就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の会社説明会は行く意味、必要性は実はあまりない

【スポンサードリンク】

 就職活動の初期段階で行われる会社説明会という一種のイベントがあります。会社説明会は学生にとっては、その企業に本格的に応募するか?を決めるために材料になるものとして位置づけられていると思います。実際に会社に出向いて、雰囲気とか、どんな人が働いているのか?を知るということは確かに大切です。しかし、現状の会社説明会というのは、参加するだけ時間の無駄なものが多いと思います。ただ、参加しないと選考に進めないという事情もありますし、選考には進めても出欠の確認はしているでしょうから、参加していない人は調べれば分かるわけで、熱意を問われるという意味では、学生にとっては参加せざるを得ない理由もあると思います。

 

私がどうして会社説明会に参加するのは意味がないと考えているか?というと、これは私も実際に体験したことですが、会社説明会に参加しても、当日話されていた内容の中でこれといって有益な情報がほとんどなかったからです。全部会社のホームページを見れば分かることばかりで、何らタメになったと思える情報はありませんでした。だから、はっきり言ってわざわざ会社説明会という形で学生にこういう場を設ける意味を感じられません。それこそ言いたいことはネット上にアップして、質疑応答はメールで受け付ければ良いのでは?ということになってしまいます。また、動画を撮影してそれをネット上から配信するとかね。すでにやっている企業もあるみたいですが、普及はしていません。いまだに企業の中か、どこか会場を借りたりして、アナログ的な会社説明会を開催しているところが依然として多いと思います。これはいわゆる手書きの履歴書、エントリーシートと同様に就職活動における無駄な活動の1個じゃないかな?と思うんですよ。ただ、逆に参加する学生からは主に以下の言い分がありそうですね。

 

「実際に会社に出向かないと、会社の雰囲気が分からない」といったものです。一見正しそうに見えますが、私は正しいとは思えないのです。会社説明会で感じる雰囲気というのは、実際に会社で働き始めたときに感じる雰囲気とは違うものだと思うからです。というのも、会社説明会の開催段階では、会社は1人でも多くの学生に応募してしてほしいと、興味を持ってほしいと思い、いろいろな配慮をしています。つまり、段階では学生は会社にとっての「お客様」に等しいのです。例えば、洋服店の店員が「これ、どう見ても似合ってねーだろwww」と思う客の服装でも、「お似合いですね!」と言うケースが大半でしょう。それがいくら本当のことだったとしても、客に対して悪い印象を持たせては絶対にいけないのです。それは学生相手だけではない。会社と会社の関係でも一緒です。相手の機嫌や印象を常に気にしながら仕事していかないといけないのです。すると、当然説明会では、迎え入れる学生のために嫌でも良い雰囲気を作りますよね。それは例えば、会社説明会で実際に会社についての概要、説明をする人の人選とか、そういった要素です。

 

ルックスが良い人とか、喋りなれている人とか、学生にとって良い印象を与えられるような人を選んで、その人に会社説明会に参加してもらう。学生はその社員を見て、ある程度良い印象は受けるでしょう。しかし、その会社説明会に参加した人と今後一緒に仕事をする可能性は低いです。そこにいない人が上司になったりする可能性の方が圧倒的に高いです。会社の雰囲気って何で決まるか?って考えたときに、やっぱり「人」だと思うんですよね。誰がそこにいるか?誰と仕事をするか?それによって職場の雰囲気が決まると思いますが、会社説明会で出会う社員の人が今後一緒に仕事をする可能性が乏しいとなると、会社説明会で感じた雰囲気と実際に働き始めたときの雰囲気は一致しないと思います。良い雰囲気を作ってくれるような社員をあえて選んでいるのですから。

 

