読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

「10年後どうなっていたいか?」←ブラック企業臭がする質問に思えてくる

働くことへの意識 就職活動
【スポンサードリンク】

就職活動での質問の中に「10年後どうなっていたいか?」と聞かれることがあるそうな。私はそういった質問は受けたことがないけど、っていうかそんなにたくさんの会社を受ける前にやめちゃったからね。ただ、こういうのは割と定番の質問らしい。そのことについて「就活面接で「10年後どうなっていたいか」って聞く意味ある? 「そもそも同じ会社にいるかわからない」という指摘 | キャリコネニュース」のでは、こういう質問をすることの是非について書かれている。

 

>11月中旬、はてなブロクで「就活面接で『10年後どうなっていたいか』って質問は意味ないと思う」と、面接では言えない本音を語った青年がいた。 「『とりあえず生きていたいです』って答えたらまずいですよね?」 「ぼくはこの質問に対して、正直に答えると『10年後の自分なんてわかりません』ってなります。」 と書くブログ筆者。「面接官も分からないでしょ?なんでこんな質問するんだろう」と疑問を呈していた。

(中略)

投稿したのは23歳男性。学生時代から働き新卒で京都のゲストハウスに就職、一年半で退職したという経歴の持ち主だ。新卒採用でよく聞かれるというこの質問に、かなり違和感があるらしい。 「業界への理解を深めた上で、具体性のある、自分の成長を意識した返答をしよう」と言われるが、「それって無理じゃね?」というツッコミ。働く前から具体的に答えられるわけがないというのだ。 しかもそれらを測りたいなら、「どんなふうに成長したいですか?」って聞けばいいし、わざわざ10年後を見越す必要も無い、「まわりくどいわ」と突き放す。

「そもそも同じ業界同じ会社にいるかどうかも分からないが、そんなことを言えば落とされるのでみんな言わないだけ」 今の若者たちは、未来に期待過ぎないように生きている 「業界研究はするべき」だし、企業側はそれを測るべきという考えはあるものの、その方法はペーパーテストでいいという。「まわりくどい、答えられるわけがない、下手なことを言うと落とされる、面接でその質問をする意味は無いと思う」とまとめた上で、こう見解を示していた。

「人間10年後にどうなっているかなんてわかりませんよ。会社も同じ。企業寿命は短くなっているって聞きますし、10年を見越すことすら危うい。これからはいまを精一杯生きることが大切になってくるんじゃないでしょうか」 冷静に、まあそうだよなと納得してしまう。模範解答はネット等でいくらでも参照できるし、OB訪問を行なうなどすれば、ある程度答えられるだろう。

 

この投稿の中で1番共感できるのは、そもそも10年間も同じ会社にいるという前提が危ういというものでしょうか?10年間同じ会社に結果的にいることはあるけれども、入社もしていない段階から10年間同じ会社にいるという前提でまず生きたくないですよ。その企業が第1志望ならばともかく、そうじゃないケースの方が多いだろうから、チャンスがあるならば常に、よりいい企業に転職をするか?フリーになって、よりいい環境で働くか?など、その会社を離れてもっと良いところ働くという機会を窺っていきたというのが私の本音だろう。日本の場合には雇用の流動性がそこまで活発ではないので、結果的に入社から10年間同じ会社で働き続ける人は多いんじゃないか?と思うが、それは望んだ結果なのか?は分からない。そこで働かざるを得ない事情は少なからず多くが持っているのではないか?と思われます。

 

そもそも10年後にその会社が残っているのか?すらもわからない。働いている側もいろいろな考え方や価値観に芽生えるかもしれない。そもそも働くのをやめているかもしれない。10年後どうなっていたいか?の私の本音を言えば、働かないでも生活していたいですね。ということになる。だから、仕事をするってこと自体が多くの人にとって本望ではない可能性も高い。その前提で、この質問をすると本音なんかまず聞き出せない。聞いている側も答えた内容が本音ではないことは重々承知なのかもしれないが。10年後どうなっていたいか?以前に、10年後もここで働きたいと思える企業なのか?をまずは考えるべきな気もしてくるが、この質問は10年後もここでずっと働いている前提の質問なのだろうから、そうなるとブラック企業だろうが、なんだろうが、ここで働き続けろという一種の強要みたいな部分も見え隠れしてくる気がする。そりゃ雇った人間に辞められたいとは思えないだろうからね。企業の本音を言えばそこなのかもね。10年後どうなっているか?なんて誰にも分からないっていうのは、企業も分かるはずなんですよ。そのうえであえてこの質問をしているということは・・・10年後もその会社で働き続ける自分をイメージしろということにもなる。

 

実際、イメージしようと思えばできるかもしれないが、10年後も同じ会社で働くことをイメージすることは本来やるべきプロセスではない。その場その場に応じて、どういう働き方をすべきか?どういう企業に属していたいか?を考えて、何が自分にとって1番なのか?の答えを明確にし、そのために行動することがベストだと思います。つまり、10年後もその企業で働くことはベストと言える1つの選択肢になる可能性もあるが、それは毎年毎年その企業で働くことが1番良いだろうと思えた結果、10年間働き続けた結果として訪れるものであり、10年前から決めるものではない。それは不適切というか、非合理的な選択と言えてしまうでしょう。しかし、その選択が企業にとっては合理的なのかもしれないというだけの話です。企業と労働者の利益は必ずしも一致しない。したがって、このブロガーのような企業の面接での質問に対する疑問が噴出するのでしょう。企業が理想とする将来像と自分が理想とする将来像が異なるわけだから。就職活動の時点でそういったところに気付けている人は、企業のブラック臭にいち早く気付けて回避する術を身につけやすいと言えるかもしれないです。

 

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事