NGとか言っている人もいるけど、その人は差別全体じゃなくて、特定の差別のみ批判をしているわけだから、この人は差別それ自体は絶対に問題とは思っていないと評価できるわけですけど、それと同じだと思うんですけどね。男性差別は良いの?他の差別は良いの?って私ならば思いますよ。

 

ポイ捨ては何が悪いのか?という理由はみんなちゃんと把握していると思います。ポイ捨てはなぜいけないのか?の解答を知っているならば、その理由に該当するものを全体として批判をすればそれで済む話なのです。いじめで自殺することが問題だと思うならば、いじめそれ自体を日ごろから批判すべきだと思うけど、それをやる人は少ない。だから、そもそも自殺の原因になるいじめ自体が抑止されづらくなる。すると、結果としていじめによる自殺はなくならない。ポイ捨てがなくならない理由もそれに近いんじゃ?と思えてきますけどね。要するにポイ捨てという行為に悪質性の段階を設定してしまっている状態で、より高次元の悪質性のみに反応するから、より悪質性が軽いものがスルーされてしまいます。まあ、今回の企画に関してはスルーされた方がより悪質な状況だと、私は思いますけど。そもそもこんな企画をやらなければ、ポイ捨ての問題について日ごろから考える機会すらない人も多くいるというのが現実でしょうけど。ポイ捨てがいけない理由が街の景観などの配慮ならば、例のドライバーがした行為は、その目的を達成するうえでは、他のポイ捨てをした人よりもまだマシなんですよ。目の前で捨てられるという行為は腹立つかもしれないけど、結果的にそういうケースの方が街の景観は守られやすいわけです。

 

さらに言えば、タバコの火の始末が不十分の場合、投げ捨てた場所によっては火災の原因になる可能性があるわけで、そのときに誰もいないような場所で捨てるよりも、すぐに気が付きやすい人の前で捨てた方が、そういった事態を避けやすくなると思うのです。誤解を生まないために言っておくけど、私は人前で捨てるのが良いというスタンスではなく、ポイ捨てをする人だけに限定した話をしたときに、人がいないようなところで捨てる人と比べたらまだマシじゃないの?と思うのです。少なくとも、人前で捨てない人よりも、人前で捨てる人の方が悪質という見方は適当ではないと思います。でも、こういうケースに怒るってことは、街の景観とか、火災の原因になることよりも自分の感情の平穏の方が大切なの?と私は思えてくるのです。さすがにそんな人はほとんどいないのでは?と思いますし、だったら特定の対象に対する怒り方おかしくない?と思います。彼らが怒っている理由の正当性が本当にあるのか?が分からなくなります。だから、ポイ捨てを批判する人が本当に街の景観の配慮などから怒っているのだとしたら、例のドライバーに特別の敵意をむき出す必要性がないですし、ポイ捨てする人全員を平等に批判した方が良いと思うんですよ。ポイ捨ては何が悪いのか?それを理解していない人はしょうがないかもしれないけど、ポイ捨てはなぜいけないのか?を知っている人ならば、ポイ捨てを全体として根絶できるような批判の仕方をした方が良いじゃないですか?そっちの方がポイ捨ての数は減ると思いますけどね。個人的にはタバコをこの世から根絶してほしいと思っていますけど。

 

日本の風景・西欧の景観 そして造景の時代 (講談社現代新書)

日本の風景・西欧の景観 そして造景の時代 (講談社現代新書)

 

 

あわせて読みたい記事