就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

介護業界の就職で面接における新卒、未経験の志望動機の考え方の例

【スポンサードリンク】

新卒の大学生やそれ以外の方でも、介護職に就く方はたくさんいます。介護業界は就職しやすいと言われている業界の1つではありますが、給料が安いこと、仕事が大変なこと、資格が必要になる場面もあることなどから、なかなか応募者が多くない、離職率が高いという、よく言われている現状はあるものの、それでも介護業界で働きたいと思っている方は多くいます。介護への就職の時点で新卒や未経験という方も多くいますし、介護業界で働きたいときには、新卒の未経験者でも面接対策をしていきますが、そのときにはやはり志望動機が大切になるでしょうか。介護の仕事を既に経験している方で転職をするならば、志望動機とかも考えやすいかもしれません。それは以前から介護の現場に携わってきたことそのものが志望動機になるからです。なぜ介護業界なのか?自分が今まで働いてきたから、それだけ力になれるというのが証明できますが、新卒などで介護業界が未経験だと、そういう流れで志望動機を作ることはできません。そこで、どういう話題を据えて、介護業界で働く志望動機を作るか?ということになります。個別の施設に対する志望動機も含まっていると、なお良いかと思いますが、未経験の方の場合には、どうして介護なのか?がはっきりしていないといけないのです。

 

介護に就職する際の新卒や未経験の方の志望動機としては、やはり過去に介護に関係した経験があれば、それが1番良いと思いますよ。介護業界で働いた経験がなくても、自分が誰かの介護をしたことがあるとか、介護の現場を直接見たことがあるとか、そういう介護の現場に自分が近づいた経験から、介護の社会的な役割、必要性などを実感した。だから、介護業界で働きたいというのは、比較的作りやすいものかもしれません。なんとなくしか知らない、上辺しか知らないような人よりは、介護を自分が実際に経験したとか、より身近に感じる瞬間があったとか、そういったより本質の部分に言及できる人の方が、説得力が増すと共に、あくまでも面接官とか、人事の立場からすると、印象の良い志望動機に見えるというのはあるでしょうね。そういう自分の体験から介護に対する思いを志望動機に記してみるというのも1つの方法になると思います。それ以外だと、介護そのものや高齢者と一緒に仕事をするのが好きということも志望動機に含めるのもありだと思います。自身の体験よりは弱くなってしまうかもしれませんが、興味があるから志望しているわけであって、興味をもったきっかけを当然聞かれえると思いますが、単純に仕事への興味を志望動機に据えるのも王道になると思います。

 

介護に応募してくる人のうち、志望動機に悩む、考え方がわからないという方は大半は新卒や経験なしの人たちだと思います。介護業界は、全般的に人が足りないので、採用のハードル自体はそんなに高くなく、他の業界と比べて厳選採用の傾向はそんなにないと思いますから、志望動機は志望動機で大切なものの、志望動機次第で合否が決まっているというのは、そんなにないかもしれないのです。つまり、志望動機の良し悪しで有能そうな人材を逃してしまってはもったいないという部分があるため、面接をしてみた結果、十分使えそうだとか、これからに期待できると思われれば、可能性は増すのではないでしょうか?他の業界も志望動機だけで決まっているわけではないものの、面接における志望動機はそれなりの比重を占めていると思われます。介護業界では面接などに志望動機を持って行って、そこで話して、ということになりますけど、人事としても納得できるようなものを話している人じゃないと採用しないとかしていると、元々そんなに供給人数が多い業界ではないだけに、採用者がほとんどいなくなってしまいます。

 

したがって、志望動機を含めて、面接をしてみて感じられる誠実さ、真面目さ、今後の成長性、潜在能力などで十分だと認められればそれなりに評価してもらえると思います。あと、採用する側も、介護に応募してくる人間が、全員それ自体に魅力を感じて応募してきてくれているとは思っていないのでは?と思いますよ。いろいろな事情によって、介護業界は相対的に選ばれづらい傾向にあるとともに、やっぱり採用倍率は低い傾向にあるのならば、巷で言われているように「介護なら就職しやすい」という言説が一応正しいものとなているのかもしれない。仕事っていうのは、介護業界だけに限らず、やりたいからやっているというよりは、仕方なくやっている面も強いので、当然介護業界に応募してくる人たちも、介護をやりたいとか、やりたくないとか以前に、仕事をやりたくないけど、仕方なくやらないといけないという事情に駆られている人は多いでしょう。そういう人が介護業界に応募してきたら、理由はなんとなく想像ができます。実際、そういう人であっても、真面目に仕事をこなしてくれるなら、ある程度採用していかないといけない事情を抱えた施設も多くあると思うので、採用する方としても、積極的に介護をやりたくて応募してきているという認識ではあまりない可能性があります。

 

そうなれば、志望動機自体がテンプレっぽくても、そこまで上手くなくても、熱意が感じられなくても、他の業界と比べたら、採用に必要なハードルは低い可能性も十分あるのではないか?と思います。志望動機だけじゃなくて、面接自体のハードルも低い可能性があるので、事前の準備事態は油断しないでやらないといけませんが、ちょっとは自信を持って挑んでほしいと思います。それが結果的に、面接官にとっても好印象に映ることもあるので、良い意味で楽にいけると、面接の結果もよくなるかもしれません。介護業界に新卒で経験なしで挑戦するときの志望動機の考え方は、参考にならないかもしれませんが、すでに紹介したのが一例です。別にそれ以外でも構いません。介護業界は経験あるならあった方が良いでしょうけど、若いうちから経験を積んでもらって成長してもらえればそれで良いと考えているところも多いと思うので、介護業界は未経験でも良いのではないか?と思います。経験ありの人はそんな問題ないかもしれませんが、介護が未経験の新卒の学生などは志望動機で苦労するかもしれませんが、介護業界で働くということを改めて考えてみましょう。あと、志望動機を考えるときに、介護業界への面接対策をすると思いますが、そのときにも一生働くかもしれない介護という仕事について理解深めた方が良いと思います。

 

 

 

だから職員が辞めていく 施設介護マネジメントの失敗に学ぶ [介護の本シリーズ]

だから職員が辞めていく 施設介護マネジメントの失敗に学ぶ [介護の本シリーズ]

  • 作者: 岡田耕一郎,岡田浩子
  • 出版社/メーカー: 環境新聞社
  • 発売日: 2008/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 43回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あわせて読みたい記事