読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

優先席で携帯やスマホの使用はなぜ禁止?影響ないのに注意された、トラブルに遭ったという人もいるらしい

【スポンサードリンク】

「優先席付近では携帯電話の電源はお切りください」というアナウンスはもはや聞きなれたものとなったのではないでしょうか?私自身、日頃から電車に乗る機会は少ないが、優先席付近に行くこと自体少ない。そして、恐らくだけど携帯電話の電源は切っていないと思う。だから、優先席の方には行かないのだが。ただ、そもそもなぜ優先席付近は携帯電話の電源を切らないといけないのだろうか?実際、優先席で携帯電話のことで注意をされたとか、そういう人もいるみたいですね。私はないけど、優先席では携帯電話の電源を切らないといけない。これがルールとなっているようだ。「優先席付近での携帯不使用 ペースメーカーに影響しないのになぜ禁止? - ライブドアニュース」にはそのことについての疑問に関する記事が載っていたが、皆さんはこのルールに賛同しているんですかね?

 

>優先席付近では携帯電話を使わない方がいい、そんな「マナー」を今も守っている人もいるだろう。ペースメーカー利用者への配慮のためだ。 しかし、実はペースメーカーに関しては古い物でない限り携帯電話の電波が誤作動に影響することはない、というのが、最近の通説である。昔の名残であるだけなのだ。 これに関して主は強い疑問を持ったらしい。コミュニティアプリ「アンサー」にそれをぶつける。だが、主の納得のいく説明はなかなか出ない。マナーであるからと言われたとしても、そこに明確な必要性がないのが主には我慢できないようだ。主のような考え方をする人は現代に多いだろう。 それでもそれを「モラルの低下」と言うのは一方的ではないか。理由を求める主たちのことも理解できる。マナーの本質とは何なのか、それがわかればきっと若者だって動いてくれると思うな。

 

恐い人たちの刺青を連想するから、タトゥーなどが忌み嫌われている昨今の風潮と似ているのかもしれないが、私も知っているが、基本的には現代の車内でペースメーカーに対して携帯電話の電源を入れていることが影響することはほぼないという。じゃあ、優先席で携帯の電源を切らないといけない理由は存在しないということだろうか?記事では「マナー」という言葉を使っているが、私はこれは鉄道会社が作ったルールと解釈している。マナーであれば、守る義務がないから無視すれば良いという発想にもなるが、ルールだとそうはいかない。仮にこれがマナーならば、そんな疑問を持たなかっただろう。しかし、ルールになっている以上は納得できる理由を知りたいというのもあるが、これを読む限り、結局はペースメーカーをつけた人が携帯電話による影響がないということを信用していないためか、依然として恐怖心を感じているからではないか?という推測も立つ。ただ、現実問題として意味ないですよね。というのも、こういった車内アナウンスのお願いをしたところで、全員が電源を切るわけないでしょう。そもそもアナウンスを聞いていない人もいるし、聞いていても切るの忘れる人もいる。

 

つまり、本当にペースメーカーへの影響を心配している人は、電車なんか乗れません。その人が優先席に座るとも限らないし、優先席付近またはそれ以外の場所も含めて、携帯電話の電源を切っていないかもしれない人なんて山ほどいるはず。というか、電車の中だけじゃない。日常生活の中で携帯電話の電源を入れている人なんて五万といるはず。一歩家の外に出て、すれ違った人が携帯電話の電源を入れている確率は極めて高い。つまり、本当にペースメーカーに対して携帯電話の電源が影響するならば、ペースメーカーを埋め込んだ人は外に何か出られない。出たら、いつ誤作動するか?分からないような恐怖を感じたまま、まともな日常生活は送れない。そうなるはずだけど、現実的にペースメーカーを埋め込んだ人は外出しているはずですよね。ってことは、結局優先席に辿り着くまでに、その人は携帯電話の電源をいれている人がたくさんいる中で問題なく生活しているってことであり、それがペースメーカーの人に対して配慮をする意味がほとんどないことの根拠になってしまうと思うのだが。だから、優先席で携帯の電源をめぐってトラブルになるようなことがあれば、注意をする方がどうなんだ?とも思えなくはないが、とりあえず電車がアナウンスしているルールに則って注意をしているならば、一応筋は通っているだろうと思う。個人の考えよりも優先されるべきなのはルールだから。

