就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

文系の大学院は年齢が原因で就職できない?不利になる?決まらない理由ではなく就職しにくい理由でしかない

【スポンサードリンク】

大学院に進んでしまうと就職には不利ということが言われることもあります。これは主に文系の場合でしょうか?理系の場合にはむしろ大学院まで行かないと不利と言われることさえあるように思いますが。しかし、どうして文系は大学院まで行くと就職に不利になるのでしょうか?現実的に文系の院卒者は就職に不利というデータもあるみたいですけど、何か因果関係があるんですかね?1番の理由は大学院は年齢が就職の問題として存在していることでしょうか?理系の場合には大学院まで行く人が多いので、学部卒の人はそんなに多数派とまではいかないのではないか?と思います。だから、そういった点からも理系の大学院は就職において不利になりづらい、研究内容がそのまま業務に直結する部分も多く、それによってむしろ高評価を受けることすらあるのかもしれないです。しかし、文系は傍から見れば、ただ年齢を重ねただけにしか見えない場合もあります。

 

大学院は院で学ぶことが会社での業務との関連が薄いことから、院で学ぶ意味が就職においてはほとんどないと判断されることは多々あると思います。しかし、学部卒の人間と比べて年齢は2つ上になるわけですよね。年齢が上がれば上がるだけ就職が不利になるという風潮のものでは、まさに大学院は就職できないとまでは言わないが、就職しづらいという状況は言えそうです。とはいっても、これは外面的な要因であって、もっと根本的な理由があると思います。大学院で就職できない人は別の理由の方が大きいでしょう。今言ったのは、あくまでも文系の大学院が就職しづらい理由であって、就職できない理由ではないからです。文系の大学院が就職できない理由があるとすれば、それは学部卒の人と共通していることかもしれない。それこそコミュニケーション能力の欠如とか、挙げてしまえばいくらでもあるかもしれないけど、その人自身に起因する理由っていうのが、作用しているのではないか?と思うのです。だから、大学院とか関係なくて生まれている理由があると思うのです。その理由が存在する限り、文系の大学院で就職できない人は、学部卒であっても厳しかった可能性があるのでしょう。

 

文系の大学院が就職に不利というのはその通りだと思うが、事実上不利を被っているだけならば、その人はいずれは就職できるんじゃないか?と思うのです。そういう人は学部卒ならばもっと早く就職できたかもしれない。それは不利を受けているだけであって、就職できないという致命的な問題を抱えているわけではないから。しかし、学部卒の人間にももちろんいるけど、面接で話せないとか、就職活動ではかなり厳しいと思われる人が、当然文系の大学院卒の人間にもいるはずで、そういう人は大学院という不利もありながら、就職活動におけるかなり大きな弱点を背負っていることになり、それが相当影響していると思います。だから、学部卒の中にも就職できない人はいるけど、文系の大学院卒の中にも就職できない人はいる。そして、その大学院で就職できない人の中には、理由が大学院まで進んだことではないという人が一定割合いると思うのです。文系の大学院で就職に失敗する人は、その弱点の部分を克服しない限りは厳しい現状は続くということになると思うのです。それは自分でも薄々気付いている人もいるかと思うのですが、大学院に進んでも、進まなくても、就職できない人の原因はだいたい共通していると思いますから、そこがボトルネックになっている人は数多くいると思いますよ。

 

理系の場合はそういうところは寛容というか、文系の就職と比べてコミュニケーション能力とかはそこまで重要視されない印象です。理系は営業とかやらないですからね。だから、理系の大学院は就職が決まらない原因があるとすれば、また別のところになるかもしれない。文系の大学院で就職が決まらないとなると、結局は原因に気付けるか?どうかだと思うんですよ。文系の大学院が就職しにくいのは事実だが、先ほども言ったように、だからといって就職が不可能なわけじゃない。不利を受けるだけであって、文系の大学院が就職できないまではいかないのです。でも、文系の大学院は就職しにくいという点に意識がいき過ぎると、自分が就職できない理由は院まで進んだことなんじゃないか?という見方をしてしまうかもしれないのです。その見方は3割くらいは当たっていると思うけど、就職できない根本的な理由ではないのです。結局、文系の大学院は年齢が問題なわけだから、年齢相応の実力というか、期待を持たせる人材じゃないと評価されづらいということが言えると思います。つまり、面接などで文系の大学院の年齢に見合った言動をしないと、採用されづらいということです。

 

文系の大学院で就職が決まらない人は自分自身の面接風景とか、エントリーシートとかを第3者に見てもらって評価してもらうと良いかもしれないです。そして、適切なアドバイスを貰うことができれば、少しでも内定に前進できるのではないでしょうか?文系の大学院は就職できる気がしないという人もいるかもしれないが、それは不利な要素であって、就職できない要素ではないので、諦めるのは早いでしょう。文系の大学院では就職できる気がしないと思い込むと、それが影響してきますからね。文系の大学院の年齢のハンデを吹き飛ばせるような人材だと企業に認められるような努力をすることが1番就職するために重要なことで、それを達成するにはすでに述べたように第3者に面接やエントリーシートを見てもらって、アドバイスをしてもらうと良いのではないでしょうか?それはできる対策の1つであって、それ以外にもあるんだろうし、それでどこまで状況が好転するか?は分からないが、大学院に進学したという目に見える理由のみに注目するのは少なくとも正しくはないと思います。いろいろな可能性に目を向けたほうが良いと思うのです。

 

面接ではウソをつけ (星海社新書)

面接ではウソをつけ (星海社新書)

 

 

あわせて読みたい記事