就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

「アフィリエイトは稼げない」と話す人は、ただの負け惜しみ?

【スポンサードリンク】

アフィリエイトは稼げない」と言う人がいます。それは自分なりの根拠はあると思いますが、現実的に稼いでいる人はいるわけですから、それが確実に合っているわけではない。でも、以前アフィリエイターに対して行った調査では、8割以上の人は月の収入が1000円以下という結果が出ているようです。1000円を越えたら、それだけで上位2割ですか。大変なのか?楽なのか?分かりませんね。ただ、その人たちがどれだけの時間を費やしてきたのか?は不明ですが、早々に諦めて撤退してくれる人が多いのは、これから始めるやる気のある人たちにとっては追い風かもしれません。

 

だって、月に1000円以上稼げれば、上位2割には入っちゃうわけですよ。月に1000円ってのは、割と簡単です。1日に数百のページビューのあるサイトを作って、そこにGoogleadsense広告を貼っておけば、月に1000円はいくでしょう。Googleadsenseの広告はアフィリエイトなのか?という疑問もありますが、月に1000円を稼ぎ出すのは意外に難しくないと思うのです。月に数百ページビューのあるサイトというのも、きちんと更新作業を続けていれば、数ヶ月もあればたどり着けそうな数字じゃないですかね?私の経験上ではね。

 

アフィリエイトは稼げない」という人は、実際にやってみて稼げなかった人か、そもそもやっていない人だと思うんですよ。Youtubeにはアフィリエイトに関する動画がいくつもうpされていて、それらにたくさんのコメントが寄せられています。その多くはアフィリエイトに否定的なコメントが多く目立つ気がします。罵声やただの悪口にしか見えないものもあれば、ちゃんとした意見もあります。ただ、多くは「アフィリエイトはどうせ稼げない」といったアフィリエイト自体を否定するものや、アフィリエイター自身を貶すものです。どうしてこういうコメントをするのでしょうか?

 

実際、アフィリエイトで年収1億円を稼いでいる人もいるし、月収数十万とかのレベルであれば、稼いでいる人はゴロゴロいると聞きます。つまり、サラリーマンの世界だって、経営者と従業員でまず格差があり、さらに従業員の中でも格差はあるでしょう。だから、アフィリエイターの中でもそりゃ格差はあるに決まっているんです。自分が稼げないから、「アフィリエイト全体が稼げない」という言い回しは、それこそ最近話題になっている風評被害そのものです。完全に視野が狭いというか、自分が基準になっていて、自分ができないものは認めないという考え方なのでしょう。

 

世の中にはアフィリエイトをよく思っていない人が多いと聞きますが、それは自分が実際にやってみたけど稼げなかった、それかやり方が分からないからできない、でも、それを尻目にたくさん稼いでいる人がいるのを気に食わない人がいるから。でも、実際に稼いでいる人は探せばたくさんいる。そういう人が実際にいるにもかかわらず、すっぱいブドウと一緒で、どうせやっても稼げないと自分に、そして他人に言い聞かせる意味で、そういう発言をするのかな?と推測します。要は負け惜しみということになってしまいますけど。それが傍から見れば、アフィリエイターに対する風評被害に近いことをしていると言うことです。アフィリエイターはいくら自分たちが貶されても、いちいちこんなことで抗議はしないですけどね。

 

アフィリエイトで稼げなかった人は、時間をかけていないか、やり方が間違っているか、のどちからだと思われます。稼げない人は稼げるようになれるように、このブログでもノウハウをシェアしていきたいと思っています。アフィリエイトは稼げないと悟るのではなく、じゃあ稼げるようになるにはどうすれば良いのか?と向上心を持つことが人生を生きる意味でも大切でしょう。アフィリエイトを貶す人だって、アフィリエイトで稼げるなら稼ぎたいと思っているでしょうから。視野を広く持って、アフィリエイトに関する正しい認識を持つ。そこからスタートすることがアフィリエイトで成功するための1番の秘策だと思います。

 

 

 

プロフェッショナル・アフィリエイトへの道―あなたが稼げない理由教えます

プロフェッショナル・アフィリエイトへの道―あなたが稼げない理由教えます