就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

会社説明会や面接のアンケートは選考!評価される感想や自由記入欄の書き方

【スポンサードリンク】

就職活動をやっていると、会社説明会などでアンケートを書かされる機会もあるかもしれません。これは記名式なのか?そうじゃないのか?で状況も違ってきそうです。というのも記名式だと、当然下手なことは書けないという心理が働きますし、何を書いて良いのか?というのも分かりません。そもそも、このアンケートって、その後の選考に関係あるのか?という声もありそうですが、結論からいうと企業によりけりとしか言いようがありません。ただ、関係ある可能性があるとは思います。その場合には記名式ということになりますが、記名をさせるアンケートの場合には。どうしてもそれが企業の選考に使われている可能性は否定できません。だから、真面目に書いていかないといけないということになりますが、アンケートってどんなことを聴かれるのか?というと、その日の説明会や面接とかの感想とかでしょうか?何を書かされるか?は企業によって違うし、その場面にもよると思います。

 

ただ、会社説明会という場が特にアンケートを書かされる機会としては1番多い気がしますし、私も書いた気がします。アンケートじゃなくて、その場でエントリーシートを書かせる企業もありますから、基本的にはアンケートと言う名のエントリーシートだと思った方が良いと思います。エントリーシートって書かれていたら、多分みんな真剣に書きますよね。でも、アンケートって書いてあると、何か適当でも良いのかな?と思うかもしれませんが、そこが合否の分かれ目と言えるのかもしれません。例えば、どういうことが聞かれるか?というと、「会社説明会のアンケートは、なにがどう見られているのか? | マイキャリアセンターウェブ」のページに代表例が書かれています。

 

 ・当社を知った経緯は?
 ・説明会のなかで、最も良かったコンテンツは?
 ・志望業界、企業はすでにありますか?
 ・現在の就職活動の状況を教えてください
 ・現在の選考状況について教えてください
 ・企業選びの軸はなんですか?
 ・もっと詳しく知りたかったことはありますか?
 ・説明会から感じた当社の印象を教えてください
 ・現時点での当社の志望度を教えてください
 ・説明会に参加して、当社の志望度は変わりましたか?
 ・就職活動の情報収集はどのように行っていますか?
 ・説明会の感想を自由にお書き下さい

 

これらを見ると、エントリーシートにありそうな質問と大差ない気がしてきますね。したがって、真面目に書かないといけないと思います。1番多いのは1番下にあるような感想を率直に聞くものだと思います。感想なんだから自由に書いて良いだろうと思われるかもしれませんが、ここで大切なのはより具体的に、かつ企業のためになることを書いた方が良いです。というのも、感想というと、絶対にマイナスなことは書かない人が多いと思うんです。そういうことを書いたらマズイのでは?と思う心理が働くのでは?と思います。ただ、これが単なるアンケートならばそれで良いと思うのですが、一応選考を前提にしているということを踏まえると、それじゃアピールにならないのです。このアンケートが選考の一部だとしたら、当然ここでアピールしないといけないわけです。でも、楽しかった。面白かったといった内容は不適切というほどではないですが、アピールには欠けると思うのです。というのも、企業にとって、あまり響かないからです。本当に非の打ち所がないような説明会だった場合にはしょうがないですけど、そんな説明会はまずありえないでしょう。そうなると、どこかしら欠点みたいなものがあると思うのです。

 

だから、そこなんですよね。つまり、まずい料理を出されて、美味しい!と褒めても、その料理人にとって間違った自信がつくだけです。その料理人はその後成功できるでしょうか?結果は見えていると思います。実はそれと同じように会社説明会でも、ダメだしをしてやることが実は大切です。むしろ、そっちの方が企業にとってはありがたいですし、今後成長していけるためにヒントにもなる。つまり、クレームによって会社が成長できるという側面があるあけですから、そういうダメな部分を的確に指摘できるような人材を雇ったほうが、今後の会社経営にとってプラスになる可能性が高い。そう考えると、褒めることは必ずしも正しくないし、心を鬼にしてダメな部分を具体的に指摘して上げられるような人間の方が評価対象になるのではないでしょうか?感想を求められたときには、どちらかというと不満だった点を述べるようにすると良いと思います。また、不満だった点とそれを改善するための自分なりの方法みたいなのも同時に提示していけると、本当に企業のためになりますから、それがある程度的を射ているのならば、この人は使えそうだ!と思ってもらえるかもしれません。

 

また、自由記入欄っていうのも中にはあるみたいで、自由だと何かいて良いのか?分かりませんよね。選考として行われているとしたら空欄はマズイし。感想を書く欄が別にないのであれば、今言ったようなものをここに書けば良いでしょう。感想欄とは別にあるのであれば、私だったら自己PRとかを書くかな?エントリーシートに近い内容なので、自己PRを書いても不自然ではない気がしますし、自己PR欄はさすがにないと思うので。企業によってアンケートの質問項目が結構違う可能性もあるので、その場その場で臨機応変に対応していかないといけないかと思いますが、結局聞いているのは、多くの場合はその説明会に対する感想(印象)でしょうから、そこはどこでも必ず聞かれると思うのです。アンケートへの記入基準は、企業へのアピールになるか?どうかであって、企業のご機嫌取りではないということです。だから、良いとおもった部分はそのまま書いて良いですが、それがないのに無理矢理ひねり出す必要はありません。ダメな部分を書きましょう。そういうつもりでいろいろな質問に対応していってください。

 

 今後、就職活動をしていくにあたって、いわゆる内定コレクターや就活エリート以外の人たちは、内定を取るためにかなり大変な思いをすると思います。内定を1つ取るのも大変な時代ですから。そこで多くの方に知っておいてもらいたいのが以下の本ですね。これはスペックが並以下の凡人就活生に向けた指南書で、就職活動で使えるネタがあまりないとか、何もやってこなかったからアピールする内容がないとか、こんなことしか話せないけどこれで良いの?という、いろいろな不安を抱えながら就職活動をしている人たち、内定がなかなかとれなくて、またはとれそうになくて悩んでいる人たちにこそ向けた本になります。一般的な就活の指南書は平均レベルの学生に合わせていて、明らかに参考にならないような人もいるわけです。そういう自分のスペックが並以下だと自負している人たちにこそ読んでもらいたい本になります。Amazonでのレビューを見ていても、かなり評価高いですね。良かったらチェックしてみてください。

 

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事