就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

会社説明会でコートを脱ぐタイミングと置き方、畳み方のマナー

【スポンサードリンク】

これからどんどん寒くなってきて、会社説明会などに参加する学生は多くがコートを着始める時期かもしれません。確かに寒いので、防寒対策はしていかないといけないでしょう。説明会のときには、直接誰かに見られているわけではないかもしれないです。参加する学生の数も多いので、いちいち会社の人間もチェックしていられませんし、誰が誰だか分かりませんから。したがって、そんなに細かいことまで気にする必要はないかもしれませんが、面接前の良い練習だと思って、自分の行動1つ1つをチェックしていけると良いかもしれません。会社説明会の時期にコートを着ていく人は多々いると思います。合同説明会とかは特に冬に行われますから、間違いなく寒いでしょう。その中でどうやってコートを着るときのマナーに気をつけていけるか?がポイントです。コートは基本的には会場の中では脱ぐので、そのコートを持ち歩いたり、置いたりしないといけません。そのときにどうやるか?がポイントになります。

 

合同説明会の場合には、中を歩くことが多いので、そのときには畳んで持ち歩かないといけませんが、畳み方については別に決まりがあるわけではないので、できるだけにシワにならないように丁寧に折ってもらえれば良いと思います。それを片手にかけて歩けば良いと思います。そして、各ブースで話を聞いているときには、椅子に座っている人と立っている人がいますよね。椅子に座っている人はそのときの状況にもよりますが、スペースに余裕があるのならば、カバンの上に置きましょう。そういうスペースの余裕がないのであれば、椅子の背もたれにかければ良いと思います。そのどちらかで良いと思います。合同説明会はそんな感じですね。そして、それ以外の会社説明会の場合には、基本的に中を歩くシーンはそんなに多くないと思います。建物の中に入って、受付を済ませたら、後は説明会をやる会場まで歩いていき、各座席に座るという流れになると思います。したがって、座れない人がいるというのは考えづらいです。

 

いつ脱ぐか?というと、基本的には建物の中に入った時点で脱ぐことになると思うので、脱いだコートは同じように畳んで手に持って中に入っていくと良いでしょう。座席につくまでに何か書かされることはないと思うので、片手が塞がっていても大丈夫だと思います。そして、自分の座席についたら、同じようにコートを置きますが、置き方としては同様に、スペースがあればカバンを置いた上に重ねれば良いと思います。スペースがないようなケースはないとは思いますけど、隣の人と密着しているという光景は見たことないです、ある程度隣同士でスペースがあると思うので、その間にカバンを置いて、その上にコートをかければ良いと思いますが、先ほどのように椅子の背もたれにかけるというのでも良いと思います。どちらでも良いと思います。どっちをとっても別にそんなに差はないと思いますから。お好きなほうを選んでいけば良いでしょう。

 

ちなみに脱ぐタイミングについては、建物の中に入った瞬間じゃないとダメなのか?と思う方もいるかもしれません。それが一応マナーとして定着してしまっているので、それ以外が何か問題を生むわけではありません。誰かの迷惑になるということでもないので、厳密にいえば問題はないのですが、他の人が恐らく良しとしないという問題があるだけなんです。普通に考えたら、建物の中に入っていきなり脱ぐのも意味分からないですけどね。座席のところまで行ってから脱いでも全然問題はないと思います。強いて言うならば雨が降っているときとかは、コートについた水滴がオフィスの中に垂れていくということもありますが、それは脱いだからといって防げるものでもないような気もしますし、個人的には脱ぐタイミングなんてどうでも良いと思っています。ただ、恐らく就活生の多くは建物に入った瞬間に脱ぐと思うので、それが1番浮かないし、叩かれないタイミングということはいえます。そんな感じですから、参考になればと思います。

 

就活をする目的は内定を取ることなので、就活を進めていく中ではそういった点についても考えておきましょう。特にナビサイトの選び方は重要と言え、どこを使うか?で、内定を取れるか?どうかに大きな影響を与えます。実際、就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けるということをすると、自分への関心がすでに存在する企業を受けられるので、内定の確率が少しでも高い企業を受けられるのです。そこがキミスカのメリットということになります。さらにキミスカではスカウトが届いた企業を受けた場合に、一次選考や二次選考を受けないで途中から参加できるケースもあるため、そういった場合にはかなり有利な状況で選考に挑めるので、メリットはかなり大きいでしょう。非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づけるということです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、タイプが違うナビサイトの併用が可能というのはリスクを分散するうえでかなりの魅力です。そして、知名度が高くないので、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事