就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

格付けチェックの連勝を止めた2人へのGACKTさんの対応は普通だろ

【スポンサードリンク】

毎年1月1日に放送されている「芸能人格付けチェック」を私は毎年見ているが、ここ数年の注目は、GACKTさんの連勝記録がいつ止まるのか?というところで、毎年ペアを組まされる方々は非常に緊張している感じが伝わってきます。それが2016年の放送でついに止まってしまったわけだが、その連勝記録を止めたジャニーズの北山宏光さんと中山優馬さんへ、ネットでは批判が集中しており、理不尽な思いで見つめていたが、ここに来て当のGACKTさんがコメントをしており、それが「GACKTが「芸能人格付け」の裏側を明かす パートナーをお願いしても断られる (2016年1月5日掲載) - ライブドアニュース」に載っていました。

 

GACKTは5日、あらためてブログで連勝がストップしたことに言及し、「ホッとしてる自分がいた」と明かした。そして、「よし、来年は上がるだけ!!」であり、そう思えたことが「何よりもの収穫であり自分の財産になったこと」だと、この事態をポジティブに捉えている。

そして、一部のファンが「ユウマが悪い!!!ミツが悪い!!!」などとチームを組んだふたりを批判する声があがっている件について、「それは全く違う」と否定すると、同番組にまつわるある事情を明かしたのだ。

GACKTによると、同番組の出演依頼は収録日の数カ月前から始まるのだそう。しかし、GACKTのパートナーとしてのオファーは「この近年ではほとんどの芸能人が断ってくる」のだという。「ウチの○○がGACKTさんの連勝記録を止めるのは余りにも忍びないので…」と記録への重圧から多くの事務所に断られていた、というのだ。

こうした他事務所の反応にGACKTは「それが普通の反応だと思う」と理解を示しつつも、そんな中で北山と中山については「快くパートナーとしての出演依頼を受けてくれた」「ボクはそれを心から感謝している」というのだ。

 

普通に考えて、この企画にGACKTさんと一緒に出たいと思える人はいないでしょうね。この企画はペアでの参加がルールとなっており、それを快く引き受けてくれなければ、そもそもGACKTさんが出られない。ということは、出てくれるだけでもありがたいということなのでしょう。今年の放送の冒頭では、司会の浜田雅巧さんが、「今年は連勝記録を止めるための2人を連れてきた」みたいなことを言っていたけど、番組が意図して連れてきたのか?どうかは分からない。何人かにオファーを出して、毎回断られてきているのだろうし。そして、そこでGACKTさんも、「(もし連勝記録を止めたら)じゃニーさんには悪いけど、2人ぶっ飛ばしますよ」と言っていた。恐らく、この2人の会話は演出なんだろうと思う。番組を盛り上げるためのね。今回ミスをした2人を責めなかったGACKTさんのコメントに対して賞賛の声や「上司にしたい」とかいうネット上の反応もあるみたいだが、いやいやこれが普通くらいだろwwwと思う。

 

賞賛をするってことは、じゃあ本当にぶっ飛ばすのが普通だということなのか?となる。賞賛をするってことは、して当たり前の行動ではないことしたということなんだろうけど、すでに経緯を説明したように、出てくれるのがありがたいくらいのことなんだから、その好意で出てくれた2人が仮にミスをしても、そりゃ咎めないのが普通だろとしか思えない。むしろ、そんな状況で咎められたら理不尽このうえない。だいたい、「上司にしたい」というコメントも、普段どんな酷い上司の元で働かされているんだ?と思えてくる。そんな酷い上司いるの?世の中探せばそういう人もいるか。確かに、理不尽な言動をしてくる上司はいても不思議じゃないのかもしれない。そういう上司や会社も世の中にあるのかなー?と思うと、何ともいたたまれない気分にもなってくる。

 

GACKTさん本人の連勝記録はまだ止まっていないようなので、それがいつ止まるか?というのも見ものではあるが、ただこの企画って、対策をしようと思えば結構できそうな気がするんですよね。ワインとか、牛肉とかは特にそう。対策が難しいのもある。例えば、楽器の演奏のやつとか。ただ、あれはGACKTさんがあまり挑戦していない印象にある。そういう意味では、ちゃんと対策を立てておけば、他の芸能人の出演者でも、ある程度好成績を残せるのではないか?と思います。GACKTさんが対策を立てているのか?は分からないが、自身がお肉博士と言っていたり、ワインには相当造詣が深いような言動をしていることから、全部が全部じゃないものの、GACKTさんの得意分野のチェックが多い印象ではある。そこが個人的にはどうなんだ?とは思わないわけではないが、以前映画監督の堤幸彦さんが、演出の問題を間違えたこともあったから、まあ詳しい分野の問題でも確実に当てられるとは限らないのでしょう。自身でも20連勝くらいしているんだろうから、どういう才能がここまでの連勝記録を作るのか?不思議ではある。対策を仮にしても完璧にはならないだろうし。来年のお正月にもまた出演してくれることを願いたいが、そのときのパートナーは誰になるんだろうか?というのも注目ではあります。あと、以下で紹介したように、芸能人格付けチェックって、DVDになるんですね(笑)

 

 

 

あわせて読みたい記事