読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

苦手な人向け?センター試験から難関大学のレベルの古文単語帳でおすすめは?

受験勉強、大学の選び方
【スポンサードリンク】

大学受験においては古文単語を覚えないといけないという受験生も多くいます。文系は特にそうですが、理系の受験生であっても、国公立大学を受けるときには、センター試験などで古文も解かないといけないでしょうから。古文は勉強の仕方が難しい科目だと思いますが、何よりも英語と一緒で単語を覚えないと話しにならない面も多いです。単語の意味が分からないと、そもそも文章を読んでもさっぱり分からないのです。単語だけやっても意味がまだ分からない箇所は多いでしょう。解釈の仕方は経験や慣れ、文法に関する知識もないと、なかなか上手くいかないことが多いと思いますから。単語はどれくらい覚えれば良いのか?というのは難しいですが、英語に比べたら全然少ないでしょう。1つの単語帳をとってみても、英語は1500~2000語くらい載っていますが、古文単語はせいぜい500~600くらいです。こちらは元々日本語なので、理解も早いと思うんですよね。古文は苦手な人も多いですし、できない人も多いので単語帳選びも1つポイントになると思います。古文単語は漢字で覚えたり、語呂で覚えたり、普通に覚えたり、いろいろな方法がありますが、結局は単語帳を使うことになるはずです。古文単語帳でセンター試験から難関大学まで使えるものでおすすめのものを集めてみました。

 

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

 

 

古文単語帳の中では、恐らく収録単語数はトップクラスだと思います。私もちょっと使っていましたが、古文単語は覚えづらいですからね。でも、語彙力がある程度ないと太刀打ちできない点も多いので、そういった意味では600語程度入っているのが、本書になりますから、1つオススメできると思います。古文単語帳としてはセンター、難関大学のレベルでもおすすめです。古文ではかなり有名な富井先生の参考書ということも、信頼を担保できる点になるかもしれません。単語はどれくらい覚えたら良いのか?というのは、何ともいえないのです。200とか300で点数とれる人もいますが、結構覚えてもとれない人もいますから。だから、語彙力だけでは太刀打ちできませんが、語威力がないとそもそもどうにもならないのが古文です。でも、単語は多く覚えておいて損はないはずです。だから、多く覚えておいた方が役に立つこともあるでしょうし、古文があまり得意じゃない方にとっては、文法と一緒に本書のようなかなり収録数の多い古文単語帳を使うと良いかもしれないのです。おすすめの古文単語帳の1つになるでしょう。

 

古文単語ゴロゴ

古文単語ゴロゴ

 

そして、これは受験の古文単語帳としては昔人気の一冊ですね。語呂で古文単語を覚えることには賛否両論あります。ただ、古文単語帳ではセンターから難関大学のレベルまで幅広く使えるでしょう。私はこれは使っていませんでしたが、当時使っている人は周りに結構いました。古文単語帳はそんなに選択肢が無いので、かぶりやしすいんですけどね。565くらい単語が載っていたと思いますが、語呂で覚えるのに向いている人もいるかもしれません。だから、向き、不向きが結構はっきりと分かれると思います。普通に古文単語を覚えようとしてもなかなか頭に入らないという方もいると思うので、そういった方にこそ、特におすすめしたい単語帳になります。このゴロゴ(565)は載っている単語数も申し分ないですし、評判も高く、どの大学を狙うにしても使える一冊だと思いますが、普通に単語を覚えていけるような人、そっちの方が早いという方は、別の古文単語帳を使った方が良いと思います。でも、面白く古文単語を覚えられる、勉強できる、ユニークな参考書ですよね。だから、ゴロゴ(565)は受験生からも評判が良いんだと思います。古文単語帳の中では癖のある一冊なので、合う人には本当におすすめだと思います。

 

そして、こちらは東進の予備校で講師をしている、今もしているのかな? 分かりませんが、有名な古文の講師の荻野さんが書いた古文単語帳です。マドンナ古文は別の古文の参考書も人気ですが、こちらの単語帳も多くの受験生が使っています。個人的には230個という語数がどうも少ないんじゃないか?という気がしてしまうのですが、ここに書いてある単語を基礎にして、問題などを解いて、その都度新たな古文単語、知らない古文単語が出てきたら、それを1つ1つ覚えていく意識でいくと良いと思います。古文単語帳のレベルとしては人気ですし、おすすめの一冊ではありますが、どこのレベルまで通用するか?は未知数です。恐らく載っている単語は、古文の読解問題に欠かせない、絶対に必要なモノが揃っているはずなので、質としては問題ないかもしれませんが、すでに紹介した古文単語FORMULAやゴロ後(565)と比べると、マドンナ古文単語は載っている単語の数がやや少ないと感じるので、その点がどうかな?という感じです。でも、これを使っている方はかなり多くいるんですよね。収録数が少ないので、より早く一周できるってことは古文が苦手な人向けの古文単語帳としておすすめなのかもしれません。

 

速読古文単語[改訂版]

速読古文単語[改訂版]

 

 

これは直接目にしたことは無いので、なんとも言えないのですが、速読英単語や速読英熟語は受験生から評判が良いですよね。それも古文単語バージョンなので、どうなのか?というのは、非常に気になるところでもあります。速読英熟語は、私も使っていましたが、結構良かったです。熟語に関する参考書の中では1番かな?と思います。見やすいし、使いやすいし、非常にタメになったと思います。Z会の参考書や問題集って、結構評判が割れやすいものもあったりするので、この速読古文単語もどうなのか?は気になります。古文単語帳自体が、あまり数がないので、バリエーションのない中から、もしかしたらこれが合うという人もいるかもしれません。Amazonのレビューを見ると、評価は結構高いですが、初心者とか、初学者用としては良いといったことが書いてあるので、古文を得意にしたい人にはあまり向かないかもしれませんが、古文が苦手な人向けの古文単語帳で、古文を語彙力から克服したいという方にこそ、古文があまりできない人にこそおすすめしたい古文単語帳かもしれません。センター試験用の古文の単語帳としては結構使えるかもしれないですね。

 

 

古文はセンター試験や私立大学の一般入試でも必要になる科目です。配点は少ないものの、全くできないのは厳しいでしょう。最近は有名私立大学でも漢文どころか、古文も課さない大学や学部が増えてきているので、現代文だけでも、古文をやらなくても受験できるケースは多いですが、古文をやっておいた方が選択肢は広がります。そのときには古文単語帳は1冊は持っておいた方が良いでしょう。おすすめの古文単語帳として紹介したものの中でも、それ以外でも構いませんが、1冊は買って、それを何週もしていくと自然と覚えられると思いますから、是非古文の勉強の際には、まずは古文単語を覚えておいていってほしいと思います。古文が苦手な人も、古文単語をできるだけ覚えて、文法を勉強していき、後は練習を積んでいくと、少しずつ解ける問題が増えていくと思いますから。これから頑張っていきましょう。古文が苦手な人は古文単語を覚えながらも、以下のような基礎をつける参考書、特に古典文法の基礎から理解できる参考書なども同時に使っていけると、点数が上がっていくのではないでしょうか?

 

 

あわせて読みたい記事