読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

学生服や会社でのスーツなどの制服の必要性って?いらない!必要ない!と思う理由

【スポンサードリンク】

学校や会社で制服はなぜ必要なのでしょうか?必要ないという意見もあります。私は会社員のスーツなどの制服や学校の学生服はいらない、必要ないと感じてします。それは論理的な理屈で、制服や学生服の必要性を説明できないからです。学校や会社ではみんな制服を着ている。全員ではないし、私服OKの学校や会社も増えてきたと思うが、個人的には制服は好きじゃない。1番の理由は見た目がダサいから。格好良いと思える制服を見たことがない。それは制服のバリエーションがほぼ決まっているからでしょうね。高校までであれば、どの学校も型はほぼ決まっている。あとは色とかを変えるのみであって、違いがほとんどない。学校の制服はどこの学校の生徒か?見分けるために必要なんだという意見があるが、もし本当にそれが理由ならば、あんなにかぶりやすい狭いバリエーションの中で制服が展開されている意味が分からない。例えば、中学や高校ならば男子生徒はブレザーや学ランのほぼ2つだ。後は色を変えるくらいだけど、使われている色も黒や紺色など、だいたい相場が決まっている。どこの高校か?見分けたいならば赤とかも使えば良いのに、全く見ない。学生服なんていうのはバリエーションがあまりにも狭すぎるので、どこの学校の生徒か?なんて一目見ただけで見分けられるケースなんてほとんどないと思う。そもそも、どこの生徒か?を見分けないといけないケースがいつあるの?どんなときに必要なの?

 

そして、その学校の生徒であるという自覚を持たせるという意味合いも学生服にあると聞きますが、それをもはや制服で表現しないといけない理由もなければ、その学校の制服を着ていて、そんな自覚は生まれるのだろうか?逆に私服でそれが生まれないか?というと、生まれると思いますけどね。大学は私服でしたけど、今でも母校のことは好きですよ。そもそも制服を学校に属していることの自覚と見るならば、制服を脱いだ後は、どこの学校出身か?なんてどうでも良いってことになるがね。モノに頼らないと生まれない愛校心なんてのはただの見かけ上のものであり、中身を伴っていない。本当に愛校心は教育や学校のあり方から作って生徒らに芽生えさせるもので、学校側が強制させるものじゃないだろう。何かやり方が北朝鮮みたいだな。あとは社会規範や規律を守らせるため。という言い方もある。しかし、よくよく考えてみるとこれは変だ。すでに存在している法律やルールを守れというのは分かる。それは守る必要性があるから。しかし、制服を着ないといけないというルールや法律もそもそも存在しないわけ。

 

つまり、法律などのルールを守らないといけないのは必要性や根拠自体が存在しているから仕方ないとしても、学校で制服を着ろというのは、それをやる必要性をがない。社会規範や規律を守る必要性を別途教えれば良いだけであり、制服を着させないといけない理由がないし、それを着させたところで、結局嫌々着ている人間からすれば、社会規範や規律を守ろうなんて気にはなれない。そして、さらにおかしいと思うのは、制服を着ることで、他人への迷惑を鑑み、自分を統制することができるとかいう、どういう理屈なのか?意味不明な意見があります。そもそもどういうメカニズムで、統制ができるのか?もよく分かりませんが、仮にそれが本当だとするならばね、じゃあ大人も制服を着るべきでしょう?ということになりますよ。学校を卒業すると、OLうらいしか制服を着ている人はいない。スーツが制服に当たるか?どうかは微妙だ。色やデザインはある程度自由に選べる点が学校の制服の概念とはちょっと違うため。それでも、スーツを着ているサラリーマンも休日はもちろん着ないわけだから、そのときには自分を統制できなくなるって話になってしまう。それが問題で制服を着させるというならば、当然休日だって制服を着るべきだ。というか、国民がみんな同じ制服を着るのが理想になってしまう。

 

実際、この意見を言っている人も、日頃から制服なんかほとんど着ていないだろうから、この人は自己統制ができなくなることを問題視しているのに、その問題視している行動を自分がとっていることになる。自己統制できなことが問題で、制服を着るとそれを解決できるならば、この人はずっと制服を着たまま生活すべきだろうに。些か説得力がない気がします。そもそも、この論理自体がただの想像にしか思えないけど。学校や会社での制服の必要性はどうなのか?個人的にはいらないと思っています。学生服もスーツもいらない、必要ないと思っています。特に意味不明なのは、学校や会社側が指定している服装なのに、なぜかお金を出すのは学校や会社じゃないっていうね。100歩譲って、私立の高校以上と会社は良いとしよう。そこに通ったり、入社したのは自分の意思だから。しかし、義務教育の小学校、中学校で公立のところはそこに通わないといけないという風に決められてしまう。選択の余地もないし、建前上は通わないといけないし、現実的にも通わないとまともな人生が送れない。私立の中には私服の学校もあるし、会社でも私服勤務のところが増えてきました。そういうところは問題児や問題社員ばかり発生しているんですかね?そんなデータがあれば別ですけど、私はないように思うのですが。もはや制服を着させる効果っていうのも、オカルト的なものにしか思えてきません。

 

 

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

 

 

あわせて読みたい記事