読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

センター試験の国語は安定しない!時間が足りない、解く順番も運ゲーで正解はない?

【スポンサードリンク】

センター試験の中でも、文系であれば国語というのは、1つ関門になると思います。国公立の受験生は文系、理系問わず受験しないといけないと思いますし、私立文系でもセンター利用入試などでは受けると思いますが、現代文が2題、古文、漢文が1題ずつというのは、以前から変わっていません。何が問題か?っていうと、センター試験の国語は安定しない、運ゲーという声も聞こえます。ある意味、1番満点がとりづらい科目といっても良いかもしれません。満点をとるっていうのは、どの科目においても非常に難しいことですが、センター国語は満点はほぼ無理でしょうね。逆に勉強しなくても点数はそれなりにとれる科目でもあると思います。でも、平均点は毎年低いですよね。数年前には、センター試験の国語の平均点が100点を割ったことがあります。200点満点中ですから、平均が5割にもいきません。英語とかは120点前後くらい、社会科も60点前後くらいなので、平均は6割くらいになることが多いですが、センター試験の国語は難易度が一気に上がる年があるのです。

 

センター試験の国語の得点が安定しない理由、苦手な人が多い理由は、いくつかあると思いますが、時間が足りないというのがあります。現代文に時間をとられて、古文や漢文を解く時間がないという受験生が非常に多いように思います。大門4つで80分ですから、センター国語の難易度自体はそんなに高くないと思うんですよ。ただ、思った以上に時間が足りないので、大門4つを満足に解き切ることは非常に難しいです。同じくセンター試験の英語も時間が足りないと言われていますが、英語は訓練次第で、練習をすればなんとかなる気がします。私も最初は全然時間足りませんでしたが、本番までには一応満足にとき終われるようになりましたが、国語はさらに難しいと思うんですよね。しかも、すでに述べたように国語は問題の難易度が年度によって差があるので、難しい年に当たると、かなり時間を食ってしまい、どうしても満足に解けない問題が増えてしまう。特に現代文のうち評論の難易度が高いと、すごい時間がかかりますよ。だから、そういう意味でもセンター試験の国語は難易度の差による運ゲーはあるかもしれないです。でも、難易度の差はその年に受ける受験生はみんな平等なので、一緒ですけどね。

 

だから、受験生間に有利、不利は生まれづらいですが、年度によっては平均点が全然違うことがあるのです。そこで問題なのはセンター試験の国語を解く順番です。時間内に終わらないという方は、ある程度練習をしていく必要がありますけど、解く順番は1つ鍵になるかもしれません。といっても、これに関してももはや正解は存在しないのです。というのも、先ほど言った平均点が100点を下回った年に、ニコニコ動画ホリエモンがセンター国語を解いていて、時間がなくなったから古文はほとんど解けなかったらしく、勘でマークしたみたいなのです。しかし、解説をしていた先生が、この年に限っては古文の難易度が滅茶苦茶高く、古文を最後に回して、それ以外の相対的に易しい問題を優先的に解いた方が良かった。結果的にホリエモンの解く順番は正解だった。というような解説をしていました。これは結果論ですけど、古文を最後にやるのが良いという年もあったということです。でも、センター国語の解く順番って古文、漢文から先にやるみたいなことを言う人もいますよね。それが間違いというわけではないものの、こういう古文が難しい年には、古文は後回しにした方が良いというような事態もありえるので、そうなれば結局、どれを優先的に解くか?というのは、その年の問題の難易度にもよるのかもしれません。

 

そして、センター試験の国語の問題の難易度というのは、事前に分からないので、あらかじめ解く順番の作戦を立てるわけにもいかず、行き当たりばったりで対応するしかないのかもしれません。私は模試も本番も現代文から解いてましたけどね。私はそもそもセンター試験は漢文は1度も解いたことがありません。私が狙っていた大学は、センター利用も一般入試も漢文は出ないところだったので、模試のときから漢文は解かず、現代文と古文だけ解いていました。だから、センター試験の国語で時間が足りないと思ったことはありませんが、でも得点は安定しないです。模試とかの練習のときには現代文は7~8割くらいはとれていたかな?という感じでしたが、本番は6割弱くらいです。古文は元々大して勉強していないので、毎回点数はよくなかったですけどね。センター試験の対策はそこまでしていませんでしたし、センター利用で受けた大学というのは、本命クラスではなく、滑り止めクラスがほとんどでしたから、多少失敗しても出願した大学のうち多くは受かったは受かったんですけど。いや、私自身も経験しましたが、センター試験の国語は、特に現代文かな?は安定しないので、センター試験の場合には国語は得点源にしない方が良いと思います。まだセンター試験は英語の方が安定しやすいと思います。あとは社会科です。

 

センター試験の国語は練習のときと比べて、20点、30点くらい得点が変わることも普通にあると思いますから、それ以外の2科目を安定して取れるように、私立文系の人は対策を立てていくと良いでしょう。国公立大学を受ける人は、科目がたくさんあるので、国語で失敗しても他で取り返せれば良いやと思えれば良いと思います。センター試験の国語は年度ごとの難易度の差、そして時間が足りない問題が大きくのりかかってくるでしょう。現代文、古文、漢文を全部解いているのに、センター試験の国語で時間が余るという人はそうはいないと思います。5分、10分くらいはあるかもしれませんけど、多くの人はセンター試験の国語は時間が足りない、終わらないという悩みを抱えているのではないでしょうか?私みたいに全部解かない人間は関係ありませんけど。センター試験の国語は安定しない前提で受ける。悪問も多いとされているのがセンター試験の国語なので、得点源として期待しないで、英語と社会科で点数が安定するように努めていくと、全体でも安定した点数になりやすいですから、センター国語は安定しないのが当然と思った方が良い、そのうえで全体を安定させるには?を考えた方が良いと思いますよ。

 

 

改訂版 センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本

改訂版 センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本

 
センター試験マル秘裏ワザ大全 国語 2016年度版

センター試験マル秘裏ワザ大全 国語 2016年度版

 

 

あわせて読みたい記事