 

しかし、そのルールの理由が特にないとなってしまうと、なんのためのルールなのか?と疑問を持つ人がいるのは当然だろう。仮に電車内の優先席で携帯について注意されたとかになれば、納得しない人も出てくるんだろうね。優先席でスマホをいじっている人、または電源を入れている人は山ほどいるはず。優先席でスマホはなぜダメなのか?という明確な理由がないならば、そのルールは必要性が乏しいとなってしまうのだが、そこら辺を鉄道会社に聞いてみたい。優先席での携帯やスマホの影響というのはなんとなくのイメージで語られている部分が大きい気もするが、鉄道会社としても結局は無用なトラブルを起こしたくないという気持ちが強いんじゃないか?と思う。一応迷信となっているが、もし迷信じゃなかったら、人の命にかかわる問題だけに、あらかじめ予防線を貼っているのだろうか?真意は分からないが、理由があまりにも曖昧だと、今後も優先席での携帯やスマホのトラブルは続きそうだ。その度にトラブルが起きるとなると、トラブルを防ぐためのルールが逆にトラブルを生むことになるかもしれないのです。

 

>実害がないにもかかわらず、「スマホウォークマンを胸ポケに見つけただけで奪おうとする輩までいるらしい」「目障りだからせめて優先席付近ではいじるのやめてよ」とマナー違反だと怒ったり白い目で見ることが主に「ちゃんとした理由がないのにマナーって言われてもねぇ」と思わせるようだ。多くの人が主と同じように考えるのではないかという筆者の予想は独り善がりだろうか。 マナーの本質って何だろう。害のあるなしだけが重要じゃないんだぞ。 このマナーに関してアンサー民は「優先席に近づかないのが賢明かね」「もし優先席で使って誰かに文句言われても言い返せないよね それがマナーを守る理由になるんじゃない?」「電車乗るのやめて車乗ったら?他人も一緒に乗る乗り物じゃ自由にならない事が増えるの当たり前じゃん」という消極的な意見。でも、それじゃ納得できないよね。「モラルの低下」と決めつけられるのも心外だろう。 優先席の携帯にかかわらず、マナーの本質を考えるといいのではないかと思う。自分も含めてみんなが快適に、それがマナーのポイント。関係ないけど、ちなみに筆者はとりあえずがら空きじゃなかったら、電車では席に座らないよ。他人から見たらただの馬鹿かもしれないね(笑)。

 

ここに書かれている理由も優先席で携帯やスマホをなぜ使ってはいけないのか?の根拠にはなっていない。それがマナーだから。ルールだからと。まるで教師が小学生相手に説得するときみたいな言い方にしか聞こえない。いわゆる思考停止の発想だ。マナーはこの際は排除するが、ルールならばとりあえず守らないといけないという前提があるのは良いとしよう。しかし、この場合はそのルールは何のために必要なのか?という問いかけなのだから、それへの返答としては不適切だろう。私自身はルールである以上はとりあえず守るだろうし、それを守る気がないならば電車を利用しないだろう。しかし、相変わらず優先席で携帯やスマホの影響があるという言説による使用禁止のルールは一生納得いかないものではないか?と感じている。機会があれば、是非鉄道会社の人に理由を尋問してみたいが、今後も優先席で携帯電話やスマホで注意されたなんてケースはあるだろうし、その度にこういう記事がまた出るんじゃないか?と思っています。車内アナウンスでそういう呼びかけをするときには、是非理由も添えて納得させてやってほしいなと思います。優先席の近くで携帯やスマホを使うとどういう影響があるのか?なぜ禁止なのか?そこまで説明しないと、優先席の付近では携帯やスマホによる別のトラブルが起きるのだろうと思うし、現実的に起きているみたいです。どういうルールにも言えることだけど、必要性の根拠を明確にした方が守ってくれる人も増えるだろうから。ただ、その理由に到底納得できなければ、あまり期待できないのかもしれない。

 

スマホ時代の親たちへ 「わからない」では守れない! (大空教育新書)

スマホ時代の親たちへ 「わからない」では守れない! (大空教育新書)

 

 

あわせて読みたい記事