就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

20代の貯金額の平均や中央値は?貯金なしの割合も意外と高い!

【スポンサードリンク】

貯金の金額って、皆さんどれくらいあるのでしょうかね?私は年収よりも貯金の方を重視しています。年収は公務員でもなければ、上がったり、下がったりする可能性があり、変動の幅が激しいので、あまり当てにならない気がするのです。貯金も減ったり、増えたりするけど、その幅は自分でコントロールができますから、貯金の方が、その人の経済状況や裕福さを表すときの指標として良いのではないのか?と思うのです。だから、年収が低くても、節約をすれば貯金は増えていきます。逆に年収が高くてもお金をたくさん使っていれば、貯金は全然貯まりません。ある意味、年収が低い人が年収が高い人も勝てる可能性があるとすれば貯金なんです。貯金は年収が低くても頑張ればどんどん貯まっていくので、お金を使いまくっている年収の高い人を越えられる可能性はいくらでもあると思います。そして、年収にも格差ありますが、貯金にも格差があるのです。

 

例えば、20代の平均の貯金額はいくらか?というと、400万円台らしいですね。データ元によって数字が少し違っていたりするものの、私が見たもので多かったのは、20代の貯蓄額の平均は400万円の中盤くらいでした。私に言わせれば、20代で400万円以上が平均の貯金っていうのは、結構高くないか?と思います。しかし、中央値というのもあって、こちらの20代の貯金額の中央値は、より真ん中という概念に近いものみたいですが、約60万円くらいみたいです。この20代の貯金の平均や中央値は、恐らく男性も女性も両方含めているのでしょう。あと、学生も入っているかもしれません。平均だと、20代では貯金は500万円以上ないと多いとは言えないが、中央値だと20代では貯金が100万円以上あれば多いと言えるということになります。つまり、20代の人たちの中で、より一般的な貯金額に等しいのはこの60万円という数字になります。400万円台というのは、物凄い金持ち、貯金がありまくる人を含めているので、世間一般的な貯金額とは到底思えない人たちが平均を上げている状態です。でも、これを見ると分かりやすいですが、平均と中央値で全然数字が違うじゃないですか?ということはどういうことか?つまり、貯金を持っている人間と持っていない人間の格差が物凄い大きいということです。ちなみに20代で貯金なしという割合も多く、約3割が貯金ゼロです。この3割という数字もとても大きいように思いますね。貯金0という割合は他の世代でもそれなりにはいますが、20代で3割、30代だと25%ですから、やはり多いです。

 

若者世代がお金を持っていない傾向が強いというのは分かる気もしますが、20代、30代の人たちは年収もそこまで高くない可能性があります。手取りが20万円にも満たない人とかも結構いると思うんですよね。そういう人たちは確かに年収は低いかもしれないが、貯金はできますよね。やりくり次第では貯金ができるはずです。私は年収を上げるよりも、貯金を増やす方に全力を尽くしたほうが良いのではないか?と思うのです。というのも、貯金を増やす方が明らかに簡単だからです。月に1万円ずつでも貯金ができれば、年間で12万円増えてきます。増えるペースは人それぞれかもしれませんが、確実に増やすこと自体は可能じゃないですか?でも、年収を増やすのは現実的に大変ですよね。自分の匙加減や努力でどうにもならない問題でもありますから。だから、年収が上がるならば、それに越したことはないが、そちらを目指すのはなかなか難しいので、私はそういう人は貯金を増やす方に転換した方が良いと思います。貯金は自分の節約次第でどうにでもなりますよ。私も毎月の給料は変動があるため、ここを上げようとするのは大変だし、上がっても、また下がったりすることも十分考えられるので、心の平穏が保てない。上がって一喜したと思ったら、次月には一憂しているようなことがありますからね。だから、変動が少ない、かつ変動をコントロールできる貯金を増やす方に努めています。

 

銀行口座の残高を増やすとともに、日常的な買い物で生まれたお釣りの中から100円玉だけを貯金に回すという100円玉貯金もやっています。お陰で、100円玉が数えるのも面倒なくらい貯まってきました。こういう小さい努力でも長く続ければ、意外と貯まっているもんですよ。銀行口座の方も、数年前じゃとても想像できないくらいに貯金が増えてきました。お金は使うからこそ意味がある。だから、貯金をしてもあまり意味がないみたいなことを言う人もいるけど、貯金って結局保険として行うものじゃないですか?だから、だから、1000万円の貯金があったとしたら、1000万円を出して1000万円分の安心を買っているようなものだと思うのです。1000万円分の貯金ってどれだけか?というと、非常に難しいですけど、安心は大きいですよ。また、貯金の額によっては、もう仕事をしないという生き方も可能になります。どれだけ年収が高くても、貯金がほとんどないとこの選択がとれないわけです。もう仕事に疲れたからいい加減に辞めたいと思っている人は、一定程度の貯金があれば辞められえる。またはもっと軽い仕事に変えることができる。私自身も仕事したくないし、お金を稼ぐことに縛られるのも嫌で、貯金をしているという部分も少なからずありますよ。

 

2つの意味での安心ですね。お金が稼げなくなったときの安心の意味もあれば、自分からもう仕事刷るのやめたいというときに、その選択を比較的とりやすくなるという安心です。先ほど20代の貯金の平均や中央値を紹介しましたが、貯金の平均額はともかく、中央値は結構低いなという印象です。そして、20代や30代で貯金がない割合も結構高いなという印象がありますが、やはり年収よりも貯金にこだわる方が精神的な安心も生みますよ。ある時点での年収はそれが未来永劫続く前提ではないわけですから。今だけかもしれない。でも、貯金は上手くコントロールすれば、未来永劫続く可能性もあるし、むしろさらに増えていくことも多いでしょう。増えた貯金を元手に運用して、さらに収入や貯蓄額を増やすという手もありますし。年収にこだわるよりも、貯金にこだわった方が精神的に楽だなと思うわけです。変動が少ないですし、減る心配も少ないので。ちょっと別の話題になりますが、年収1000万円で貯金0の人と年収300万円で貯金700万円の人がいた場合、どちらを結婚相手に選ぶか?という質問では、年収300万円で貯金700万円の人を選んだ人が、年収1000万円で貯金0の人を選んだ人の2倍いたというニュースがありました。つまり、年収が高くても貯金がほとんどできない人は、結婚できないわけではないが、しづらい、選ばれづらい傾向にあるということです。だから、年収が低くて結婚できないと諦め気味の方は、貯金を頑張れた逆転できる可能性があるってことです。20代や30代の結婚適齢期の人で、年収が100万、200万、300万円台あたりの人は、貯金を頑張りましょう!20代30代で貯金なしだと、一気に結婚できない可能性も高まります。結婚だけじゃないです。貯金如何によって、人生がいろいろな意味で変わる可能性もあります。

 

 

 

あわせて読みたい記事