就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

エンジニアやWebデザイナー向けでおすすめの使いやすい転職サイト

【スポンサードリンク】

WEB業界で転職をしたいと考えている方も非常に多いのではないでしょうか?特にエンジニアやWEBデザイナーといった職種は、転職をする方も非常に多く、流動的な業界だと思います。こういった職種はネット上の転職サイトを探してみると、非常に求人が多いのが特徴です。そして、IT業界、WEB業界にある程度特化した転職サイトがあるというのも強みで、そういった業界への転職を目指す方に特化したサイトを使うと、より効率的と言えるのではないでしょうか?例えば、「Switch.」が非常にオススメなのです。ここは聞いたことないという方も多いのではないか?と思いますが、歴史がそんなに長くないのです。数年前にできたサイトなので、そこまで知名度はないかもしれません。しかし、WEB業界やIT業界に特化したサイトとして、非常に評判になり、メディアに掲載されることも多々あります。ここは転職活動の進め方がやや斬新で、それによって生じるメリットなども多くあります。

 

このSwicth,は一般的な転職サイトとは違います。基本的に利用者が会社を探して応募するというものではなく、企業が登録者の中から、希望の人材を見つけて声をかけていくという形になります。求職活動、採用活動というのは、通常は企業が求人を出して、そこに求職者が応募をして、選考をやって、合否を決めるという形をとりますが、このSwicth,は、企業が求人を出して、その求人に見合う人材を探して、見つかれば声をかけて、うちの企業を受けませんか?と営業活動をするような形に近く、声がかかったということは、プロフィールを見て欲しいと思った人材ということになりますから、それだけ採用される確率が高いですよね。向こうから既に興味を持っているわけですから。嫌ならば断ることもできます。承諾をすれば、マッチング成立という形で、以降その企業の人間と話を進めていく形になります。サイトの中にあるチャットを使って、お互い事前に聞いておきたいことを質問しながら、理解を進めてミスマッチを防ぎ、お互いが納得したら、説明会や選考に参加してみるということになります。

 

自分に合った会社ってなかなか見つかりづらいですけど、会社の方から自分の適性を見出して、声をかけてくれる。スカウトしてくれる。というのは非常に大きな特徴になります。このSwicth,の良いところは、企業が勝手に動いてくれるので、こちらは登録をしたら寝てれば良いのです。ただ、待つだけですから。Facebookアカウントを使って登録するようですが、別にアカウント情報が漏れるわけではありません。ログインするときに使うだけですから。そして、基本的にマッチング前も後もこちらも個人情報はほとんど向こうに伝わりません。経歴くらいではないでしょうか?名前とかも分かりません。だから、匿名で転職活動を進められるということですから、今勤めている会社に自分が転職をしようとしていることがバレる心配が限りなく少ないです。ここを気にされる方は結構多いですからね。また、ブロック機能もあるので、見られたくない企業、声をかけられたくない企業をあらかじめブロックしておくと余計に安心ですよ。そういう利用者の不安な点を解消してくれる、利用者が1番に考えている悩みを苦慮してくれている点も、Swicth,が評判が高い理由の1つでしょう。参加している企業も大手もかなり含まれていますし、皆さんが絶対に知っている企業も多いですし、それ以外の中小企業も多くありますから、どこから声がかかるか?楽しみではあると思います。

 

また、登録した後はスカウトを待つだけなので、他のサイトと一緒に使っていくことが可能になります。別の転職サイトを使って、求人を探しながらSwicth,を使ったり、ハローワークで求人を探しながら、Swicth,を使ったりといったことが可能なので、併用が可能ってことはそれだけリスクに対して備えることができるわけです。Swicth,は企業から声がかかる分、スカウトがくればそれだけ採用確率が高いということが言えると思いますが、スカウトが来ないと意味がありません。逆に通常の転職サイトを使った転職についても、こちらから自由に応募できるのは良いけど、採用確率の低そうなところに応募ばかりしている可能性もありますから、その場合には的外れな行動ばかりしていて、一向に採用されない可能性もあります。採用確率の高そうな企業はそう簡単に見分けられませんから。そうなると、採用確率が高い企業はすぐに分かるが、そこから声がかかるか?分からないサイト、こちらから声はかけやすいが、採用確率が高いか?低いか?分かりづらいサイト、この2つを併用していくことで、お互いの長所でお互いの短所を小補えるため、1番効率よくIT系の、WEB業界のエンジニアやWEBデザイナーの転職活動が可能になるということです。

 

転職活動はいろいろなやり方があるので、正解というものはないものの、1つ道筋として、やり方として、どういう人の転職活動にも常に付きまとうリスクに対して備えられて、かつ効率よく転職先を探すことができるのが、今回紹介したSwicth,と通常の転職サイトやハローワークを組み合わせるやり方だと思いますから、1つの選択肢として参考にしてもらえればと思います。Swicth,無料で登録、利用可能なので、お金はかかりませんから、評判の高い転職サイト、利用者の支持が高い転職サイトとして覚えておいてください。皆さんの転職活動が上手くいくことを願っています。

 

人気企業からの「いいね!」が毎日届く!
Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

 

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

 

 

あわせて読みたい記事