就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

夏のクールビズに合うパンツ、ズボンの色やデザインの選び方

【スポンサードリンク】

夏になると社会人はクールビズに身を包むケースも多いですね。クールビズは確かにいつもよりは涼しいですし、快適に仕事ができるという意味では良いのかもしれませんが、別の問題も出てくるかもしれません。それは結局、クールビズに適した格好がよく分からないということ、コーディネートに悩むということです。いつものようなスーツは暑いけど、悩む必要がないというのは利点だったかもしれません。それがまた服装で悩まないといけないと、新たな悩みに悩まされている人もいるかもしれません。特にパンツですよ。上半身はある程度なんとかなるというか、普段着ているYシャツをそのまま着て行っても良いでしょうし、半袖バージョンに変えればそれで良いかな?と思わないでもないです。ただ、上半身は半袖シャツ、ノーネクタイが主流なので、普段と比べても相当ラフな格好になっていると思います。その状態で普段と同じパンツを着用すると、どうなるでしょうか?

 

何か違和感を感じるという人もいるかもしれません。普段はネクタイも締めて、ジャケットも着てというかなりきっちりとした格好に身を包んでいますから、そのときにきているパンツと同じものを履くと、何かその上下で格差を感じることもあると思うのです。上は随分ラフだが、下はきっちりしていて、何か合わないぞ?と、違和感を覚えているという人も少なからずいるかもしれません。その場合にはどうするか?ということです。下半身も格を下げてみる。より普段している格好に近いものを着用してみると良いかもしれません。実際、クールビズでは、パンツについても普段とは違うモノを履くことを許容しているケースがあります。極端なことを言うと、アロハシャツを認めているケースもあるわけで、そのときに普段履いているパンツをそのまま履くと絶対におかしいでしょう。というか、長ズボンがアロハシャツと全く合わないのです。

 

だから、上半身の服装によって、下半身もある程度アレンジしていく必要があると思います。例えば、よく言われているのはチノパンですよ。チノパンは、普段のスーツのズボンと見た目ではそんなに大差ないかもしれませんが、色が割とカラフルで、スーツにはまずないようなカラー展開もされていますから、選びようによっては大分カジュアル感が出て、クールビズっぽい格好になると思います。色については、ある程度常識の範囲内に留めないといけないでしょうし、上半身のシャツの色などとの組み合わせ次第ですね。多くの人はシャツは白か薄い水色のような色を着ているのではないでしょうか?クールビズの格好になっても、そんなに斬新な色は着れないですよね。着れないというのは、着る勇気がないという場合も含みますけど。そういった感じで、なかなかシャツの色自体はバリエーションがないと思うので、それに合ったパンツの色を選択していかないといけませんが、チノパンを履くにしても、そんなに選択肢はないかもしれません。これらに合う色があるとすれば、ベージュとか、紺色とかかな?

 

フォーマルだけど、カジュアル感を出しつつという感じでは、こういった色になるのではないでしょうか?ベージュのパンツなんて普段は絶対に履きませんよね。ただ、ベージュのパンツ自体はカジュアルの世界では普通です。フォーマルの世界ではまず履かないパンツの色でしょうね。ベージュのパンツ自体は割とどんな服装にも割と合いやすいと思います。選択肢の1つとして考えても良いかもしれません。紺色のパンツは普段のスーツでも着ているパンツの色かもしれません。こちらも白や水色のシャツならば、違和感はそんなにないかもしれないですね。チノパンだということが見た目ではあまり分からないかもしれませんけどね。そんな感じじゃないですかね?チノパンは会社が認めているのか?クールビズの服装はどこまで許容範囲なのか?といったことは会社に事前に確認をしておいた方が良いと思いますけど、それができればクールビズの格好として望ましいややオシャレな服装になるかもしれません。クールビズスーパークールビズなどを除けば、ほとんどフォーマルに近いですから、普段とあまり変わらない格好をしている人も多数いると思いますし、フォーマルな格好でどこまでオシャレが可能か?というのは難しいかもしれませんけどね。

 

 

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

 

 

あわせて読みたい記事