就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

高齢者の万引き等の犯罪が増える信じられない理由や原因!対策は可能?

【スポンサードリンク】

万引きという行為が今というよりは、昔からだろうか?高齢者に特に多くなってきているという。万引きをするのはお金に困ってしょうがなく・・・。という人は案外少ないそうで、それなりにお金を持っている人も実は多いらしい。金持ちほどケチ(ケチだから金持ちになれる?)というのもあながち間違っていないように思えます。さて、そういう人が何故万引きをするのか?というと、ケチだから。というのも1つに理由ではあるのだが、高齢者が万引きをする理由として最近言われているのが、いわゆる「構ってちゃん」だということです。万引きをして捕まれば当然別室で尋問を受けたりすることになるわけだが、それ自体が目的になっているようなのです。話し相手が欲しいんですかね?ただ、自分からは話しかけられないから、誰かと会話をしないといけない状況を無理矢理作るということなのでしょうか?

 

死刑になりたくて殺人を犯す人と心のメカニズムは似ている気がしますけど。目的自体が物を盗むことでないならば、まだマシかもしれないが、お店としては構っていられないというのが本音かもしれません。話し相手が欲しくて、万引きしました。なんて言われたら、生活に困って・・・。とかよりも激怒するんじゃないか?と思う。生活に困っていても万引きをしてはいけない理由にはならないかもしれないが、当人にとってはそれ以外で生きる術がないと感じたならば、もうやむを得ないでしょうね。似たような話で刑務所に入りたいから犯罪を犯す人も増えているというか、実際にいるらしいのですが、こういうのも社会問題になっています。これは何が問題か?っていうと、貧困が原因で、生き死にに関わる問題なので、貧困自体が残れば、永遠に解決ができない性質の犯罪なのです。刑務所に入りたいがために犯罪を犯す人の立場に立ってみるとよく分かると思うけど、刑務所に入りたい理由は単純で、今より素敵な暮らしができるから。ということになるでしょう。刑務所の方がマシって、どれだけこれまで酷い生活を送ってきたのか?と思いますけど。

 

刑務所の方が客観的に見たら良い暮らしに見える人たちって、結局ホームレスとか、衣食住がちゃんと整っていない人たちだと思うんですよ。彼らは家がちゃんとあるだけでも全然違いますからね。寒い季節に凍死する覚悟で寝ている人たちとかいますから、彼らからしたら、雨風を凌げる家があるだけでも生活水準が一気に高くなるのでしょう。それに食べ物に困っている人もいるはず。そうであれば、ちゃんと食べ物も支給されるし、風呂も入れるだろうし、そういう意味では、刑務所の方が明らかに良い暮らしだよね。という感覚でいられる人も多いのではないでしょうか?そして、彼らにとってはリスクないですよね。捕まってももちろん刑務所暮らしができるわけだし、捕まらなければ例えば盗んだお金とかで良い暮らしができるかもしれない。捕まっても捕まらなくても、どっちでも今より生活が良くなるわけですから、犯罪を犯すことに対するデメリットがまるでない。こういう人たちを産んでしまったことが、もはや国の大失敗だと思いますよ。

 

そして、先ほどの高齢者の万引きのケースも、捕まって話し相手を見つけることがそもそもの目的ならば、犯罪を犯すことの躊躇もないわけですよね。多くの人にとっては捕まることが最大のリスクになるわけだが、捕まることが目的ならばどうしようもない。捕まることが目的ならば意図的に逃げようとはしないだろうから、お店の被害はほとんどないんだろうけど。お店にとっては良い迷惑でしょう。犯罪の動機自体も昔と比べたら多様化してきている。もっと言えば、犯罪を犯すことを躊躇わないくらいに、当人が抱えている問題が深刻なんだろうか?とも思えてきます。刑務所に入りたいとかいう同期の場合は深刻さが一目瞭然だと思うし、どっちかっていうと、現実的に彼らが這い上がる術がないとすれば、国が悪いだろうと思えてくるが。貧困は犯罪につながりやすいというか、結局彼らも生きるためにやっているんだろうから、どうしようもない。偏在を犯せば刑務所に入るというのは、本来は罰ゲームのはずなんだろうけど、彼らにってはご褒美になっているというわけ。国民全員が最低限の生活さえ送れていれば、まず生まれなかった犯罪の類型だと思う。

 

高齢者の万引きの例も、他で何とかしてくれというのが本音だろうが、彼らには現実的にどうようもない、他に術がないから、この方法を選んでいるんだろうか。高齢者の万引きの動機が全部話して相手が欲しいわけじゃないだろうが。先ほど言ったようにケチだからこそ万引きをしているケースもありそう。この記事を書いているときに1つ思ったんだが、だいたい大きなお店は万引きGメンを雇っていることが多いらしい。警備員というパターンもあるけど。彼らにももちろん給料は発生しているが、彼らに払う給料と、彼らがいなかった場合の万引き被害額はどっちが大きいのだろう?と。もし万引き被害額の方が小さいならば、万引きは放置しておいた方が良いということになってしまう。少なくともお店の売り上げを基準にするならば。万引きGメンなんかいないお店もたくさんあるだろうから、彼らを雇わなくても良いと思っているお店もたくさんあるんでしょうね。それで成り立つというか、少なくとも被害額は彼らを雇うほどじゃないということかもしれない。万引きGメンがいた方が検挙率は上がるだろうが、彼らを雇うってことは、それだけ出て行くコストが増えるわけだから、追加で万引きされている状態とお金が出て行くという意味では同じになってしまう。でも、お店のジャンルにもよるかな?1つ1つが高価なものの場合には、万引きGメンを雇ったほうがいい気がするが、スーパーみたいな1つ1つが安いものが多い場合には微妙かもしれない。お店も雇う場合と雇わない場合のどちらがよりコストがかかるか?は把握できていそうだけどね。

 

 

彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか? 窃盗癖という病

彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか? 窃盗癖という病

 

 

あわせて読みたい記事