就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

成人式が荒れる理由、騒ぐ、犯罪を起こす新成人が生まれる原因とは?

【スポンサードリンク】

毎年恒例の成人式は全国を見渡してみると、荒れるところもあって、それがニュースになることもしばしばといった感じです。どうして成人式は荒れるのか?ということが気になっていろいろと調べてみると、あれる原因はいろいろあるらしい。特に荒れることで有名な沖縄県の成人式は、荒れることが恒例になっている。というか、恒例にしているという感じでしょうか。阪神が優勝したら道頓堀に飛び込むみたいに、実は綿密に計画されているらしい。成人式の開催に向けた計画の中に加わるのが、新成人の代表なわけだが、沖縄県の場合には、計画段階から式の後に騒ぐ場所とかをあらかじめ決めておいて、その計画を実行するという、ただそれだけの話みたいなことも載っているんです。沖縄県民はそういう状況に寛容だ。みたいなことも言われていて、荒れる成人式自体が、伝統であり、演出みたいなところもあるのでしょうか?また、以前の川崎市の成人式では、同じく事前の計画からかかわってきた新成人代表が当日、市長が話しているときにいきなり壇上に上がり始めた。

 

何をするのか?と思えば、市長に文句を言い始めたのです。その内容は、自分たちは新成人のための成人式の計画に参加してきたが、そこでの私たちの声が全く反映されないことへの不満だったみたいで、荒れる新成人といえども、随分まともな荒れ方なのか?と思えてきます。彼らは新成人の代表として成人式を作る側に参加してきたにもかかわらず、そこでは全く自分たちの意見は無視されてきた。その腹いせに当日市長に文句を言い始めたのだそうです。荒れ方にもいろいろあるということですね。

 

ブロガーの大石哲之氏は「成人式が荒れる原因は、偏差値によって分断された社会を、もう一度一緒に集える機会を設けてしまったことで、逆襲のチャンスになってしまっているという点が、本当の本質でありまして、ですから、これを防ぐには、成人式を階級別に開催するしかないと考えるわけです。 | 大石哲之ブログ」で、荒れる成人式の原因を以下のように分析しています。タイトルなげーw

 

>私自身の通った小学校はレベルが低く、担任は暴力を振う新任の体罰教師で、これによって身体的にも精神的にも問題を抱えておりましたし、公立の中学校は荒れていて危険で、そのような場所にいては、いじめにあったり、危険であるとおもい、勉強して私立中学に行きました。

小学校の体罰教師については、いまでも恨み節でこんな記事を書くくらいですから、いわゆるPTSDにほかなりません。つまり小学校で学んだ最も大事なことは、自分の身を守るには、所属する組織を選べるような立場にならないといけないということでした。(これは社会に出てからも一緒です)。それが、私が勉強を始めて、中学受験をした理由です。

荒れていた公立中学に行かなくて済むようになり、大学受験も成功し、真っ当な大学に行くことができましたので、社会で関わりたくない人とはもう縁が切れたつもりでしたが、そこに来て成人式や成人クラス会というのは、かつての良からぬ関係をもういちど持ちだしかねないもので、非常に危険とおもいました。

逆に言いますと、そういうった方々におかれましては、成人式というのは逆襲のチャンスでありまして、まともな成人が多数出席して、著名人が招かれるセレモニーのなかで、思いっきりはっちゃけるというのは一つの反乱であるわけです。

社会にでて時間がたてばたつほど、そういった場を荒らすこともできなくなるでしょうから、それなりの公式セレモニーの場を、成人の言い訳のもとに免罪符つきで破壊できるというチャンスはこれが最後なのは自明です。ですから、そういったまともな社会の象徴であるセレモニーを徹底的に破壊せしめるという、荒らしの行為は、非常にモチベーションにかなったものであります。なぜ他のイベントが荒れないのに、成人式だけが荒れるのかは、これが理由です。同じヤンキー同士で集まるイベントではっちゃけても、身内の会にすぎないからです。

つまり、成人式が荒れる原因は、偏差値によって分断された社会を、もう一度一緒に集える機会を設けてしまったことで、逆襲のチャンスになってしまっているという点が、本当の本質でありまして、ですから、これを防ぐには、成人式を階級別に開催するしかないと考えるわけです。

 

Blogosのコメント欄とかを見ると、この意見に賛同している人間はあまりいない印象ですが、正直これはどうかな?という感じですね。目の付け所は面白いが、いろいろな人間が集まる場というのは、他にもあって、例えば就職活動を経て、入社する会社って、学歴的にもいろいろな人たちが集まるわけです。高学歴の人もいれば、Fラン出身の人もいるだろうし、高卒の人もいるでしょう。成人式と同じような構図になっているわけだが、その会社で同様の騒ぎが起きているというニュースは聞かない。偏差値で分かれた人たちが一堂に会すことが原因なのか?というと、あまりそうは思えないのです。なぜ成人式が荒れるのか?の原因としては、ああいうパフォーマンスが流行ってしまったからだと思いますよ。つまり、荒れる映像って、毎年テレビとかで流れるわけですよ。ああいうのを見て、良い気分になる人は少ないと思うのだが、中にはああいった光景に惹かれる人がいるはずなんですよね。犯罪者の実名を公表すると、信者が増えやすくなるみたいな話を聞いたこともあって、だから実名公表は慎重になるべきだ。みたいな意見もあるわけです。

 

実はそれと似ているのではないか?と思っていて、要するにああいうことをしたいという潜在的な願望を抱えていた人が、実際に成人式でのそういう光景を見て、「あ!ああいうやり方があるのか!」と、憧れを抱いてしまった状況に等しいのではないか?と思います。だから、荒れる成人式をテレビとか、ネットニュースとかが報道をやめれば、多少数としては減るんじゃない?と個人的には思っています。大石氏の言うことが本当ならば、騒ぎを起こしているのは、絶対に低偏差値の人たちということになるけど、それも本当にそうか?は分からないですね。だいたい偏差値の低い、高いで成人式を分けても、偏差値の低い成人式では同じように荒れるのだから、意味がないんじゃ?とも思えてきます。原因は直接聞いてみないと分からないが、ああいう場で暴れるのは正気の沙汰とは思えないですし、やっぱり人とは違った感覚を持っているからこそ、ああいう行動に出るのではないか?と思うのです。それが荒れる成人式への憧れであり、テレビや新聞、ネットなどで見て触発される人たちがいるような気がするのです。

 

 

 

あわせて読みたい記事