就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

治験のバイトで稼ぎたい学生は夏休みの時期は絶好のシーズン!

【スポンサードリンク】

夏休みになると学生は暇な日も多いですね。特に大学生は夏休み長いですし、宿題もそんなに出ないでしょうし、サークルや部活などをやっていないと、結構暇かもしれません。私も暇なときが多かったです。バイトを始めてからは、あまり暇とは感じなくなりましたけど、バイトしてなかった頃は本当に暇でした。バイトを始めると、そこで稼いだお金を使って、いろいろなイベントに参加したりと暇が埋まっていき、それはそれで良かったのかな?と思っています。長い夏休みを本当に暇している方であれば、バイトは暇つぶしかつお金を稼げる絶好のチャンスになるわけですが、夏休みというまたとない機会を生かすならば、1つ候補なのは治験のバイトです。治験のバイトはあまり馴染みがない人が多いですよね。私はやったことないですけど、大学時代の友人がやってみようかな?って言っていいました。20歳以上からできるので、大学生あたりになるとやる多いのかな?という印象です。

 

治験のバイトというと、多分なんとなくイメージはつくと思います。薬を使って人体実験みたいなのをされるんでしょ?という感じではないでしょうか?言い方はともっかうとして、特に間違ってはいないと思います。人体実験みたいな雰囲気ではないですけど、薬を投与して、その経過を観察する。全く未知の薬を投与するわけではなく、過去に実際に使ってきて安全だと認められた成分で作った薬なので、基本的に問題が生じる恐れはないと思います。客観的に見て安全ではあるが、その安全性をより確固たるものにするために、実際に人に使ってみるというのが治験の役割です。したがって、将来のために必要な役割という意味合いは非常に大きい。治験に参加する人の多くは高額な給料狙いかもしれないが、やっていることは社会貢献という部分が非常に強い。そういう性質の仕事になるのです。動機はともあれ、治験に参加するだけで社会貢献をしているのは間違いないのです。

 

そして、治験のバイトをする場合には、夏休みの時期というのは非常にぴったりになります。それは治験のバイトというのは、参加する期間が長ければ長いほど基本的に給料は高くなります。期間は自分では選べません。あらかじめ決められていて、自分の希望や都合に合う期間のものを選んで応募するということになりますが、長いものは数週間から1ヶ月くらいあるのではないか?と思うのです。ただ、これだけの長期間をこなすのは普通は無理じゃないですか?学生もそうだけど、フリーターの人とか、本業がある人はまず無理です。やれるのはニートの人とかでしょうか?ただ、学生の場合は長期休みのときにはそれができるんですよね。大学生の夏休みは2ヶ月くらいはあるところも珍しくないですから。かなり期間的に長い治験を受けることも現実的に可能になります。実際、1ヶ月近くになる治験のバイトはかなり給料は弾むと思います。数十万円は貰えるでしょう。治験のバイトは1日だけでも、1万円くらいはもらえるので、かなり高額なバイトなのですが、期間がそれだけ長くなると、それに比例してここまで大きな金額を貰えるのです。

 

これだけの長期間の治験のバイトに参加するチャンスって、夏休みと春休みくらいしかないと思います。そういった休み中に暇している学生は、ちょっとお金稼ぎたいと思ったとき、何か高級なものが欲しくて、そのための資金を貯めないといけないから、治験のバイトをするというのもありじゃないでしょうか?治験のバイトはそんなに長期間のものをやる人は多くないと思うが、1度やると、薬を投与するまでに時間を空けないといけないため、1日だけの治験でも次にできるのは大分後になってしまったりします。そうなると、1ヶ月くらいまとめてやってしまった方が、より短期間でたくさん稼げるということになるので、これだけの長期間の治験のバイトをやる意味は実は大きいのです。稼ぎたい金額が多ければ多いほど、長い期間の治験に参加したほうが良いのでしょうね。治験のバイトの辛いところは、暇をどう乗り切るか?ということです。期間が長ければ長いほど、暇な時間が増えます。というか、薬を投与されて、あとは規定の時間が過ぎるまで待つだけ。その間、いろいろなことをして時間を潰さないといけないので、それが大変かもしれませんが、暇を潰すだけでお金をが入ってくると思えば、良いのかもしれないですけどね。暇を潰している時間も社会貢献になっているわけですからね。

 

治験のバイトはどうやって探すか?というと、「治験のV-NET」などの治験の求人を専門に扱っているサイトがありますから、そういったところを利用すると良いでしょう。特にこの治験のV-NETには全国各地の治験の求人が非常に多いです。ここは登録をしてもらうと、治験日程から自分の希望の治験を探して、そこに応募します。すると、後日健康診断を受けてもらって、それに合格すれば治験に参加できることになります。そこでその治験に関する詳しい説明があると思うので、それを聞いて納得したうえで参加するようにしましょう。治験のバイトをこれから始めたいという方には、載っている求人の数が多いので、自分の希望の日時や場所や内容の治験が見つかりやすいと思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

治験参加の事ならV-NET

 

 

治験薬学―治験のプロセスとスタッフの役割と責任

治験薬学―治験のプロセスとスタッフの役割と責任

 

 

あわせて読みたい記事