就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

寒い冬の就活の服装は?コート、マフラーの選び方は?

【スポンサードリンク】

これから秋、そして冬を迎えてどんどん気温は下がっていき、寒くなってくると思いますけど、この時期の就活生の服装って、どうすれば良いのでしょうかね?11月くらいまでは普通の格好で構わないでしょう。夏じゃないので、スーツの上着を着ていても暑くないはずですし、不自然さもありません。ただ、12月くらいになると、さすがに気温も20度を下回るのが当たり前で、寒い日は本当にスーツだけじゃ堪えるって日もあるのではないでしょうか?多くの人は冬の就活はコートを着て行う人が多いかもしれません。私は3、4年前くらいの11月くらいから就職活動を数ヶ月間行いましたけど、そのときにコートは着用しませんでした。理由はまず、企業の中に入るときには脱ぐ必要が出てくるので、手に持って歩くのが面倒だということ。あとはコート着なくても寒さはなんとかなったことです。

 

私の経験では、女子学生は割とコート着てる人多かった気がします。男子学生は区々ですね。私はコートを手に持って歩くのがあまり好きじゃなかったので、できるだけ着たくなかったのです。したがって、コートを着ないでも就活を乗り切る方法を考えたところ、ワイシャツの下に着込もう!ということになり、私はユニクロヒートテックを1番下に着て、その上からTシャツを着ました。そして、その上からワイシャツ、ネクタイ、そしてスーツのジャケットを着て。という感じでした。あと、マフラーもしていきました。ただ、コートは着ていません。この格好で2月くらいの1番寒い時期でもコートなしで余裕でしたよ。ほとんど寒さは気になりませんでした。中に着込むと、案外寒さは軽減されると思います。

 

コートが邪魔になるのが嫌だ。という人は是非こういった感じの方法を試してほしいと思います。コートが邪魔になっても良いという人は別にコートを着ていって構わないのですが。ただ、女子学生の場合は、パンツスーツの人は良いとしても、スカートタイプのスーツの場合は下半身がどうしても寒いですよね。高校生とかの制服も同様のことがいえますけど、私は男なので、女性の気持ちはちょっと分かりませんけど、あれは寒そうだなー!といつも思っています。女子学生の中でも、冬の就職活動はタイツやストッキングで防寒する人も多くいるようですけど、どういうモノを選んだら良いか?とかは、私はワカラナイので、女性の就活事情に詳しいサイトや人に聞いてみましょう。

 

男子学生の場合は、私がやったような感じで防寒対策をとれば、コートなしでも冬を乗り切れるはずです。社会人の人とかを見ても、全員がコート着てるか?というと着ていないです。ですから、コートなしでも問題ない人もいるわけでしょう。それはスーツという格好の中に何らかの防寒対策を施していれば、意外と寒さは感じないような状態にできるのだと思います。コートに抵抗がない人はコートを着れば良いですけど。ちなみにコートを着用する場合には派手なものじゃなければ良いでしょう。多くの人はカジュアルなコートではなく、フォーマルなコートを選ぶと思いますが、それで良いはずです。要は柄が入っていないもの。無地でシンプルなもの。色は黒とか、グレートか、あとはせいぜいベージュあたりはよく見ますね。この辺りのもので良いと思います。

 

あと、私はマフラーをしていましたが、マフラーについては柄が入っていても良いと思いますし、ちょっと派手でも良いのではないでしょうか?派手というか、カジュアルなマフラーで良いと思います。普段、大学に行くときに使っているようなマフラーでも良いのではないでしょうか?というのも、コートに関しては脱いでも、手に持つしかないので、あまりデザインが派手だったり、柄が奇抜だと、それを見られた場合には、人事担当者に何て思われるか?分かりません。そんなことで不利になるとは思いたくありませんけど、不利になるかもしれない要素はできるだけ排除していきたいでしょう。ですが、マフラーは当然会社の中に入れば外します。そして、マフラーはバッグの中に入りますよね。だから、会社の人間にマフラーを直接見られる恐れはありません。会社にくるとき、帰るときにまで学生の行動をいちいちチェックしているような人事の場合には見られるかもしれませんけど。そういう人事がどれだけいるか?またはいたとしてマフラーのデザインや柄で不利なるか?というと、可能性はかなり乏しいと思います。

 

マフラーで、そんな派手なデザインや柄のものって、そんなにないですけどね。無地じゃない製品でも、よくあるデザインや柄の製品はたくさんあるので、別にそういうものを身に付けていたとしても、その人だけが目立つといったことはないでしょうし。逆にコートの場合はマフラーと違って、ワンポイントのアイテムじゃないです。上半身から下半身にかけて覆うものですから、あまりに派手なデザインや柄のものだと、かなり目立ちます。コートはマフラーと違って、カジュアルでも、フォーマルでも無地のものを着ている人が多いので、目立ちやすいのです。だから、無地のものを選んでおくのが無難でしょう。また、女子学生は冬は靴の代わりにブーツを考えている人もいるようですけど、ブーツはやめておいた方が良いと思いますよ。会社の人間はブーツを快く思っていない人が多い気がするので。夏の場合は、スーツの上着を着るか?脱ぐか?我慢するか?しないか?でしたが、冬の場合は何を着るべきか?どういうものを着るべきか?とか、やや悩みが複雑化してきます。心身ともに辛い冬の就職活動を頑張ってください。

 

た、就職活動を始めたばかりの方もいるかもしれませんが、多くの人はどこかしらのナビサイトを利用して就職活動をしていると思います。ナビサイトを使わないと、今は就職活動をするのが難しいくらいですからね。すでに使っていナビサイトがあると思いますけど、それに加えてオススメしたいのが「いい就職.com」です。あまり聞いたことがない、馴染みがないサイトかもしれません。確かに新卒の大学生の利用者はそんなに多くない。だから、就活生の中にはあまり浸透していないと思います。ただ、利用者がそんなにいない、浸透していないというのは、実は1つメリットになるのです。それは利用者が相対的に少ないということは、それだけそのサイトに求人を出している企業へのエントリー総数が少なくなります。すると、募集人数は変わりませんから、エントリー総数が少ないと、その企業の倍率が上がりづらくなります。

 

倍率が上がりづらいと、単純に内定を取れる可能性が高くなりますよね。利用者があまり多くない、いい就職.comに載っている企業へのエントリーはそれほど多くない、エントリーが多く集まらないと、倍率は上がりづらい、だから内定が取りやすいという流れです。ここでは、新卒の大学生や第二新卒の方のための就職支援を行っています。ここでしか応募できない企業、ここでしか開催されていないセミナーや説明会などもあるので、是非多くの方に知っておいてほしいと思います。まだ就活生があまり利用していないうちに、競合が起きてエントリー総数が増えて、倍率が上がらないうちに、利用してみると、内定を取れる可能性が上がるかもしれませんね。今使っているサイトがあれば、それに加えて、併用する形でも良いと思いますから、本気で内定が欲しい人、他人と就活に差をつけたい人は、良かったら参考にしてみてください。

 

 

就職は3秒で決まる。―面接官が採用する「3秒ルール」とは?

就職は3秒で決まる。―面接官が採用する「3秒ルール」とは?

 

 

あわせて読みたい記事