就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の面接でオワハラとも取れる質問への対策、対処法

【スポンサードリンク】

「オワハラ」という言葉があるらしい。これは就職活動を早く終わらせるように。つまり、自社が内定を出したら、就職活動を止めて、自社に入社するように。と学生に迫る一種のパワハラのようですが、以前からこういうのはあったと思いますけどね。これは問題視されることもあるが、やり方の問題のように思います。内定を出した後に、就職活動をやめないと内定を取り消すぞ?と脅すこと(通常、合理的な理由がなければ内定取り消しが認められることはないが)は個人的には問題のように思いますが、内定がない段階で、例えば、「内定を出す代わりに就職活動をやめてくれるか?」と話を持ちかけることはありだと思います。これも見方によってはパワハラにもとれなくはないが、内定辞退を防ぎたい気持ちはどの企業にもある。だから、内定辞退をするかもしれない(会社に不利益を与えるかもしれない)学生よりは、そうじゃない学生を採りたいと表明することはおかしいとは思わない。

 

実際、そういうケースはあるようで、「自社が内定を出したら、就職活動を続けますか?やめますか?」という質問が実際にくるらしい。これは就活生からしてみれば、答えるのに苦慮するかもしれない。正直な気持ちは、続けたいでしょう。そこが第1志望でもない限りは。ただ、当然続けると答えると、企業にとっては望ましくない回答であるのはその通りです。じゃあ、嘘をついて本当はやめないけど、止めるということにしておく?それも1つの手ですね。別に嘘をついても、これが問題になることはまずないと思います。内定後に就職活動を続けているか?は企業にとって分からない。就職活動を続けて、もっと良い会社から内定がもらえたら、嘘をついていたことを謝って内定辞退をすれば、基本的には法的な問題はない。企業側の内定取り消しは自由には行えないが、学生側の内定辞退は基本的に自由です。合理的な理由も必要ない。あまりに不誠実なやり方をしなければOKだったと思います。

 

だから、こういう質問がきた場合には嘘をつくのがその場を乗り切る手段としては1番なのかもしれないですね。嘘をついて就職活動を続けていても、内定が他からもらえなかったりしたら、そのまま入社すれば良いし。結果、他の会社に入社することになった場合には、嘘をついた企業には怒られるでしょうけど、別の言い方をすれば、怒られて終わりです。企業は内定辞退をさせないための策を考えていますよ。それはオワハラと呼ばれていないものにも多く含まれており、いずれ訪れるかもしれない内定式もそうです。こうしたイベントは別にやらないといけないものではないが、多くの企業がやっている。何のためにやるか?といったら内定者同士の親睦というのは見せ掛けで、本当の目的は内定辞退の防止です。内定承諾書なるものにサインをさせたり、あとは内定式に出た後にさすがに内定辞退をするのはマズイだろうという気持ちに就活生をさせたり、そういった感じで心理的に内定辞退をさせないためのイベントになります。

 

現実的には内定式後に内定辞退をしても良いし、内定承諾書は何の法的拘束力もないから、それへのサインは何の効力も生じさせないのです。学生もたくさん企業を受けて、その中かでたくさんの企業に蹴られて、といった経験をするわけじゃないですか?何で学生がたくさんの企業を受けるか?っていうと、内定なんてそう簡単にとれないし、どうせ多くの企業に蹴られるだろうから、それを想定してたくさん受けるわけですよね。企業にも同じことが言えて、内定をあげた人も必ず入社してくるわけではなく、蹴ってくる人も当然います。だからそれを想定して、就活生と同じようにたくさん採用すべきなんですよね。本当はね。企業を擁護すると、正社員として採用すると、なかなかクビにできないから、余計な人材を1人でも採用したくないという気持ちは理解できる。ただ、多少の余剰人数くらいは覚悟のうえで採用活動をした方が良いんじゃないか?とも思います。

 

採用段階から、そういう雰囲気を出していると、いざそこに内定を出した学生が他にも内定を獲ったら、かなりの確率蹴られますよ。採用予定者数とほぼ同数の人数しか内定を出さず、かつ多くの学生に蹴られてしまうと、必要な人数すら採れなくなります。だから、オワハラをする企業の気持ちも分かるが、最終的には企業の評判を下げて、蹴る学生を増やして、採用活動全体で見たときにあまり成功といえる結果は出ないのではないか?と予想します。オワハラがある中で上手く立ち回るには、そういう状況がまさにきたときでも、企業側の機嫌を損ねないように、かつ法的な問題はない範囲内で対処をしていくべきでしょう。それがさっき言ったことです。少なくとも、さっきの質問に正直に就職活動を続けますと答えたら、多分採用されないんだろうと思います。そういう質問をしてくる時点で、オワハラ気質が垣間見えているわけですから、そういう企業にとって、就活を止めない学生を採用する気にはなれないでしょうから。それを踏まえたうえで答え方を考えていくようにしましょう。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事