就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

早稲田大学の評判や雰囲気はどうか?就職実績はやはり強い

【スポンサードリンク】

早稲田大学は本当に誰もが羨む私立大学のトップに君臨する大学ですが、早稲田大学はやっぱり特別な感じがしますよね。早稲田大学に通っている学生は特別違う雰囲気をまとった人ではないと思いますけど、早稲田の学生と聞くと、周りの反応も違うのではないでしょうか?私は1度早稲田大学に行ったことがあって、西早稲田キャンパスですか。高田馬場にある、そこに行ってみたことがあります。高校生の頃なので、結構前になりますが、よく見る早稲田キャンパスの校舎の姿がありました。これが早稲田なんだな。と思いました。当時は早稲田大学に行きたいとは思っていませんでしたし、友達の付き合いでオープンキャンパスに行ったというだけなのですが、自分が抱いていたイメージと実際にそこで見たキャンパスのイメージは全然違った感じですね。高校生が非常に多くいたので、普段の大学生活の雰囲気とはまた違うんでしょうけど、大学生のボランティアの人たちも活気も凄かったです。チアリーダーの人たちが凄い盛り上げて異端を覚えています。

 

私は早稲田駅から当時行った記憶がありますけど、高田馬場駅からも一応行けます。調べてみると高田馬場駅からはかなり歩くみたいですよ。徒歩20分くらいかかるみたいで、これは早稲田駅から行った方が良いですね。早稲田駅だと東西線とかになりますが、徒歩5分くらいだったかな?たった5分ですけど、当時は夏だったんで凄い暑かったですよ。これを20分かけて歩いていったらもっと大変でしたね。ここ早稲田大学の学生からすると評判が微妙なところかもしれません。キャンパスの周辺は結構学生街みたいな雰囲気で、非常に過ごしやすそうな感じでした。文系学部は基本的にここで学ぶわけですから、学生の数はかなり多いと思うんですけど、キャンパスの中はそれなりに広かった記憶があります。私の大学生のキャンパスがあまり広くなかったので、やっぱり広い方が良いですよね。学生が少なければ狭くても良いかもしれませんが、学生多かったですからね。私の大学は。やっぱりキャンパス内で過ごしてみると早稲田だなー。って感じがしました。結局、受験はしませんでしたけど、早稲田に対する興味がちょっとは沸いた1日でしたよ。

 

そのときには法学部の授業を受けてみた記憶があります。大教室で講義を聞いていた感じですが、何を話していたか?は全く覚えていないものの、初めて大学の講義を受けたときじゃないか?と思っていて、政治経済学部と並び、かなりの有名学部なので、早稲田大学法学部への興味がさらに沸いた瞬間でもありました。早稲田はどの学部も評判が高くて、人気もあって、難しいですから、どの学部には入れても万々歳かもしれませんが、でも法学部は人気なのでしょうね。私はその授業1回を受けただけですが、それを毎日受けている学生はちょっと羨ましいかも。早稲田ではオープン科目といって他学部の授業もとれるらしいので、法学部の学生も他学部の授業を、他学部の学生は法学部の授業をとることも場合によっては可能みたいです。私の大学でもありましたね。全部の学部が対象ではありませんでしたが、別の学部の授業に出ると、何か凄いアウェイ感がありました。私が他学部出身ということは、気付かれていないと思いますけど、自分だけか、または少数の違う学部の学生が混じっていると思うと、何か凄い威圧されている感があるのです。

 

早稲田大学は自分の学部以外の授業もとれるようなので、幅広い分野について学ぶことができるのです。ただ、授業によって、教授によって授業の質が結構違うみたいです。どの大学でもよくあると思いますけど、質の高低の差はどうしても早稲田でもあるみたいです。授業の質の差は大学の中でもありますから、どこもそんなに変わらない気がします。就職活動時には学歴がかなり生きると思います。概ねどの学部でも頭1つ抜けた評価になりやすく、それだけで内定が貰えるわけではありませんが、学歴フィルターとはほぼ無縁でしょうし、多少は有利に働く機会があるでしょう。早稲田大学の就職実績は想像通りだと思います。やや学部感覚差もありますけどね。人間科学部スポーツ科学部はその他の学部と同じ評価は差されないかもしれませんが、それでも早稲田大学ですから、就職率や就職実績においては他の大学の追随を許さないのではないでしょうか?どの大学のキャンパスにもそれぞれの特色、それぞれの雰囲気があると思いますが、早稲田はやっぱり圧倒される感じがするのではないでしょうか?特別な場所っていう感覚が多くの人にあるかもしれません。早稲田大学は独特のキャンパスの雰囲気があると思いますよ。選ばれた人間だけが通える点が格別なのです。どの学部にしろ、早稲田大学は多くの方にとって評判も高く、憧れですから、競争率は非常に高いです。その中で勝ち抜くには勉強をしないといけませんが、現役で受からない人もたくさんいますから、本当に頑張らないといけないでしょう。

 

 

早稲田大学(法学部) (2016年版大学入試シリーズ)

早稲田大学(法学部) (2016年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事