読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東京都市大学のキャンパスの雰囲気や学生の授業や就職状況に関する評判

受験勉強、大学の選び方
【スポンサードリンク】

東京都市大学って言ってもピンとこないかもしれませんが、武蔵工業大学っていうと、ああ!っていう人もいるかもしれませんね。ちょっと前までは武蔵工業大学として、理工系の専門的な大学って印象でしたが、今は大学名も変わって、文系学部も増えて、理系の大学という印象はあまり感じられません。東京都市大学武蔵工業大学時代に、私はキャンパスに行ったことがあります。横浜キャンパスの方ですね。資格試験を受験するときの会場で行ったこともありますし、高校生のときに代ゼミの模試を受けに行くときにも受験会場だったことがあります。私は何の縁もありませんが、キャンパスには何度か行ったことがあるので、全く馴染みがないわけではないのです。横浜キャンパスは横浜市都筑区になると思いますが、ちょうど港北ニュータウンと呼ばれている商業施設に近い場所にあります。比較的開発が進んでいて、百貨店や住宅街などが多く連なっていて、過ごしやすそうな場所ですね。栄えている場所ではあるものの、都会とはちょっと雰囲気が違うような気もします。横浜市らしさが出ている感じでしょうか。そんな場所にキャンパスがあって、東京都市大学環境情報学部、環境学部、メディア情報学部の学生はこの横浜キャンパスで学びます。

 

東京都市大学の横浜キャンパスはどういった雰囲気か?というと、横浜市の中心街とも呼べる地域にあると思いますが、比較的静かで落ち着いている印象です。繁華街というような場所ではないですから、車や人通りはある程度多いですけど、騒がしい印象はそこまでないです。本当に回りは住宅街という感じの場所ですから、勉強をする環境としては、結構良い感じの場所にあるのではないでしょうか?しかし問題があるとすれば、遊ぶ場所があまりないってことですかね?暇な時間や授業が終わった後に付近にそれっぽい場所があまりないわけではないですが、横浜市営地下鉄ブルーライングリーンライン横浜駅とか、桜木町などの街に行くことができれば、大分環境も変わるでしょう。ちょっと時間がかかりますけど、このあたりで1番大きな駅といえば、やはり横浜駅か、桜木町駅でしょう。大学のキャンパスの雰囲気だと、どちらかというと買い物に適した場所は多くあるものの、遊ぶ場所というと、そんなに多くなかった印象ですね。それでも建物や敷地内は綺麗ですし、東京都市大学の横浜キャンパスは雰囲気は結構良いと思います。

 

あとは等々力や世田谷キャンパスというのがありますね。等々力キャンパスと世田谷キャンパスは地理的にはかなり近いです。というか、東急大井町線の隣の駅です。世田谷キャンパスは尾山台駅、等々力キャンパスは等々力駅になりますから、歩いて行けます。この2つのキャンパスはかなり距離が近いです。横浜キャンパスとはやや雰囲気が違いますね。どちらかというと、この2つの駅は昔ながらの商店街のような街です。商店が多く建ち並んでいますし、踏み切りとかもあって、都内ではありますが、都心とはまた違った雰囲気ですね。大井町線を使うと、自由が丘駅が近いのも特徴です。尾山台駅から2駅ですね。頑張れば電車を使わないで、歩いて行けますよ。徒歩20分くらいかければ行けるのではないでしょうか?自由が丘はこのあたりでは1番大きな駅ですね。東横線への乗り入れもできますし、デパートとかカフェとか、レストランとか、飲食店、商業施設も並んでいます。とても素敵な街で過ごしやすいと思います。東京都市大学のこの2つのキャンパスの場合には自由が丘が1つ大きな街になるでしょうね。あとは東横線を使って渋谷、代官山、中目黒なども割と近いので、遊ぶ場所は確保できそうですね。

 

東京都市大学に通っている学生の評判としても、この2つのキャンパスは自由が丘と渋谷に近いという点を評価している人もいますし、立地はあまりよくないように見えて、割と良いのかもしれないです。反対方向に大井町線を行けば、二子玉川もありますし、ここも最近開発されていて、とても便利になっています。あとはキャンパスによっては順次校舎が新しく建て替えられてきており、綺麗なところで学べることについて嬉しく感じている人もいるでしょう。授業の内容については、それぞれ違った特徴を持っているため何とも言えませんが、真剣に分かりやすく教えてもらえる教授もいれば、そうじゃない人もいるというのは、どこの大学も一緒かもしれません。そして、東京都市大学の評判としては就職に関するものもあります。理系の学部が多いせいもあるかもしれませんが、比較的就職は良いとされているのです。大学院に進学する人も多くいますけど、武蔵工業大学時代から伝統のある大学なので、企業からの信頼も厚いのでしょう。理系大学の中では就職に関する評判を結構聞きますし、割と評価されているところではないでしょうか?普通に東京都市大学からの就職先として大企業なども挙がっています。

 

東京都市大学の就職先に関しては、文系学部と理系学部でまた違うのかもしれませんが、東京都市大学は特に理系学部は、ある程度企業からの評判が良いと思うんですよ。東京都市大学では、これは文系、理系は関係ないと思いますけど、エントリーシートや面接の対策に力を入れていて、添削や指導をしてくれる、そういった部分もあるということが在学生から言われています。結構1人1人に時間や手間を割いてくれるような雰囲気がこの大学にはあるので、割と就職に関する面倒見は良いようです。というのも、東京都市大学は学部の数は普通くらいなのに、キャンパスが3つ、4つくらいあるわけです。だから、1つのキャンパスに学部は2個か3個くらいしかないので、学生の数もそれぞれのキャンパス1つあたりの数としては多くないため、そこで働いている職員が1人1人に十分対応していける余地があるということなのでしょう。1キャンパスあたりの学生数が多くなければ、そういう面倒見が良い部分というのもありますから。したがって、結局は自分でも頑張らないといけないものの、東京都市大学の就職課に関する評判は割と良くて、就職実績や就職率に関しても良いと。特に理系は。そういった意味では、東京都市大学は非常に就職先、就職状況にも期待が持てるのではないでしょうか?

 

 東京都市大学を目指している、興味のある方は「リクナビ進学」を見てみると良いかもしれません。ここは多くの受験生にとって有益な資料請求ができるサイトで、東京都市大学に関しての入試情報が載っています。学部ごと、入試方式や日程ごとの科目、配点、募集人数などが細かく掲載されており、過去の入試に関するデータも記載されている可能性があります。また、東京都市大学に入学したらどういうキャンパスライフを送るのか?が想像できるような内容も含まれているかもしれません。東京都市大学ではどういう4年間を過ごすことになるのか?大学での授業、ゼミ、サークル、卒業後の進路などに関して、東京都市大学の学生としてキャンパスライフを送る魅力がわかる内容も含まれている可能性があります。それによって、今まで以上に東京都市大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。リクナビ進学のトップページの検索窓から「東京都市大学」と検索して、「パンフをもらう」のリンクから住所や名前などを記入して送信すると自宅に届きます。無料でもらえるものですから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

東京都市大学 (2016年版大学入試シリーズ)

東京都市大学 (2016年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事