就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

文学部は就職に不利で、法学部は有利、強いという理由が理解できない

【スポンサードリンク】

大学で学んだ内容が会社に入ってから役に立つのか?というと、あまりそういうケースは多くないと思う。全く役に立たないとは言わないけど、少なくとも業務で役に立つっていうのは、なかなかないと思います。日常で役に立つっていうのはもしかしたらあるかもしれないけど。大学の授業レベルだと、いろいろな授業を受けるわけだから、自分でその後さらに深めて勉強を続けない限りは、大学での学びは広く浅い勉強になりがちな気がしてきます。ゼミとかは違うかもしれないけど、大学での勉強は、文系の場合はあまり役に立たないといっても良いのではないでしょうか?そして、文系の中でも就職に有利な学部と不利な学部があるとされていますね。就職に不利なのは文学部、その他宗教系の学部やちょっと珍しい学部(キラキラ学部なんて言われたりもするが)、そして就職に有利なのは法学部、経済学部、商学部経営学部とされています。そう分けられている理由はなんとなく分かるが、この中で1つだけ解せないものがあるのです。それが法学部です。

 

何で法学部が就職時に有利になるのか?がよく分からない。というか、私は今の企業のあり方を見ていると、文学部こそ優遇して、法学部を1番不利に扱う方がむしろしっくりきます。それは何故か?というと、法学部は法律について知りすぎてしまっているからです。法律について学んでいるのが法学部の学生なので、彼らは他の学部出身者よりも法律に長けているでしょう。ということはだよ?ブラック企業とかの経営者の立場に立ってみればよく分かると思うけど、法律について詳しい労働者は、法律を盾に反論をしてきやすい。それはつまりだ、実は違法性を帯びている労働を押し付けようとしても、彼らには知識があるから拒む可能性もあるんじゃないか?と思うのではないか?と考えるのです。法律に関する知識がなければ、違法だと知らない労働を受け入れてくれるかもしれないから。今はサービス残業に代表されるような違法な労働を押し付けている企業が多いという風潮があると思うので、私から見たらそういう企業の経営者にとって1番都合の悪いのが法学部じゃないのか?と思うのですが。だから、法学部が不利は頷けるんだけど、有利っていうのは、イマイチ腑に落ちないですね。逆に言うと、法学部が不利にならないならば、そういう目線(会社にとって都合の悪い人間は採用しない)で学生を選んでいないということであって、ある意味経営者にも良心がある人が多いのか?と高評価にもつながるわけだが。

 

そして、法学部以外にも実は法律を学んでいる学部出身者はいて、それが経済学部、商学部経営学部でもあるんですよね。彼らは教養科目の授業ではなく、専門科目の授業で「労働法」という授業をとれるケースが多いのではないか?私は経済学部出身だが、労働法をとりました。そして、結構役に立ちました。生きていくうえでね。経済、商、経営の学生も労働法を学ぶ機会があるという意味では、労働法に詳しい学生というのは、企業にとっても不都合が出てくるんじゃないか?と思うのだが、そう考えるとそういう法律に1番無縁な学部ってどこか?っていうと文学部なんですよ。だから、そういう視点で見ると、文学部は就職できないとか言われたりもするが、文学部の学生こそ就職で有利になっても良さそうなのに。と思うけど、実際企業がどう考えているのか?は分からない。文学部が不利とされているのだって、本当かは分かりません。だって、仮にこういう視点で本当は法学部を不利に扱っていたとしても、その動機が不純すぎるので、とても公言なんかできないわけです。都合のいい仕事を押し付けられないから、法学部の学生は採りません。なんて絶対に言えないですから。だから、実際に法学部は就活で有利なのか?内定を取りやすいのか?は判断できないのです。逆に文学部の学生も就職に不利なのか?内定を取りづらいのか?は何とも言えないと思います。

 

実際は見たことないような、珍しい学部を含めて、文系の間では学部による就職の有利、不利は誤差の範囲だと思いますけどね。理系はあると思います。例えば、工学部と理学部の就職に関しての有利、不利は間違いなくあると思うのです。というか、就職活動において有利、または不利に働くものってあげたらキリがないと思うので、学部によって有利、不利が生まれたとしても大して気にすることではないと思います。文系の学部が就職後に大学で学んだことが役に立つというのは、なかなか難しいと思いますから、企業側も出身学部をそんなに真剣に採用の基準にしているとは思えないのです。大学名だってほとんどの企業はそれほど気にしていないように思います。実際、文学部は女子学生の比率が高いですが、女子学生の方が就職には強いわけですよね。文学部が本当に就職で不利なのか?疑わしい気もしてきます。法学部が就職に強いというのも分からないが、文学部は就職できないみたいな言説も迷信かもしれないです。データとしてはどうなっているんですかね?文学部が就職しづらいみたいなデータはあるのでしょうか?完全に就活生自身は、こういった言説に囚われてしまっている人も多いように思いますが、実態は全然違う様相を呈しているかもしれないのです。

 

 就職活動を今後してくにあたって、必ず面接やエントリーシートにおける自己PRや学生時代に頑張ったことなどで、何を書いたら良いのか?話したら良いのか?分からない方がいるのではないでしょうか?つまり、大学時代これといって特別な経験をしてこなかったので、人前でアピールできるようなネタがないという方は少なくないと思います。そういった方は、自分なりのアピールの仕方を学ぶ必要があると思いますが、そのときに有効なのが以下の凡人内定戦略です。こちらはそういった悩みを抱えている方にとって非常に有益で、話すネタがない、アピール材料が思い浮かばないという方のために、凡人就活生は面接やエントリーシートで一体何をアピールすれば良いのか?何を題材にしたら良いのか?どうすれば内定がとれるのか?というヒントが書かれているので、参考になるかもしれません。そういう話のネタに困っていない人、スペックが高くて就職活動で無い内定なんてありえないだろうと思える人には無縁の本ですが、普通に就活をしていてもまず内定がとれそうにないと思っている人は特に参考になる部分があると思うので、おすすめしたいと思います。

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事