就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活など履歴書の写真の有効期限はいつまで?何年前まで?使い回しの是非について

【スポンサードリンク】

就職活動やアルバイトで使う写真というのは、あまり昔のものを使わないようにと言われています。調べてみると、3~6ヶ月以内に撮ったものが良いと言われているみたいだが、さらに言うとその期限内に収まっていても、髪型や髪色が変わっているならば、それは使うのは相応しくないと言われているみたいです。つまり、何かしら写真と今の自分の顔に変化があるとダメっていうことみたいですね。それはどうなんでしょうね?そこまで気にします?企業は。髪の色はともかく、髪型が違うと別人に見えることはあります。そこまでの大きな変化ならば写真の人物は本当にあなたなの?と思われるかもしれないが、そこまでいかない微々たるケースならば、そんなに厳しくする必要あるかな?という気もします。履歴書に使う写真は何年前のものまで良いのか?とか、履歴書の写真の有効期限はというのは先ほど言ったように3~6ヶ月というのが定説ではあるみたいだが、別の基準で言うならば、顔が変わらない程度ならばOKとも言えてしまいそうです。顔が本人だと写真と相違ないと識別できるならば、履歴書の写真の役割は果たしていますからね。

 

あと、履歴書の写真の問題でいうと使い回しというのもありますね。履歴書の写真の使い回しっていうのは過去に別の履歴書とかに使った写真を再度使うということです。これに関しては私は悪くないと思います。少なくとも、受かりたいならばやめた方が良いとは言えるかもしれないが、それ自体がよくない行為ではない。普通に考えてああいった写真って1回使っただけでボロボロになるわけじゃない。綺麗に剥がせば、とても津か回したようには見えないと思う。履歴書の写真を使い回したということがバレると確かに不利になるとは言えなくはないものの、バレるケースってそうはないと思いますけどね。それに使い回さないで落ちた企業の履歴書に使った写真は捨てないといけないとなると、すげーもったいない気もします。実際、就職活動とかってお金がかなりかかるし、証明写真などのお金もかなり負担になることもあります。アルバイトの履歴書の写真でも同様で使い回さないと財政的に厳しいって人はいますよね。履歴書の写真を使いまわしてはいけないという法律はないので、バレて不利になるかもしれないリスクを背負うならばその人の勝手ということになるでしょう。バレるケースもそうはないと思いますけど。だから、本人の意思の問題ということになってしまいます。

 

ただ、履歴書の写真を使い回すとさっきの問題も出てきます。それは履歴書の写真の有効期限の問題です。履歴書の写真はいつまでのものなら良いのか?というのは3~6ヶ月程度とされているが、何度も使い回すとそれを超えることも十分ある。そうなると、履歴書の写真を使い回しをすると現実問題として履歴書の写真の有効期限を越えてしまっても不思議ではない。ただ、この3~6ヶ月っていうのも、正解とかルールになっているわけではなく、そう主張する人が多いというだけの話なので、守らないといけないものか?っていうとまた難しい問題です。可能性として、履歴書の写真の有効期限をそこに設定している企業が多いかもしれないということは言えますけどね。履歴書の写真はいつまでのものがOKなのか?っていうのは、人によって変わってくると思います。そうなると、企業の人事でも認識は変わりそう。さすがに履歴書の写真を何年前までOKと認識している人事はいないと思うので、1年以上前のものは人事としてもNGじゃないのか?と思われますが。そこまでいかないくらいのものだと履歴書の写真はいつまでのものがOKなのか?というのは何とも言えないかもしれません。先ほども言ったように撮影してから長い期間が経っていても、顔が写真と変わっていなければ、その結構前に撮った写真を使ってはいけないと否定する理由もあまりないですからね。

 

就活をするときに欠かせないナビサイトですが、どういった基準で選んでいるのでしょうか?無意識に選んでいる人が多いかもしれませんが、無意識に誰もが知っている有名なナビサイトなら大丈夫だろうと思ってしまうと、それはあるリスクを抱えていることになりますから知っておいてほしいです。それは誰もが知っている有名なナビサイトは就活生の多くが使っているので安心感はあるものの、特定のサイトに多くの就活生が集中しているという状況が起きているわけです。それはつまり、その特定のサイトからエントリーをしている就活生が大量に存在するので、そのナビサイトからの会社に対するエントリーの総数はとんでもない量になるということが言えます。今は1人につき何十社もエントリーする時代ですからね。だから、特定の有名なナビサイトを利用していると、自分以外にもそこから大量のエントリーをする学生が大量にいるので、そのナビサイトに求人を出している会社に対して多くのエントリーが殺到しやすくなります。したがって、競争率が上がるので、倍率が高くなり、内定が取りづらくなると言えます。したがって、有名な誰でも知っているナビサイトしか利用しないというのはリスクになるのです。リスクを分散するには、そういった誰もが知っているサイト以外でも別のナビサイトを使っていきましょう。知名度は低いが、就活生の利用者が多くないナビサイトを使うと、今言ったような問題が発生しづらくなります。例えば「キミスカ 」といったサイトはおすすめです。キミスカはスカウト型のナビサイトで、従来の就活のナビサイトとは違った特徴を持っています。

 

従来は学生が企業を検索して、興味を持ったところにエントリーして受けますが、キミスカは企業が登録している学生のプロフィールを検索して、興味を持った人にスカウトを送るという流れになります。キミスカを利用すると、ある大きなメリットが生まれるのです。それは従来は学生が気に入った企業にエントリーして、選考を受けていきますけど、その過程で企業に興味を持ってもらえないと内定が取れません。そして、大半の学生は受けた企業の多くから不採用を受けることになるので、これは自分に対して興味を持ってもらえない企業ばかりを受けてしまっていることになります。それは別の言い方をすれば、内定が取れる可能性の低い企業を受けてしまっていたということになるのです。通常は企業が自分に興味を持つか?というのは受けてみないと分かりません。したがって、結果的に自分に関心を持たない企業を多く受けてしまうと言うことが起きるのです。しかし、キミスカでは自分に対してスカウトが来ないと就活を始められません。そして、スカウトが着た時点で企業は自分に興味を持っていることが確定しますから、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心を持っている企業のみを受けられるのです。つまり、内定を取れる可能性がより高い企業を受けられるということがあるので、ここがやはりメリットになるのです。また、キミスカでは一次選考や二次選考をパスして選考に臨めるというケースもあり、かなり有利な状況で受けられることがありますから、そこもメリットになります。

 

キミスカではいろいろな業界からスカウトがくることがあり、自分では受けるつもりもなかった業界が自分の適性や魅力を見出してくれることがあるので、就活をするにあたって視野が広がる可能性もあります。キミスカは従来のナビサイトと併用も可能です。スカウトが来るまではすることなく、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので、それまではいつも通りに企業を検索してエントリーしていくというやり方をしていけるのです。タイプの違うナビサイトを併用すればリスクも分散できるので、内定を取れる可能性も上がるでしょう。実際、このキミスカというサイトは多くの就活生は知らないので、利用者数も多くなりませんから、自分が受ける企業を他の就活生も大量に受けているという状況は発生しづらいと思います。倍率が上がりづらいので、そこも内定を取りやすいと言えるメリットになります。多くの就活生が知らないという意味では、ライバルに差をつけるチャンスでもあるので、無料の会員登録をすれば利用ができますから、良かったら参考にしてみてください。

 

 

 

あわせて読みたい記事