就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

エアコンなどの暖房を使う時期はいつから?何度から?いつまで使うか?

【スポンサードリンク】

冬になると暖房器具を使うと思いますが、暖房は何月から、何度から使うのが良いのでしょうか?私は夏のクーラーは結構我慢しますね。できるだけ後になってから、本当に我慢できなくなってから使うようにしています。しかし、冬の寒さは夏の暑さよりも我慢しづらいので、結構早めに使っているかもしれません。暖房は何月からが良いか?っていうと、私の場合には12月の上旬くらいでしょうか?多分、毎年それくらいを目安に使っていると思います。全国的な平均はどれくらいなのか?分かりませんけど、クーラーよりもカーペットなどを含めた暖房の方が使い始める時期は早いと思われるケースは多いかもしれませんね。だいたい関東だと11月と12月の境目くらいが特に気温の変化が大きい時期です。暖房は気温を基準にして何度からつけるのが良いのか?という判断もできますが、10度、11度、12度あたりですかね?最高気温がそれくらいになると、だいたい私は暖房を使い始めている気がします。暖房は1度使い始めると、結構長い期間使うと思うんですよ。私はだいたい3月の後半くらいから、4月になるくらいまで使っています。1度その暖房を使った室温になれてしまうと、消すと一気に寒く感じるので、どうしても長く使ってしまうのです。

 

私だけじゃないかも知れません。そういう感じで使っているのは。暖房ってお金かかりますからね。ただ、1番の問題は代替がないってことです。夏の場合には扇風機という手があります。だから、扇風機をまず使っていれば、それでクーラーを使わなくてもなんとかなると思うんですよ。扇風機の方が圧倒的に電気代がかかりませんから。だから、通常はクーラーを使わないで、扇風機を使っていれば相当毎月の電気代は安くなっていると思います。夏はそういう方法が使えますが、冬は暖房以外というと何がありますか?というか、暖房というのも総称で、いろいろな製品に分かれるわけですけど。おこまで電気代に差が出るものなんですかね?全ての電化製品の消費電力の効率が一緒というわけではないので、電気代にも差が出てくるでしょうけど、扇風機とクーラーは平均で10倍くらい電気代に差がつくみたいなんで、これはもう相当な差と言って良いと思います。冬の暖房はいつから使うか?というときには、電気代のことも踏まえた方が良いのではないでしょうか?基本的に電気代を気にしないで良いという人は少ないと思うので。

 

エアコンを使った暖房は特に電気代がかかりそうですから、そういったことも考えていきたいところですが、暖房をいつから使うか?というときには、工夫をすると電気代を最小限に抑えられます。それは使い始めの頃は温度が高くしておくことです。使い始めの頃はそこまで高い温度にしなくても効果を実感できるはずです。1月とか2月に比べたら12月頃はまだ気温も相対的に高いですから。だから、多少は暖房の温度を低く設定しておいて、あまり電力を使わないようにしておくと良いかと思います。そして、ちょっと今の温度では厳しいと感じ始めたら、暖房の温度を上げていくなどすれば、非常に良い使い方ができるのではないか?と思います。ちょっと寒いかな?と思うくらいでも過ごせないことはないですね。どこまで耐えられるか?は人によりますけど、私はちょっと寒いと感じ始めてもいきなりは暖房は使わないですから。そうやって生活していくと、その微妙な寒さに体が慣れていって、そんなに苦痛は感じないのです。そして、さらに気温が下がって、いよいよ厳しいなと思ったら、ついに暖房を使い始めます。毎年そんな感じですね。我慢をすると電力の節約にもつながりますから。

 

その微妙な匙下限というか、暖房を使い始める時期のタイミングの選び方で電力を節約して、電気代を節約することにつながりますから。結構大切だと思うのです。私は夏の場合にはクーラーは極力使わないで、まずは扇風機を使います。そして、いよいよ厳しくなってきたときにようやくクーラーです。そうやって扇風機を使って我慢する時期を多くすれば、電力と電気代を両方節約できますから、かなりメリットがあると言えるでしょう。夏はクーラーの代替品として扇風機があるから、そういう使い方ができるわけですけど、冬になるとなかなかないですよね。暖房器具はいくつかありますから、その中で少しでも電気代や電力がかかりづらいものを使っていって、どうしても我慢できなくなれば、もっと強力なものを使っていくという方法もとれますが、扇風機とクーラーくらい電気代や電力に差があるものがあるのでしょうか?これは調べないといけません。エアコンの暖房はクーラー同様に電力や電気代が相当かかりそうな印象ですから、それ以外が候補になります。できるだけ本格的な暖房を使い始める時期を遅らせたいですから。

 

候補としては何があるのか?というと、例えばはどうでしょうか?特に電気代が安い暖房器具はこたつ、ホットカーペット(面積にもよる)、電気毛布、電気ブランケットみたいですね。使う時間を同じにした場合にはこういったところはエアコンの暖房よりも結構安いです。この中ではやはりこたつでしょうか?初期費用もあまりかかりませんし、電気代も安いです。そして、ホットカーペットも電気代自体はそこまで高くないみたいですが、初期費用がかかりますからね。でも、こういった電気代が安い暖房器具を多く使って、エアコンを使う機会を減らせば、大分電気代の節約になりますし、暖房をより長く使えます。暖房はいつから使うか?というときには使う暖房器具によって電気代が変わるので、事実上の使える期間が変わるということになり、より早くから使っても問題ない場合もあるのです。そして、暖房はいつまで使えるか?というときにもより長くまで使うことができます。そうやって暖房器具自体を工夫していければ、エアコンも含めて暖房を使い始める時期も変えられると思います。エアコンなどの暖房器具はいつから使うか?という時期の問題は、電気代や使う暖房器具の種類によっても考え方がいろいろとあるということですね。

 

 

 

あわせて読みたい記事