読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

寿司のネタだけ食べてシャリだけ残す人たちの批判は都合の悪い部分には一切触れていない

その他の話題
【スポンサードリンク】

寿司のシャリだけ残して、ネタだけを食べていく人たちへの批判が以前からあるらしいが、こういう批判を見ていると、以前から指摘しているとおり、彼らは都合のいい部分は一切触れずに批判だけをするんだなという気がしてくる。「シャリを残す人への批判 女性が憤慨「ラーメンのスープを残すのと同じ」 - ライブドアニュース」のページには、そういう批判への反論が載っています。

 

>インターネット上で「寿司のシャリを残す行為は許せるか」という内容のニュースが話題となった。 ダイエットのため、寿司のネタだけを食べ、シャリを残す女性が急増しているのだという。

そんなニュースに対して、「だったら寿司屋に行くな!」「食べ物を粗末にするな!」「世界には食べたくても食べられない人がいるんやで!」と、世間から怒りの声があがったのである。 強いバッシングの嵐 寿司のネタだけを食べる行為は、刺身を食べているに等しいと判断する人が多い。もちろん、ネタだけ食べるとシャリが残る。残せば厨房のゴミ箱行きだ。 そのためインターネット上では「だったら刺身を食べればいいだろ」という声が多数あがっており、寿司のシャリを残す女子に対して強いバッシングの嵐が吹いている。

しかし、寿司のシャリを残す行為を「間違い」だと断定していいのだろうか。モラルを掲げてリンチのようにバッシングしていいのだろうか? そこで今回、日常的にシャリを残している霧島輝星さん(きりしまきらら / 21歳)と接触し、お話を伺った。彼女は宮崎県出身で、キャバクラで働く女子。彼女によると、今回のニュースをスマホで読んで憤慨しており、非常に遺憾だという。

(中略)

「良い例があります。大半の方は、ラーメン屋に行っても、麺を食べてスープを残されます。それはエネルギーや塩分を摂りすぎるといけないからでしょう? むしろスープをゴクゴク飲むと『大丈夫?』なんて言ってくる人もいます。なぜ寿司のシャリを残すのはダメで、ラーメンのスープは残したほうが良いのですか? 寿司もラーメンも同じではないのですか?」

 

ここに書いてある通り、ラーメンのスープを残すのと同じだろうという指摘はその通りかな?と思う。それ以前に食べ物を粗末にするなといっている人間がコンビニ、スーパー、ファミレス、バイキングなどの廃棄を前提にしないと成り立たないお店を利用していたら、何の説得力もないわけだ。また、ちょっと前に出した例だけど、プールとかも明らかに飲み水を粗末にしている使い方だと思うのですが。寿司ネタが食べたいが健康やダイエット管理のためにシャリを残すという希望は批判されて、単純にプールで泳ぎたいという希望のために飲み水を消費する行為は誰も批判しないわけだから、尚更批判者の言っていることが分からないとなる。そもそも毎回思うんだけど、世界中に食べたくても食べられない人がいたらなんなのか?という話なんですよね。この言い分を言ってくる人の気持ちが全く理解できないのだが、食べ物が簡単に手に入らない国で、食べ物を粗末にする行為は確かに死活問題だというのは分かる。しかし、食べ物が簡単に手に入る国で食べ物を粗末にする行為を同様に問題と考える意味が分からない。

 

実際、飲み物が簡単に手に入らない国ではプールなんかで遊ばないでしょう?飲み水が簡単に手に入らない状況で、プールなんか使うわけないんですよ。娯楽よりも生命維持の方が優先しないければならないから。でも、日本などの先進国はプールに水を使っているわけ。それはなぜでしょうか?水が簡単に手に入るからですよ。結局、やっていることは同じなのだ。簡単に手にはいるからこそ、そういう粗末にも思える使い方を平気でしているわけ。逆に言うと、いくらでも手に入るならば、丁寧に扱わないといけない理由がそれだけ乏しくなり、だからプールみたいな一見すると贅沢な水の使い方をしているわけだ。それは別に間違っているとは思わない。ちゃんと利用価値があるわけだからね。別に水は飲むという方法で消費しないといけないわけではない。余裕があるのならば、本人の満足度を高められるような別の使い方だって良いんじゃないか?って話になる。寿司に関してもシャリまで食べて満足する人もいれば、ネタだけで食べて満足する人がいるという。シャリが残れば確かにもったいない気もしないでもないが、引用文にも書かれているように、もったいない行為を慎むがために失うものがあるならば、それはそのもったいない行為を慎むのが必ずしも正解とは思えない。

 

別の例を挙げると、ダイエットジュースとかがあるわけだけど、こういうのって別に喉が乾いているから飲むわけじゃないと思うんですよ。痩せるために定期的に飲むわけだから、飲み物を満足に飲めないひとからしたら、何てもったいないことをしているのか?とも思えるかもしれないです。喉が渇いていないのに、飲み物を飲むわけだから。あとはビールとかのアルコールもそうかな?私は酒を一切飲まないので、飲む人の気持ちは推測しかできないが、ビールなどものどが渇いたから飲むというよりは、ビール自体が好きだから飲んでいる人もいそうな気がする。喉が乾いたから飲むときもあるだろうけどね。あと、食べ物に関しても同様ですね。私たちが食事をするときには満腹を感じるか、それに近いところまで食べると思うけど、これ自体がもったいない行為とも言えてしまう。食べ物が満足に手に入らない国の人たちは、食べ物が手に入ったときにはお腹一杯になるまで食べないだろう。その理由は簡単だ。食べ物が満足に手に入らないのだから、次はいつ食べ物が手に入るか?分からないから。だから、満腹になるまでは食べない、とりあえず生きるタメに必要な量を食べて、残りはとっておくだろう。限られた食べ物で少しでも生きながらえるために、ちょっとずつ食べていくのではないか?私たちみたいに毎回お腹一杯になるまで食べている行為が、彼らから見たら十分もったいない行為になる。しかし、私たちがそんな食べ方をするのは、次に日になればまた食べ物がちゃんと手に入ることを知っているからだ。だから、そんな食べ方ができてしまうのです。だから、状況の違う国の現状を比較してもしょうがないのです。そのうえで比較するならば、そういう国から見た場合のもったいない行為を全て慎んでいる人間じゃないと説得力がないのです。

 

 

曙産業 いちどに10貫できる とびだせ! おすし CH-2011

曙産業 いちどに10貫できる とびだせ! おすし CH-2011

 

 

あわせて読みたい記事