就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

クールビズでサンダルやアロハシャツOKなら私服勤務で良いだろ

【スポンサードリンク】

季節的には夏を迎え、かなり暑くなってくる時期だが、世間的には普段のスーツをビシっと着こなさないといけない時期と違って、この時期は多少ラフな格好、機能性を優先した格好が認められる。クールビズはある程度制限はあるのだろうけど、ネクタイやジャケットが必要ないという点は従来と大きく違うでしょう。ただ、中には凄いものもあるそれはスーパークールビズという言葉で、これはほとんど私服に近い服装も認めているのです。その代表格がアロハシャツで、何でアロハシャツなん?と首をかしげずにはいられない。アロハシャツがOKになる理由よりも、シャツの中でもアロハシャツをチョイスするセンスがよく分からないのです。実際、アロハシャツというのは、見た目にも割と派手ですよね。それを認めるということはほとんど私服を認めているに等しいと思うのだが。

 

個人的には私服勤務が1番しっくりくるし、実際そういう企業は増えてきています。無化足ながらの企業や公務員(特に男性公務員)はそういう服装を認めていないところも多いが、そういう企業や自治体でもクールビズ自体は認めている場合が多いでしょう。そして、中でもスーパークールビズのような格好を認めているのならば、これは私服で仕事をしに着ているに等しいと思うのだが。実際、そういう公務員とかもいるみたい。個人的には公務員がアロハシャツを着ていても別に何とも思わない。むしろ、誰が公務員か?すぐに分かって好都合です。私の考えでは、そもそもいちいち勤務時にスーツを着る必要性がないと思っているから。公務員を例に挙げると、女性公務員は1年中ほぼ私服着てますよね。あれに違和感がないならば、男性公務員が私服着たって良いだろうし、公務員がアロハシャツ着ても違和感を感じるのは最初だけ。どうせ慣れますよ。という話でしょう。

 

夏は暑いからしょうがないという意図もあるのだろうけど、それはアロハシャツのような華美な派手な服装を認める理由にはならないと思う。普通の無地のシャツ1枚を着るのと暑さは変わらないだろうから。夏だけ例外的に服装にある程度厳しい企業や自治体が、ノーネクタイ、ノージャケットを認めるのは分かるのだが、アロハシャツのようなものまで認めるのはよく分からない。というか、それを認めることができるなら、1年中服装自由にすれば良いだろうに。何故それができないのだろうか?先ほども言ったが、アロハシャツというのは、ほとんど私服に近いと思う。その私服に近いアロハシャツを夏限定とはいえ、数ヶ月間は認められるのです。政府発表の公式見解では、クールビズの推奨期間は5~6ヶ月くらいあるみたいで、その期間はこういう格好がある程度許容されるところがそこそこあるのでしょう。

 

服装自由な企業の方が相対的には少ないだろうけど、そういう企業は一部存在するのは間違いない。そうじゃない企業は、基本手kには普段はスーツを着るという慣習になっているのだろうけど、夏だけは例外というか、例外の部分をかなり大きくした感じだが、ほとんど服装自由みたいな、私服を着てきているみたいな企業も多いアロハシャツだけじゃないですね。中にはサンダルOKというところもあります。それはサンダルを認めないと変な感じになるというのもあるかもしれない。服装自体にそういう緩いものを認めておきながら、靴はいつもと同じって、違和感しか感じないという人も多いでしょう。だからこそ、サンダルまで許容しているのかもしれないのです。アロハシャツを仮に着るとしたら、いつも革靴を履いていたらそりゃヘンでしょうから。靴はまだサンダルを履かせた方がしっくりくる。そこまで寛容な心があるなら、1年中それをやったらどうなんだ?と思います。スーツなんて概念をなくすことが可能なんじゃないか?と。少なくとも、会社のオフィスの中で仕事をする分には、スーツを着させないといけないメリットなんてほとんどないということでしょう。スーパークールビズが可能ってことは、そういうことだと思います。

 

 

成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている (講談社の実用BOOK)

成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている (講談社の実用BOOK)

 

 

あわせて読みたい記事