就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

スマホ依存の問題点や悪影響って克服する必要あるの?改善策や解決策はいるの?

【スポンサードリンク】

スマホ依存を問題視し、それを改善するために、克服するために無人島ツアーなんかが開催されたようだが、そこまでスマホ依存を問題視する理由は何なんだろうか?スマホ依存に依存すると何らかの悪影響や問題点があるということならば、それってスマホ依存だけの問題か?ということが言えると思うのだが。車に依存していれば交通事故が起きやすくなるけど、そんなところは誰も指摘しない。まあ、依存と言われて使用を控えるように言われたら困るからだろうか?この無人島ツアーなるものは小学生が参加していた、いやさせられていたらしいが、批判も起きている。小学生ということで言うと、じゃスポーツとかをやっている人もいると思うんだけど、スポーツに熱中している子は「依存」なんて言い方はされない。でも、起きていることはさほど変わらないと思うのだが。スポーツに依存することは「スポーツに熱中する」という表現をされ、そんなに問題視されない。

 

しかし、スマホ依存の悪影響は指摘されるのに、スポーツ依存の悪影響は誰も指摘しないのはなぜだろうか?すごい腑に落ちない。スポーツ依存だって、スマホ依存と同じような悪影響があると思うんですけど。私自身も小学生の頃は野球に熱中していた。友達と近所で野球やったり、家でプロ野球を観戦したりしていて、ろくに勉強もしていなかった。あとは実際に自分がスポーツをやれば、怪我をしたりするリスクも高まるし、問題点を挙げようと思えば挙げられる。それはスマホ依存の問題点と変わらない。私はスマホ依存は大して問題とは思わないし、悪影響があるっていうのはスマホ依存自体が問題というよりは、その子の問題じゃないだろうか?結局、スマホをいじってばかりで勉強しないとか言われている子は、スマホをいじっていなくても勉強はしないだろう。なぜか?勉強が嫌いだからだ。嫌いなものはスマホがなくてもやりませんよ。あと、先ほどスマホを断ち切るツアーについてちょっと触れたけど、そこに参加させられた子どもはスマホをいじってばかりで風呂に入る、歯磨きをするということをしないということを嘆いている親もいたようだが、そんなものはスマホをやめさせる必要はないでしょう。

 

何でそんな極端な方法をとるのか?分からない。別にスマホをいじっていれば、物理的に歯磨きをできないとか、風呂に入れないわけじゃない。そんな状況でスマホをやめさせる必要性を感じないのだが。そもそもさっきも例を出したがスポーツに熱中する子は社会から問題視されない。あと、勉強に熱中する子もね。スマホ依存をやめたいと自分で思っているならまだしも、多くの子供はそうは思っていないと思う。スマホ依存を克服するか?どうか以前にスマホ依存の問題点を洗い出し、それはスマホをやめないと克服できないものなのか?は確認すべきで、いきなりスマホ依存断ち切りツアーなんてものに参加させる親は何を考えているんだろうか?と思うがね。こういう親はスポーツや勉強に自分の子供が依存し始めても同じようにやめさせる行動をとるのかね?絶対にとらないと思うんですよね。完全にイメージの問題であって、先入観で判断をしてしまっている親が多い気がするのだが。そもそもたった4泊5日のツアーに参加しただけでスマホ依存を克服できるとは到底思えない。スマホ依存をやめたいと思えるとも思えないが、スマホがなくても我慢できるようになるには、それこそ数ヶ月から1年くらいかけないと無理だと思うのだが。ただ、そんなことをしても周りの人間はスマホを使っているわけだから、その誘惑は常に存在する。スマホを依存を断ち切るどころか、依存への気持ちがより膨らむ方が強いんじゃないか?と思うのだがね。

 

本当にスマホを断ち切らせたいならば、一生無人島で生活させるくらいじゃないと無理だと思うが。スマホ依存の改善策があるとすれば、まさにこれだと思う。長期的にスマホがない生活を強いることができれば可能かもしれないが、またスマホが回りに溢れる生活に戻らないことが条件です。戻ってしまうと、誘惑に駆られるだけだと思うから。でも、そんなことはできないでしょう?じゃあ、現実的にはスマホ依存の改善策なんてないってことです。スマホ依存を克服させるなんてことは、車社会に車を使うな!って言っているようなものだと思うよ。スマホの機能性は計り知れないですからね。コミュニケーションツール、エンターテイメントツール、ビジネスツールなど、あらゆる機能を持っているため、大人の必需品になっているケースもある。大人だって随分依存している人間はいると思うのだが、それがそんなに問題点があるだろうか?私はそもそもの出発点であるスマホ依存の悪影響とかそういった部分が疑問で、それが悪影響とか言われたら、スマホ依存よりも解決策を考えるべき事柄は他にもあるだろうと思うわけです。スマホ依存の問題点は確かにあるが、この程度で問題点と言われてもピンとこない。私たちは様々な問題点を抱えながら生活していると思いますよ。スマホはその一部分に過ぎないと思うし、スマホ依存の解決策を考えるならばもっとやることあるだろうし、そんな世の中を見たうえで言うと、私はスマホ依存を克服しないといけない人ってほとんど存在しないと思う。私はスマホはほとんどいじらないが、パソコン依存ではあると思う。それにも問題点がないとは言わないが、別に克服すべき対象とは思っていない。

 

 

スマホ依存の親が子どもを壊す

スマホ依存の親が子どもを壊す

 

 

あわせて読みたい記事