就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

エントリーシートで間違えたら、誤字は書き直し?修正や訂正する?

【スポンサードリンク】

エントリーシートを書いていて、書き損じてしまうことも恐らくありますよね。そんなときには、修正をしないといけませんが、履歴書はまだいいけど、エントリーシートって用紙がそれしかない場合もありますよね。パソコンから印刷して、用紙を何枚も用意できる場合には、書き直すという選択肢もありますが、最近は会社説明会の場で円とシリーシートを書くケースもあります。その場合、言えばもらえるのか?分かりませんが、基本的にはその1枚しかないと思われます。だから、間違えたらどうしようもありません。間違えないように書こうとしても間違えてしまうときありますよ。おまけに会場で書かされる場合には、制限時間が事実上あるわけです。そんな書き終わるまでずっと待ってくれているわけではありませんから。だから、どうしても急いで書かないといけないので、家とかで考えながらじっくり書いている余裕はないのです。そのような状況の中ですから、どうしても書き損じてしまうリスクはあります。

 

じゃあ、書き損じてしまったらどうするのか?というと、修正するしかないですね。個人的には修正ペンよりは修正テープの方がきれいな気がします。そういったものを使って修正するしかありません。修正したものを渡すのは失礼だとかいう風潮もありますが、失礼か?否かを決めるのは、第3者じゃないですからね。企業側ですから。私が会社の人事だったら別に失礼だとは思わない。書き直すなんて手間をかけてもらいたくない。髪と時間と労力がもったいない。最悪、読めれば良いんだから。それ以前に私はエントリーシートを課すとしても手書きにはさせないけどね。説明会の会場でエントリーシートを書かせる会社が多くなってきているので、間違えたら別の紙に書き直すというのはできないので、そのときにはしょうがないでしょう。間違えないのが1番ですが、間違えたらどうしようもないので、修正テープなどを使うか?二重線を引いて、訂正するか?どちらかじゃないですか?

 

そして、家とかで書けるエントリーシートは、一応紙が用意できるということになる場合もあります。そのときには、紙がもう1枚用意できるのならば、書き直したほうが受かる可能性は高いかもしれません。書き直すべきか?という是非でいえば、私は必ずしも書き直すべきとは思わないが、受かる、受からないの問題でいうならば、書き直したほうが可能性は上がると思います。1番良いのはパソコンで作ってしまうことですけどね。私が受けたあるIT企業は、もう最初からパソコンに打ち込んで、それを印刷して持って行く感じだったから、間違える心配もなかったし、書き直す手間もかなり楽でした。パソコンで打たせるのが1番見た目も綺麗になるから良いと思うが、手書きにさせる企業はそれなりの思惑があるのでしょう。字を見て人柄が分かるとか言う人もいます。この前、芸人の厚切りジェイソンさんだったかな?が手書きの履歴書文化を批判したら、タレントのフィフィさんが、字を見ると人柄が分かると反論し、堀江貴文さんは、時間の無駄として厚切りジェイソンさんの方についたみたいだが、私も時間の無駄だと思っている。人柄が分かるとか言うのも、ほとんどオカルトの世界に思えてくる。

 

人柄が分かると言うのであれば、どういう字がどういう人柄を表すのか?是非教えてほしいのだが、答えられないでしょうね。というか、履歴書やエントリーシートを見て人柄が簡単に判断できないから、その後にグループディスカッション、グループワーク、個人面接、集団面接など、人物評価を行う試験を何度もやると思うのです。だから、そういう試験を嫌っていうくらいに重ねている現状を見ると、それはエントリーシートの字を見ただけでは、人柄を性格に判断できないという根拠にもなると思う。そんな感じで、エントリーシートや履歴書を手書き書く文化も個人的には疑問なのですが、就活生としては、言われたとおりにやるしかないので、手書きの用紙が渡されたら手書きで書くしかありません。この作業を何十社分戸やら無いといけないことになる人が多いと思うのですが、それも大変ですが、内定を取るためには頑張らないといけません。

 

これから就職活動をしていくにあたって、オススメしたいのが以下の本になります。kちらの本は就職活動におけるエントリーシートや履歴書の採用基準について解説してくれており、何かと基準が分からず、悩んでいる就活生もたくさんいると思います。エントリーシートや面接において、人事は主に何処をみているのか?受かる人、通る人はどんな内容なのか?そういった通過するための基準や通過するためのコツなどを丁寧に解説してくれているのが本書になります。こちらは実際に人事をやっていた方が自らの経験や立場を元にして書いたので、より信憑性もありますし、説得力もあると思います。多くの就活生はこういう採用基準という情報は知りません。知らない中でなんとなくの感じで、自分で予想しながらやっていくしかないのですが、当然情報を知っている人の方が有利ですから、こういった本を使って、少しでも他者が知らない情報を掴んで、そのうえでアドバイス通りに実践していくと、結果にも差が出る可能性があります。就職活動は情報戦でもあるので、他の人が知らない情報を握ってると有利ですから、良かったら参考にしてもらえればと思います。

 

 

内定力2017 ?就活生が知っておきたい企業の「採用基準」?

内定力2017 ?就活生が知っておきたい企業の「採用基準」?

 

 

あわせて読みたい記事