就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

保育園の園児の騒ぐ声、騒音がうるさいという苦情は正当か?

【スポンサードリンク】

保育園や子供が遊ぶ場所でも騒音がうるさいというクレームが言われている。これについては子供が騒ぐのはしょうがないという声もあるが、そういう擁護をしている人も、別の何かしらの騒音には腹を立てているとしたら説得力はない。何故、子供はうるさくして良いのか?という理由がないといけない。私は子供がうるさくしていて、ちょっとイラッとしたこともあるが、別にだからといって文句を言おうとは思わない。うるさいと感じるのはそんなに長くないし、余計なトラブルに巻き込まれたくないから。というか、それくらいの迷惑なら許してやろうという気持ちもある。高齢者だけじゃなく、騒音というのは、他人を不快にさせるものであるが、私はそれを迷惑行為だと断じていいのは、法律レベルの騒音に発展している場合だと思う。というのも、今回の話は子供の声がただでかいから騒音と言われているだけでもないようで、高齢になり、耳が聞こえづらくなると、ある音だけは聞こえづらいが、ある音が物凄く響くらしい。

 

そういう状況があると、普通の人は何にも思わないが、ある人にとっては非常にうるさく不快に感じることもあるという。それはいろいろな音であるでしょうね。例えば、食事のときの咀嚼音とかね。これも世間的にかなりバッシングを受けている音の種類だと思うが、これはうるさいというよりは、音の性質が嫌いなのでしょう。音が大きいわけじゃないからね。すぐ近くにいなければまず聞こえない音です。先ほど法律レベルという話を出したが、法律的に規制が可能な音の大きさの限界値があるはずで、それを越えるか?否か?つまり、音の大きさで決めるのが1番納得がいかうだろうと思います。音の大きさを測ることはできるので、それによって客観的に多数が受忍できる騒音の範囲内か?というのは答えが出ると思います。音の大きさによって決めると客観性が出るので良いと思うのだが、さっきの咀嚼音みたいに音自体は小さいが、音の性質に不快を感じる人が多数いる。個人的には、物を食べるときに出る音なんて、そりゃ人によって違うし、みんな少なからず出していて、人をことを言える人間なんてほとんどいないだろうと思える無視で良いと思う。

 

実際、生活にかかわる騒音を規制する法律はない。その理由の1つに住宅が密集しやすい日本においては、多少の生活にかかわる音は我慢すべきというものがあるみたいですが、食事の咀嚼音がその多少の音に入るか?といったら、間違いなく入るでしょう。法律的にも勝手にしてくれという音なのだろうから、食事は生活どころか、生きるためにするものだ。不快ということはあっても、うるさいまでいくレベルの音ではない。先ほど保育園など、学校で騒ぐ子供たちの音はどうなのか?というと、そのうるささが法律的に許される限界値を超えているか?という問題とそもそもこれは生活音か?という問題があります。ペットの鳴き声が生活音にあたるみたいなので、これも該当する可能性はありそうですけど。でも、生活音に該当するからといって、規制できないわけではないようですけどね。条例が効いてくることもあるみたいです。ただ、子供が騒ぐことによって発生する音は、多数の人にからしてみれば「我慢すべき」という音になってしまうのではないか?と思うので、現実的に規制するのは難しいでしょう。

 

ただ、そんなことを言っている人間は、保育園や幼稚園が近くにないようなところに住んでいる人間だから、あまり説得力はない気もする。全員その近くに住み始めたらまた世論も変わるかもしれないけど。電車内にベビーカーを持ち込む母親が叩かれている問題と似た側面もある気がする。人によって不快な音の種類や我慢できる音の大きさの限界が違う。だからこそ、同じ騒音でもうるさいと言う人と、それくらい我慢しろと言う人がいる。人間が多数生活していたらもはや当たり前の光景ですね。この先、こういった問題は何度も起きると思うが、私は我慢するものの、あまりにうるさいものを我慢しろと強いることが適当なのか?という問題もある。先ほどの咀嚼音や例えばハイヒールのコツコツする音は、うるさいような音ではないので、それは我慢すべきだとは思う。というか、その程度の騒音は誰でも発生させているはず。うるさいレベルの騒音は、稀なケースだろうし、人間が生活していくうえで障害になるだろうと認められるようなものは規制の対象にして良いのではないか?と思います。

 

そのときの基準は騒音の強さになるでしょう。客観的な基準としては数値に頼らざるを得ない。以前、有名な判例では騒音おばさんなんていうニュースもあったくらいで、あれは最高裁までもつれて、最終的には傷害罪になったみたいだが、ある騒音が継続的に長期的に人体に対して機能的な障害を与えるとしたら、それ自体は規制に対象になるし、騒音を発生させる方が悪いとなるみたいだが、保育園などで騒ぐ子供たちの声などは、果たしてそのレベルの言えるのか?是非検証をしてみてほしいと思います。

 

 

 

あわせて読みたい記事