読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

ボーナスはあるだけマシ?何に使う?使い道として20代、30代で多いのは?

働くことへの意識
【スポンサードリンク】

サラリーマンは臨時収入という形でボーナスが手に入ると思いますが、それが支給される会社は昔よりも減ってきていますし、もらえても金額自体も減少傾向にある感じがします。ボーナスは臨時とは言っても、ほとんど定期的という感じに近いです。6月、12月にだいたい支給されるケースが多いです。別にボーナスは支給根拠がないので、払わない会社がいても良いのですが、多くが貰っている現実があると、もらえない会社にいる人間は何だか損した気分になるというか、何でもらえないのか?うちの会社はくれないのか?という気分になるかもしれませんが、あげる、あげないは会社が自由に決められてしまうのです。したがって、ボーナスが出る会社はある意味日本で言えば恵まれている方なのかもしれません。そして、そのお金をどう使っていくか?何に使うか?というボーナスの使い道にまた悩む人もいるのではないでしょうか?ボーナスを貯金に回すという方も多いですよね。普段の給料で全然貯金ができないから、ボーナスは貯金に全部、またはほとんど回そうと思っている人も多くいると思います。かなり堅実な考え方ということが言えるのではないでしょうか?そういう人は昔よりは間違いなく増えてきたと思いますね。

 

ボーナスって結構まとまったお金が手に入るので、普段から貯金する意識があまりない人は割とボーナスもそのまま使ってしまう傾向にあるかもしれませんが、貯金への意識が働いている人はボーナスも全部貯金か、全部は貯金に回さなくても、ある程度は貯金に回す人が多いと思います。別にどちらの使い道でも構わないと思いますけど、結構分かれやすいのです。ボーナスの使い道として多いのはやはり車です。これも車を買えるだけの金額をもらえているケースでそういう使い方をしている人がいるというだけで、たいていの会社はそのお金で車を買おうと思えるほど、多くの金額をもらえていないのではないか?と思います。ボーナスで全部買おうとせずに、ボーナスを車の購入費用の一部にするという方法もありますけどね。ただ、ボーナスがもらえる6月と12月のあたりには車の購入件数が一気に増えるらしいのです。この時期にに増えるっていうのは、やはりボーナスとの相関関係があると言えると思うので、世の中の人は、結構高いものを買っているんですね。車を買うってことは、恐らくボーナスはその費用だけで全部使ってしまうということですよね。そういう贅沢の使い方も羨ましいですけど。

 

でも、ボーナスの使い道だと独身の人と既婚者ではまた違うのかもしれません。結婚をしていると、自分のためだけには使いづらいですし、そもそも貯金というのもしづらいかもしれないのです。奥さんが貯金志向があれば良いですけど、真逆の性格をしていると、貯金なんて言い出すとケチ臭いとか言われそうですから。自分はボーナスを貯金に回したいが、奥さんはある程度使いたいと思っている。そんなケースも普通にありそうで、結婚をしている家庭は本当にお金の使い方もまた揉めるかもしれません。こういうときに共働きだと結構スムーズにいきやすいから良いと思うのです。2人がそれぞれの財布を持つようにすれば、それぞれのボーナスはそれぞれで使い道を決めて良いと思いますし、何を買うか?貯金をするか?というのも比較的自由ですから。夫婦だと食事に使ったり、それぞれ欲しいものを買ったりするケースも多そうです。パーッと使うケースでも、普段買えないようなものをお互い買っている可能性も高そうですし、奥さんだとバッグ、財布、洋服、旅行費用などでしょうか?逆に旦那さんは仕事で忙しくて何かに使っている暇がないというケースや欲しいものもないケースもありそうです。パーッと使うケースでは、先ほど言ったように車が多い気がします。あとは社会人としてのマストアイテムを買ったり、飲み代に使ったりと、少しずつ使っていく派もいそうですね。

 

ちなみに私であればほぼ100%貯金でしょうね。毎月の給料もほとんどは貯金に回すと思いますけど、ボーナスに関しても仮にもらえるならば、ほとんど貯金をすると思います。あえて買わないといけないものもなければ、欲しいものもほとんどないので、ボーナスの使い道がないのであれば、何のためのにボーナス貰っているのか?って話ですけど、でも、もらえるものならば貰うでしょう。貯金に意味がないわけじゃないですから。現実的にボーナスが出ない、もらえない会社に勤めている人も実は多くいますから、そういう人からしたら、ボーナスがあるだけマシという気もするでしょう。ボーナスがもらえない会社の人は、使い道以前の問題ですが、使い道に悩めるだけマシと思っている人も多そうです。ボーナスを何に使うか?なんていうのは、ある意味サラリーマンだけの特権ですからね。サラリーマンの中でもボーナスが出ない人はいますが、サラリーマン以外であれば、まずボーナスは支給されないと思います。

 

今までは私の想像ですが、現実的には20代のボーナスの使い道の1位は貯金、2位は生活費となっています。1位はやっぱりって感じかもしれませんけど、2位も生活費ってことで、毎月の給料と変わらないですよね。やっぱり何か高いものを買うとか、贅沢をするって方は少ないということでしょう。何か物を買う人の中には車や家電、食事などたまにしかできない贅沢をボーナスで行うという人もいそうです。ちなみに30代のボーナスの使い道は1位生活費、2位が借金(ローン返済)となっており、1位は20代と同じ傾向ですね。2位は家や車のローンってことかもしれません。ちなみに女性になると、ボーナスの使い道は20代、30代で旅行が入ってきます。女性ならではの使い道ということでしょうか。ボーナスの使い道のランキングで上位に貯金や生活費が占められている現状を見ると、やっぱり景気はよくならないなと実感できるのではないでしょうか?ボーナスで何を買う?というときに、やっぱり贅沢品や高いものを購入する心理的ハードルが将来への不安から高くなっているような状況ではないでしょうか?ボーナスの使い道としては20代、30代ではある程度予想通りの結果だったかもしれませんが、昔とは違うんだなという感じがとてもしています。記念に何かを残す人もいるでしょうけど、ボーナスは何に使う?というときには、多くは現実的に将来のためのお金、または今必要な金として利用しているケースが多いということですね。ボーナスの使い道も独身と既婚者ではまた違うんでしょうけど、どちらでもボーナスは何に使うか?使い道としては貯金や生活費という回答は上位にくる時代なのでしょう。

 

 

使えば使うほどお金が増えるお金の使い方

使えば使うほどお金が増えるお金の使い方

 

 

あわせて読みたい記事