就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

第二新卒の人が面接で評価される退職理由、転職理由とは?

【スポンサードリンク】

第二新卒という枠組みで就職活動を行っている人は、面接対策でいろいろな想定質問の対策をしていくはずでしょう。その中の1つに「前職を辞めた理由」というのがほぼ確実にあるのではないか?と思います。これは転職の場合もそうですけど、まだ就業経験の浅い第二新卒人も当然聞かれる可能性があります。ましてや第二新卒の人の場合は、ある程度短い期間で辞めているために、そこを気になって突いてくる面接官も多くいると思います。ただし、この質問は別にいじわるをしているわけではなく、面接官も興味を持ってくれている証拠なのではないか?と思います。ほぼ全員にしている質問でしょうけどね。要はこういう質問をされても慌てる必要はありません。これは志望動機を聞いているに等しいと思うからです。

 

就職試験の面接では、突き詰めれば、志望動機と自己PR以外のことは聞かれない。それが形を変えて聞かれているだけだ。と聞いたことがあります。全部が全部そうだとは限りませんけど、頷ける部分も多いかな?と思います。例えば、就職活動では、「自己PRをしてください」とストレートに聞いてくる場合もあれば、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」というように、自己PRを聞くにしても、形を変えて聞いてくるケースは多々あるからです。つまり、この前職を辞めた理由についても、何かの質問が形を変えたものと捉えるのが良いと思います。じゃあ、何の質問が形を変えたのか?というと、それは志望動機です。志望動機は何ですか?という質問に等しいと思います。

 

それはどうしてか?というと、考え方を変えてみると、前職を辞めて、新しく入りたい会社があったってことですよね。前職を辞めるということは、別に入りたい会社があったからに他なりません。つまり、(前職を辞めてまで)どうしてうちの会社に入りたいのですか?という質問をしているに等しいと思います。ですから、その会社に入りたい理由を述べればOKということになります。別に人間関係にうんざりしたとか、仕事がきついとか、給料が安いとか、そういう明らかにネガティブなことを話す必要は無いのです。別にプラス思考の話で全然構わないと思います。転職とか第二新卒の人を受けて入れているということは、別に会社を辞めることを否定しているわけじゃありませんから。辞めたことをマイナスに捉える必要はないと思います。

 

ということで、基本的には上記で書いたように、志望した企業でやりたいこと、成し遂げたいことなどを話せば大丈夫です。〇〇をやりたいから前職を辞めてまで、この会社に入りたいんです!だから、前職を辞めました!ということを堂々と述べましょう。そのときにできるだけ前職で得た経験等を生かせると良いと思います。一応、第二新卒というのは就業経験があるわけですから、それを是非生かしてもらいたいというのが、採用する側の本音でしょう。自己PRを別途聞かれると思いますけど、そこで話すことと同じでも構いません。むしろ、自己PRと志望動機がリンクしていれば、それこそ首尾一貫していて、割と良い印象を与えられるのではないでしょうか?例えば、自己PRでは前職で経験したことを話してみて、志望動機(前職を辞めた理由)では、その自己PRの内容をこの会社の〇〇な事業なら絶対に生かせると思えるから、志望した!と話すと良いのではないでしょうか?

 

そして、受ける企業に対する志望動機を述べるような感じですから、企業研究というか、志望先の企業についてよく調べる必要があります。それはホームページなどを調べるというのもあるのですが、1番良いのはその会社の人に話を聞くことです。就職活動でいうところのOB、OG訪問みたいな感じができれば最高ですね。ただ、現在そういうことを行えない人の方が多いと思うので、ここでは「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス 」を利用してみると良いでしょう。ここでは、実際に就業経験のある方の口コミが多数掲載されています。実際に働いて方はその会社をどのように思っているのか?どのように評価しているのか?実際にどのような仕事を任されて、これまでやってきたか?など、貴重な内部の人間しか知ることができない情報を載せてくれているのです。本来は一部しか見られないのですが、会員登録をしてもらえると全て閲覧できるみたいです。第二新卒として今回のような転職の面接対策をするとき、転職先としてこの企業で大丈夫か?の確認をするときなどに、失敗しないために役立つのではないでしょうか?

 

第二新卒は即戦力として期待しているわけじゃないかもしれませんが、一応就業経験があるので、その点をアピールすることはプラスになると思います。また、その際には受ける企業の研究をよくして、事業のことをよく調べて、自分が前職で得た経験というのは、どういうところで生かせそうか?それを考えてみましょう。まだ社会経験が若いので、そんなに凄いことを話せなくても良いと思います。若さに期待しているところもあるはずですから。そこは面接官もきちんと考慮してくれるはずでしょう。第二新卒の人が面接で退職理由、転職理由などを尋ねられたときには、こういった感じで答えると良いのかと思います。

 

第二新卒は普通に転職をする意識ではなく、第二新卒として再就職するという意識を持つと良いと思います。転職用の求人サイトではなく、第二新卒用の求人サイトがあるので、そちらを利用した方がまさに第二新卒を欲しがっている、第二新卒じゃないとダメだという企業に出会うことができますし、第二新卒向けの求人に応募することで、採用確率も上がるでしょう。「いい就職.com」では、第二新卒限定の求人を多数紹介する他に、これから再就職を目指すための各種セミナー、ガイダンスの実施、不安を解消する相談会、実践練習を兼ねた模擬面接など、第二新卒の方の就職活動を後押しするサポートをしてくれます。

 

 

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】