就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

「手書きの履歴書は熱意、誠実さが伝わる」と話す企業の矛盾

【スポンサードリンク】

就職活動等の場では、履歴書は手書きが推奨されている。これは推奨する人たちの言い分はあるんですが、どれも納得いくものではないのです。少なくとも私からしたら。今の時代、どれだけの企業が手書きの履歴書じゃないと機嫌を悪くするのか?不明ですが、多くの人は念のために手書きで書いていった方が無難だろうということで、パソコン等で作成するのではなく、1枚1枚時間と手間をかけながら書いていく。という、非常に過酷な作業をしていると思います。

 

手書きの履歴書にこだわる人たちの理由のうちの1つに「熱意が伝わりやすい」というのがあります。時間や手間をかけずに作る履歴書よりも、1枚1枚丁寧に書いていった方が熱意や誠実さがあるというのです。まず、熱意に関しては言っていることがよく分かりません。中にはそれだけの手間をかけてくる志望度の高い人だけを集めることができる。という意見もありますが、これは残念ながら現状ではありえないでしょう。というのも、現状では多くの企業で手書きの履歴書を礼賛の風潮があるし、それによって、多くの学生が履歴書を手書きで書いているからです。

 

つまり、他がPCでの作成OKなのに、うちだけ手書きをわざわざ書かせているという状況なら、わざわざ手間や時間を惜しんでまで、手書きの履歴書を書いている=そこまでする学生は相当志望度が高いんだろう。という推測は成り立ちますが、現状ではほぼ全ての学生が、応募するほぼ全ての企業に対して、手書きの履歴書を送付しているでしょう。したがって、自分の企業が手書きにさせたところで、他の企業にかけている手間や時間と一緒なんです。つまり、かけている負担が他の企業とほぼ一緒なのだから、応募してきた学生が志望度が高いとか、低いとかの判断材料なんかにはなりえないのです。

 

また、誠実さが表れるというのは、確かに手紙を貰った場合などはそうかもしれない。わざわざ手書きでくれる手紙なら、キレイにちゃんと保存しておこうと思うでしょうし。ただ、今回の履歴書なんですよ。手紙とかとは全然性質が違うんです。単なる書類なんです。つまり、何が書いてあるか?さえ分かれば良いものであって、そこに誠実さを求めて書かせるというのは正気の沙汰とは思えない。だって、履歴書から個人情報を抜き取りさえすれば、後はいずれシュレッダーにかけられて消えたりするんでしょうし。誠実さを求めて書かせたものを、そういう形で始末する企業のやり方は誠実なんですかね?

 

そして、1番不可解なのは履歴書をわざわざ手書きにすることが熱意や誠実さを表すというのならば、企業内で作る文書のほとんどがパソコンで作成されているのは何故か?という点です。要するに、業務連絡程度の意味合いしか持たない書類をわざわざ手書きで時間や手間をかけるのは無意味なわけです。だからこそ、手書きなんかさせない。これは間違いなく正しい。しかし、例えば、他企業に営業に行く際、「うちの商品買ってくれませんか?」とか、「うちと契約してくれませんか?」ということを頼みに行くことがありますよね。そのとき勿論手ぶらで行かないでしょう。商品を売り込むのならば、それを印刷してまとめた資料とか、パンフレットを持っていくはず。これって、基本的にはパソコンで作って印刷してまとめたものですよね?

 

あらら、おかしいぞ?あれだけ手書きが熱意や誠実さを伝えるのに格好の手段と言っておきながら、他企業に見せるための資料やパンフレットは手書きじゃないの?何で印刷なの?営業に行っているんだから、熱意や誠実さを見せた方が成約率上がるんじゃないの?言っていることとやっていることが矛盾している気がします。写真の部分はしょうがないにしても、文字の部分は全て手書きで書くべきでは?と思います。そんなことをしないのは、時間や手間がかかりすぎるからでしょうね。しかし、時間や手間をかけるのが熱意であり、誠実さではなかったのか?それをしないということは、他企業に営業に行く際には、そんな気持ちはいらないってことですかね?面接を受ける学生も、他企業に営業に行く社員も、立場的にはさほど変わらないと思いますが、学生たちにはそういった無理を強いて、自分たちは面倒だからやらないということですか。

 

結局、営業で印刷物を持って行っても、相手の企業は怒らないし、それで問題なく取引が成り立っているわけです。つまり、これって気持ちの問題であって、営業でそれができるのなら、就職活動の場でもそれができるでしょ?って話です。印刷されたパンフレットを持ってこられても怒らないんだから、印刷の履歴書を持ってこられても機嫌悪くならないことは可能なはずです。時間はかかるかもしれませんが、いい加減に日本企業も古い体質から脱却する努力をしないと、社会全体から無駄が生まれ続けるだけなのです。無駄をなくして、利益に結びつけるのが企業の使命であるはずですし、それを自分たちは実践して、学生には実践させない。させることを許さないというのは、有能な社畜が欲しくて、それを育成、選抜するための一環なのか?ただ性格がちょっと捻くれているのか?のどちらかでしょう。

 

 

人生を無駄にしない会社の選び方

人生を無駄にしない会社の選び方

 

 

あわせて読みたい記事