就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

早稲田大学商学部は難しい?難易度やボーダー、倍率は高い

【スポンサードリンク】

早稲田大学に入りたい受験生は全国でも大勢いますが、特に入りやすい学部とかはあるんですかね?スポーツ科学部や人間科学部はよく言われていますが、どこでも良いと思ってもここら辺は受けない人が多いのではないか?と思います。というのも、偏差値的にはマーチレベルまで落ちてしまうので、学部カーストのときに早稲田の中では、かなり下の方になってしまうのです。早稲田大学で度々言われているのが商学部です。ここは入りやすいというか、可能性が高いといわれています。それでも難しいでしょうけど。偏差値的には上智大学の経済学部とそんなに差がないですし、マーチ上位の大学学部とも近いです。早稲田なので簡単ではありませんが、1つ狙い目のところかもしれないですね。偏差値は65弱くらいじゃないですか?偏差値だけ見ると普通に難しいですけどね。早稲田ですからしょうがないですね。

 

入試科目は一般入試が英語、国語、選択科目の3つで、配点が早稲田は特殊で、英語が80点、国語と選択科目が60点です。国語は現代文、古文、漢文まであるみたいです。慶應は国語がありませんし、マーチや上智でも漢文が出ない学部学科はたくさんありますが、早稲田は国語が難しいことでも有名で、国語はやっぱり商学部といえども漢文が出るのでしっかり勉強しないといけません。早稲田大学は漢文は恐らく他の学部でも出ると思います。早稲田の中では、商学部は特に難易度的には易しいとされています。特に英語と国語ですね。英語に関して言えば、長文の長さが案外長くないというか、難関大学用に勉強してきた人からすると、あれ?という感じかもしれません。文章量は、だいたい500から600文字程度なので、早慶上智の難関学部を受験する人からしたら短く感じるかもしれません。ただ、それが4つ程度あるので、4つ分解かないといけないとなると、結構疲れるとは思いますけどね。他には会話文が例年出題されているようですから、口語特有の英語表現や専用の対策をしておいた方が良いでしょう。

 

商学部の英語は難しいとはいえませんが、それは早稲田の中で、または早慶上智の中でということであって、一般的には難しいレベルだと思います。だからこそ、しっかりとした対策をしないといけないでしょう。合格できるか?どうかは分かりませんが、ある程度のレベルに持って行くことはできるのではないでしょうか?国語に関しては、早稲田は国語が難しいとされていますが、商学部の場合はそうでもないようです。社会科学部も国語は比較的簡単な気がしますが、そういったレベルでしょうか?古文は出るようですが、漢文は出たり、出なかったりするみたいなので、本気で早稲田大学勝負学部に受かりたいのであれば、漢文の対策もしておいた方が良いでしょう。商学部の国語はそれほどの難易度ではないものの、それも早稲田の中ではということですから、しっかりと勉強をしないといけないでしょう。

 

そして、問題なのが選択科目です。どの科目を選ぶか?によっても結構違いますが、選択科目が特に難しいとされているのが商学部なのです。選択科目は日本史、世界史、政治経済、数学などから選べますが、日本史、世界史、政治経済に関しては、基本的に暗記なので、難易度が難しいとは言っても、ちゃんと勉強すれば点数はとれるでしょう。英語や国語と違ってやった分だけ成績に反映されやすいので、勉強をきちんと行っていけば、早稲田大学レベルの問題でも合格点くらいはとれると思います。どれだけ努力ができるか?にかかっていると思います。英語と国語が多少難易度が下がり、選択科目はやや高い。選択科目もどれを選ぶか?によってちょっと変わってくるような気はしますけど。選択科目は難しいといっても、あまり差はつかない気がします。早稲田を受けてくる受験生は、やれば得点になる科目はちゃんとやってきますから。難易度が高いとしてもあまり関係ないかな?という気がします。

 

ボーダーは高くはありませんが、低くもありません。合格最低点は、だいたい6割ちょっとという感じなので、それくらいなら普通かな?と思います。ちなみに倍率は2015年の入試だと7倍以上あるので、結構高いですよね。早稲田は人気大学なので、しょうがないですけどね。どの学部もそれなりに高いですから。倍率は高いですが、早稲田大学の中では難易度は真ん中くらいかな?という印象です。早稲田大学商学部の入試の各科目についてはそんな感じですね。

 

 

早稲田大学(商学部) (2016年版大学入試シリーズ)

早稲田大学(商学部) (2016年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事