就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

住宅ローンが払えない、破産する割合は?家の購入は中古住宅が得では?

【スポンサードリンク】

長い住宅ローンを組むのはどうなんでしょうか?ブロガーのイケダハヤト氏は35年ローンを組む人を嘲笑していたり、ちきりん氏は10年以上のローンは身分不相応とブログでそれぞれ主張していて、一方では35年ローン等の長期ローンの有用性を主張している人もいる。私は相変わらず、基本的に家を買うつもりはない。賃貸の方が好きなタイプだが、何が嫌って、先が分からないことでしょうか?調べてみると住宅ローン破産をしている人の割合が、住宅ローンを組んで現在返済途中の人たちの中で1%弱くらいいるらしい。1%という、凄い印象を受けるかもしれないが、1%というのは、最終的に払えなくなって家を失ったりした人の割合であり、なんとか現在は払えているが、ローン返済のために生活苦になっていたりするケースは含まれない。問題はそういう住宅ローンの返済のために生活を圧迫しているケースがどれだけあるか?という問題です。

 

35年も暮らしていれば、いろいろなトラブルに見舞われる可能性はあり、住宅ローンの返済が困難になりかねない事象が起きることも予想できなくはない。35年ローンは、35年間、住宅ローンを組んだ当初の予定通り遂行した場合に払い続けられるという計算なのだろうが、それが狂うことを当然想定すべきだと思うのです。35年ローンが有効だと主張する側からすると、長期固定金利で、しかもかなり安く借りられる時代に、家を買えば、しかも今後値上がりする可能性の高い家を買えば、それは投資と同じだと。確実に値上がりが期待できる家を買うと、何十年かして資産価値が上がれば、それは完全に得だという主張もあるようなのですが、それは現実的にどうなんだ?ということです。仮に買った家に資産価値が上がったとして、じゃあその家は売るんでしょうか?たいていは売らないと思うんですよね。貸すという選択肢をとっても、結局自分たちが住む家を他に探さないといけない。池上彰さんが以前言っていたことと同じようなことな気がするのです。

 

池上さんが何て言っていたのか?というと、バブル景気について話していた番組で、当時は土地神話と言われていたように、土地の値段がどんどん上がり続けていた。したがって、土地を持っている人は、高い車とかを買っていて、金持ち気分を味わっていた。しかし、土地の値段がいくら上がっても、土地を手放さない限りは、自分の持てる資産が増えたわけではない。資産価値が上がっただけで、手元のキャッシュが増えるわけではない。そういう幻想に陥っていたみたいな話をしていた記憶があります。今回の例で言っても、買った家の資産価値が上がって、それを売ってもっと安い家に引っ越すということが不可能ではないわけだが、家に対しては絶対に愛着ってものが沸いてしまって、愛着があっても耐久性が長くない車みたいに、何年かして買い替える性質のものでもないから、それを売るという選択を将来的にする人がどれだけいるんだろう?という気がします。あと、そもそも資産価値が上がるというのは、それだけ確実なのか?それが簡単に見分けられるのか?

 

一応、不動産のプロに話を聞けば、アドバイスはしてくれると思いますよ。ただ、それはどれだけ確実なのか?というか、そんな確実とも言って良い投資が存在するのか?というのが不思議なのです。不動産については、私はそこまで詳しくないからあれだけど、すごい疑問なんですね。そんな断言して良いものなんですかね?仮に確実な不動産があればね、それをみんな買いますよ。で、当然将来的に値上りが予想される家は人気で、そこから売れていくことになる。本当に投資目的で家を買って、その資産価値の値上がりで得をしようという話ならば、みんなそういう行動に出てもおかしくないと思うのだが、果たしてじゃあ全員そういう行動に出た場合、全員がそういう家を買うことができるのか?数は足りるのか?値上りが予想される家はどれだけあるのか?という問題があると思うのです。結果的にそういう家を買えた人は良いかもしれないが、そういう家を物理的に買えない人は、そもそも投資目的では家を買うべきじゃないとなり、35年ローンだろうがなんだろうが、長い住宅ローンを組んで家を買うメリットは大分消えてしまう気がするのですが。

 

あと、ちきりん氏の「10年以上のローンはだめです - Chikirinの日記」のエントリーに書いてあるんだけど、ある価格で販売されている不動産は、実はその金額の価値はない。3000万円で買った家が10年後には1500万円になっているという。これは当たり前の話ですね。しかし、こういう当たり前の事情を改めてみると、凄い損した気分になるのは私だけだろうか?どれだけ時間をかけても良いが、仮に10年かけて住宅ローンを支払ったとして、3000万円+利息を払って、1500万円の家に住むってことになるわけだよね。しかも、3000万円+利息を支払ったという事実は永遠に残るが、今住んでいる家の価値はどんどん下がり続けている。家は一応資産価値は下がるが、家自体が10年、20年で相当劣化するケースってないと思うんですよね。だから、確かに価値は下がるが、その3000万円で買ったときと10年後、1500万円に下がったときの生活環境や快適性にそこまで差があるとは思えないのです。

 

でもね、そう考えると、じゃあ新築の家を買う意味って何なんだろうか?と思うわけです。10年で3000万円の家が1500万円になるならば、新築3000万円の家よりも、築10年の家を1500万円で買った方が得に思えるのです。先ほど言ったように、年数の経過とともに、家の価値は下がるが、家自体は10年、20年くらいでは大幅な劣化はないと思う。問題なく住み続けられる。ならば、10年が経過した時点の家を買っても、何十年かは住み続けられるでしょう。10年じゃなくても、せめて5年とかでも良いかもしれないが、そこまで古過ぎない中古住宅を安く買った方がむしろ得なんじゃないか?と思えてくる。投資目的で家を買うのではないならば。5年だったら、新築と大差ないと思うんですけど。あらゆる面で。住宅ローンを払って家を買うにしても、5年、10年でここまで資産価値が一気に下落するならば、新築にこだわる必要性があまりないんじゃないか?と思う。そういう資産価値が下がらないような家を買おうということを主張している人もいるのだが、世の中の全員がそれができるわけではないだろうから、結局家を買う人の多くは、資産価値が将来的にそうやって下がり続ける家を買っていくことになるのではないでしょうか?それが現実だと思うんですよね。住宅ローン破産をしている人も実際にいるわけで、そこまで至らなくても、家を失わないために、カツカツの生活を強いられているケースもあると思います。35年先のことまで見通せる人はなかなかいないと思いますから、その間に住宅ローン破産に陥る、またはそこまでいかなくても何かしらの収入減少などで生活を圧迫するかもしれないという想定はしておいた方が良いでしょう。

 

「住宅ローン」賢い人はこう借りる!

「住宅ローン」賢い人はこう借りる!

 

 

あわせて読みたい記事