そういった理由で、会社説明会の段階では学生は完全にお客様ですから、いろいろな策を使って、良い雰囲気を無理矢理作り出しているのですね。ひねくれた言い方をすると猫を被っている状態です。企業の本性が出るのは実際に働き始めてからです。ただ、会社説明会は企業にとっては宣伝の、アピールの場でもありますから、嘘をついたり、演技をしたりして、学生に対して良い会社像を映そうとする。そういう行為自体は避けられないでしょうし、学生側が会社説明会で感じた、その企業に対する印象をそのまま受け入れないということが必要なのかもしれません。よく就活では、「ミスマッチ」という言葉が叫ばれますが、今後こういったミスマッチはまず根絶するのは不可能だと思いますし、ある程度のミスマッチ前提で就活をするか、ミスマッチがおきないように、自分の感じた印象を全て捨て去りながら就活をするか、どちらかでしょうね。

 

就活をするときにはインターネットからナビサイトに登録し、そこからエントリーをして就活をしていくことになると思います。しかし、そのときのナビサイトはどうやって選んでいますか?恐らくほとんどの人は吟味はしていないと思います。知名度が高くて他の就活生がみんな使っていると思われるナビサイトに無意識のうちに登録していると思うのです。そういったナビサイトはみんなと同じところだし、有名だしということで安心感はあると思うのですが、ほとんどの就活生が利用しているような状況に近いため、どうしても競合が発生しやすいのです。つまり、そういったナビサイトは大量の就活生が登録しているため、そこからエントリーされる量も大量で、そのナビサイトに求人を出している会社には大量のエントリーが届くことになりますから、他の就活生が大量にエントリーしている企業を自分も受けないといけない可能性があるため、競合が発生しているという状態になります。したがって、倍率が上がりやすくなり、内定が取りづらい状況になっているのです。

 

だからこそ、知名度が高くて多くの就活生が利用しているナビサイトは内定を取るという意味ではあまりおすすめできません。だからこそ、知名度が低くても穴場的な、利用者数がそこまで多くないナビサイトも一緒に使ってリスクを下げることが重要なのです。例えば、「キミスカ 」はおすすめです。ここは学生が企業を検索して、エントリーして会社の選考を受けていくのではなく、企業が学生のプロフィールを検索して、スカウトを送るというタイプの珍しいナビサイトになります。しかし、それによって大きなメリットがあるのです。それは学生は通常、ナビサイトから企業を検索してエントリーして、選考を受けていきますが、選考の過程で自分をアピールし、企業に気に入ってもらえれば採用される確率が上がっていきます。しかし、選考の過程で自分い興味を持ってもらえないと不採用になるのですが、多くの企業を受けても結果的に不採用が多く出るのが普通なので、学生からしてみれば自分という人間について興味を持ってもらえない企業を多く受けてしまっているということが言えるのです。しかし、スカウト型のナビサイトを利用すると、企業からスカウトが着たところだ受けることになるので、スカウトが着た時点で企業はあなたに興味を抱いているということが言えますし、その時点ですでに自分という人間に興味を持っている企業のみを受けられるので、内定を貰える確率がより高い企業を受けることができますから、非常に効率的と言えます。

 

そういったメリットがまずありますし、それ以外のメリットとしては、スカウトはいろいろな企業や業界から来るので、自分が想定していなかった企業や業界が自分でも気づかない部分に適性や魅力を見出してくれて、スカウトを送ってくれるということがあります。それによって自分の就活における視野が広がるということも言えるのです。このキミスカというサイトはスカウトがくるまでは特にやることもないので、普段はいつものナビサイトを使って企業を検索し、エントリーをしていくというやり方をして良いと思います。そして、スカウトが着た時だけ対応していくという風にすれば、他のナビサイトと併用もできます。そこもメリットの1つになると思うのです。スカウトは絶対に来るとは言えませんけど、プロフィールを充実させるなどして確率を上げることはできます。そして、やはりそんなに有名なサイトではないので、就活生の利用者も多くないですし、ここから選考を受けるときには他のライバルと競合しづらく、倍率も上がりづらいと言えます。したがって、穴場的なナビサイトとしておすすめと言えますし、内定を本気で欲しいと思っている人は、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

人生を無駄にしない会社の選び方

人生を無駄にしない会社の選び方

 

  

あわせて読みたい記事