就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

持ち家、マイホームのリスクは震災、離婚、リストラ、転勤等多すぎる

【スポンサードリンク】

今の時代、住宅は賃貸が良いのか?持ち家が良いのか?ということもよく言われています。どちらも長所はあるのでしょうけど、時代を考えると、住宅ローンを組むというのは、なかなかしづらくなってきていると思います。サラリーマンの給料が減少してきているということと、先が見えない働き方を強いられる人が多いということもあります。実際、35年ローンといった買い方をするケースもありますが、返済に35年かかる借金をするってことですよね。賃貸であれば、借金をする必要はないですし、そのときときによって、臨機応変に動けるが、住宅を購入すると、基本的に支払いをするしかない。そして、何らかの原因で住めなくなってくる可能性もある。その場合には住宅を売ることになるが、売ってもローンを全部支払えるほどの金額になるわけはなく、借金だけがいくらか残ると。ブロガーのイケダハヤト氏も批判していたのだが、35年先なんて誰も分からないのに、35年返済期間がいる借金をするというのは、結構無謀にも思えてきます。

 

働き手である旦那さんが死んだらどうするのか?という問題やリストラに遭ったら?会社が倒産したら?そして、離婚したら?いろいろなことが考えられる。35年ローンを問題なく払っていけるケースというのは、ローンを組んだ時点の状況が35年ずーっと続くことを前提としている。少しでの収入が減ると、ローン返済が厳しくなり、そのために生活を切り詰めたりする必要がある。35年分の借金をするということもそうなのだが、35年も問題なく今と状況が続くだろうという楽観的な予想がなければ35年ローンは組めない。そんなことが現実的に可能なのか?公務員ならまだしも、サラリーマンにはリスクが大有りじゃないか?と思います。昔は結婚したら家を買うのが当たり前のような風潮もあったらしいが、雇用状況が今と違うというのと給料の水準も違っています。また、以前は家そのものの値段が安く、経済発展の最中にあった日本においては不動産価格はどんどん上昇しており、本当に資産としての役割を果たしていたのです。

 

ただ、その状況は現代ではなかなか当てはまらず、家の価値は購入と同時に下がり始めていくため、売却時期にもよるが、残ったローンを全部回収できるほどの価格で売れる保証はない。35年分の借金を抱えて購入する前提に立つと、資産と呼んで良いのか?も怪しいかもしれない。以下はイケダハヤト氏の「「35年ローン」とか意味不明すぎて笑えるwww : まだ東京で消耗してるの?」のというエントリーの引用です。

 

>身の丈にあった買い物というものがあると思います。ぼくは絶対にローンなど組みません。借金しないと買えないものを買うなんてのは、基本的に不健全であることを知るべき。「返さなければいけない金がある」という状況に自分を追い詰めるなんて、マゾなんでしょうか。

 

1番しっくりくるのは「身の丈に合った」という部分、余計なお世話かもしれないが、借金をするってことは身の丈にあった買い物ではないということ。しかも、それがある程度返せる当てがある借金ならまだしも、35年間も返済にかかる買い物って言うのは、確かに身の丈にあっているとは思えない。ローンを組ませる側としても、35年先のことまで踏まえて、返済の当てがあると言えるのか?私は疑問ですけどね。

 

>35年の間に、多分震災が起きますよね。どこもやばいんじゃないでしょうか?高知も高確率で震災が来ると予想されています。

え?なんですか?地震保険があるから大丈夫」?

何を言っているのか、あなたが大丈夫ですか?いつ来るかわからない震災のために高い保険料を毎月払ってまで、家を建てる意味ってあるんでしょうかね…。火災保険とかも別に入るんですっけ?それなら賃貸でいいんじゃないでしょうか。

 

地震保険の例もそうなんですよね。保険っていうのは生命保険を除けば、万が一に備えるものじゃないですか?万が一の損失に備えるのが保険で、それで地震保険に入るというのであれば、そもそも何で家を買うのか?という疑問はあるのでしょうね。35年もあれば、普通に考えたら万が一の1回や2回はありそうですよね。そのうちの1つの例が大地震などの災害です。他にはローンの支払いができなくなるような状況が生まれるかもしれない。そういう万が一に備えるのが保険で、それに入るならば、最初から万が一に備えて家を買わない方が良いのでは?とも思えてきます。賃貸の良いところって、やっぱりそのときに必要な金額のみを支払うので、トータルでの支払いはともかく、例えば、給料が下がったから安いところに引っ越そうとか、転勤になったから、別の場所に引っ越そうとか、いろいろな対応がしやすいです。

 

実際、家を買うと会社勤めの人は転勤を命じられやすくなると言いますよね。待ってました!とばかりに会社は転勤を命じるらしいです。それは何でか?っていうと、家を買った時点で、会社を辞めづらくなるからです。元々家族がいるとそれが1つ辞めづらい原因にもなりますが、当然ローンで家を買うと、返済が残っているので、そのためのお金を稼がないといけない。安易な転職などはしづらい。だから、若手社員とかに転勤を命じると、それが嫌な人は辞めるケースもあるのだろうが、家族持ちで、家持ちだと、現実問題辞められないです。だから、会社はそういう人に転勤を持ちかけてくることが多いそうです。そういう現実があると、余計に持ち家のリスクですよね。転勤の場所によっては単身赴任か、家族ごと引っ越すか?選択になりますが、後者の場合は、完全に家を買った意味がない。前者の場合でも、広い家を買ったが、1人住まないわけだから、意味が薄れてしまう。そういうリスクがあるんですよね。

 

35年借金をするってことは相当ですよ。身の丈に合っていないということも言えますが、何よりも先行きが不透明なこの日本において、35年先まで問題なく働けて、同じだけの給料を貰えて、返済ができるという考えはどうなのか?というのがあります。35年ローンは35年間今と何もかもが変わらないことを前提としているので、私はその勇気はないです。少なくとも、今の時代で昔と同じような住宅の考え方は通用しなくなってきているということです。35年の間にこれだけ給与水準も下がってきているのだから、今から35年後にどうなっているのか?簡単に予想がつきそうな気がします。

 

 

持ち家VS賃貸 どっちがお得!?

持ち家VS賃貸 どっちがお得!?

 

 

あわせて読みたい記事