就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

働き方が多様化している時代に、人はなぜ就職するのか?

【スポンサードリンク】

私は就職をしませんでした。正確に言うとできなかったという見方もできますが、それほど真面目に就職活動をしていたわけではないので、しょうがないでしょう。私がずっと疑問に思っていたのは、どうしてみんな就職するのか?ということです。私も一時期は就職を目指していた人間の1人ですから、あまり偉そうなことは言えませんけど、仕事を得る=就職するという以外に、実は道がないと思い込んでいる人は案外多いんじゃないかな?と思っています。

 

昔はそうだったかもしれません。今みたいにインターネットがありませんでしたから。しかし、インターネットがあれば、何でもできてしまう時代です。本当に仕事を見つけるのもインターネットですぐです。だって、就職活動で企業にエントリーしたり、アルバイトに応募するのだって、今じゃネットからが当たり前じゃないですか?だから、結局仕事を探す=インターネットを駆使する時代になったのです。

 

そうなると、じゃあ別に就職する以外に仕事を得る方法だってたくさんあるんじゃないの?って思うわけです。実際、ありますね。効率の良いもの、そうじゃないもの、稼げるもの、稼げないものなどカテゴリー分けすると、いろいろなものがあると思いますけど、実はたくさんあります。仕事をするという意味では、主に2通りの方法があると思います。1つは雇われて従業員で働くということ。もう1つはいわゆる経営者になるということです。これは自営業みたいな人も含むかもしれません。

 

インターネットを通じて仕事をする人というのは主に後者になると思います。経営者になって、好きな事業を、好きな時間だけかけて、好きなようにやっていくのが経営者ですし、この世界の仕事でできるものになります。従業員として働いてしまうと、一言で言うと自由がないわけです。働く場所、仕事内容、出勤時間、労働時間、給料など、仕事と生活にかかわる事柄のほとんどを会社に決められ、それに従うだけ。「嫌なら辞めろ!」と言われるだけ。これに耐えているサラリーマンは多いことでしょう。

 

私はそんな生活は御免なので、その道は選びませんでした。今は主にネットを通していろいろな方法でお金を稼いでおり、今まさに勉強中です。この仕事は何よりも自由なのが素晴らしいところです。寝坊しても良いし、テレビ見ながら仕事しても良いし、夜更かしできるし、本当に自由です。牢獄にいるかのような生活を強いられるのがサラリーマンだとおもいますから、そういった不自由から脱却した生活の魅力について、このブログで語っていくとともに、昨今の日本の労働事情、そして少しでもこういう生き方を広めるべく、ノウハウなんかも少しずつですが、多くの人と一緒にシェアしていきたいと思っています。