読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

世間を賑わす商標権のトラブルやトロールビジネスの騒動を見て思ったこと

その他の話題
【スポンサードリンク】

最近話題になったいわゆる商標権ビジネス、トロールビジネスと呼ばれる問題だが、私が疑問なのはなぜエイベックスは今頃になっても例のワードを商標権登録していなかったのか?そこが謎だ。実際、この問題に関与している弁理士はエイベックスに対して同じようなことを言ってみたいなのだが、結局流行ってから商標権を出願しようとすると、どうしても早い者勝ちになるのが今の制度でありリスクがある。当然、エイベックス以外にも利益目的で商標権を獲得しようとする人間がいたならば、数でいえば負ける確率の方が高くなる場合もある。私はエイベックスのミスだと思っていますよ。流行ってから商標権をとろうとすれば、遅れをとるというのは過去の歴史から見ても分かりそうな気がするんですけどね。結局、私は転売ビジネスと変わらないと思っています。欲しいと思う人が現れるのが確実と判断できる状況で、それを買っておいて後から売れば利益が出るのはほぼ確実であり、それと仕組み自体はそう変わるものではないと思っています。

 

 

ただ、転売ビジネスは感情的に許さない人間が多数いるということで、こういった商標権をめぐるビジネスにおいても予想通り批判は殺到しているらしいが、弁理士本人は顔出しもしているし、恐らく何とも思っていない可能性も高いと思うが。私自身、こういったトロールビジネスに関しての是非を述べるとすれば、これが合法なやり方なのであれば、単に狡猾というだけであって、いちいち非難する気もないが、ワタシの感想としてはこんなやり方をする人が出てくるのは当然に予想できるのだから、エイベックスの対応が遅すぎた。ただ、それだけだと思っています。今回の騒動の発端はエイベックスのミスだと思っています。付け込まれる余地を作ってしまったというだけだというのが、率直な感想です。私はそもそも商標権って概念自体への理解があまりしづらいのですよね。そもそもね。商標権っていう概念がなければ、誰もが自由にいろんなワードを使えるわけだし、今回の騒動もなかったわけだ。

 

商標権が何のために存在しているのか?と言えば、ブランドの保護や消費者保護があるらしい。特に後者の方が大きいのかな?つまり、似たような名称などが乱立すると、消費者が同じ会社のものなのか?そうじゃないのか?の区別がつきづらく、不利益があるだろうという前提のもと、商標権というものは存在しているらしい。目的自体は良いとしても、だからといって商標権ってそんなに必要なの?と思えてくる。結局、商標権ってブランド信仰を強めるわけじゃないですか?消費者保護という目的は確かにあっても、それって本当に消費者保護になっている?って気もしてくるのです。だって、特定のブランドのみを保護するということになってしまうと、良いものと悪いものが区別されるってことになりますよね。しかも、その良いもの、悪いものの区別というのはイメージによるものも大きいわけです。良いものと悪いものが区別されるというのは、それはそれは素晴らしいって感じかもしれませんが、そうやって区分けがされた結果、何が生まれるかというと、特定のブランドへの信仰だと思います。つまり、今まで良い商品を作ってきたのだから、このブランドは信頼できるはずだという気持ちが生まれますよね。商品で買うのではなく、ブランドで買う人を大量を生むことになる。現実的にそういう状況は世界中で生まれていると思いますが。その結果、商品購入やサービス利用の動機として特定のブランドだからという割合がかなり増えてくると思うんですよ。つまり、ろくな商品やサービスじゃないのに、好きなブランドだからという理由で買ったり、利用する人が増えます。

 

逆に同じようなブランド名がいろいろな会社から出てきて、乱立している状態ってどうですか?どれが信頼できるか?なんて分からないじゃないですか?つまり、商品1つ1つの良し悪しをちゃんと見比べて買ったり、利用するようになると思うんですよね。それに対する手間が増えるなどの不都合も考えられるわけですけど。でも、結果的にろくな商品やサービスじゃないものをつかまされる可能性が減りそうなのは後者な気がしてきます。実際、私はソニーのパソコンを使っているんですけど、ソニーのパソコンを買うときにソニーの会社自体の評判や製品の評判とか調べないんですよね。でも、私が聞いたことのない会社のパソコンを買おうとするならば、多分その会社から製品それ自体の評判をちゃんと調べてから買おうとすると思います。商標権がなかった世界で起きるのは後者じゃないですか?商標権という存在は、消費者がより良いものを手にしようとする努力をするのを阻害している気がするんですよね。結果、消費者保護になっていると言えるのか?ということです。

 

というのは、商標権があることのデメリットと呼べるものであって、商標権があることのメリットもあるので、その結果商標権というものは一応存在しているということになります。ただ、商標権を認めたうえでの話になると、先ほど消費者保護の観点からいえば、企業名だけに限定しても良いんじゃね?みたいな気もしてきますよね。だって、商品名とか全く同じでも企業名が見分けられれば、消費者は区別できるわけです。おまけに、今回みたいな騒動は起きなかったわけですよね。エイベックスとビイベックスという2つの企業がPPAPというのを商標登録したというときに、企業名が違っていれば、世間で話題になったPPAPはどっちのものか?ああ、エイベックスのものだって分かるじゃないですか?消費者は見分けられますからね。それでブランド保護も同時にできると思うんですよ。だから、商標権を認める範囲を限定したりしていれば、そもそもPPAPが横取りされるなんて事態も起きませんでしたと。そして、逆に言うとPPAPという言葉は誰もがビジネスで利用しようとすればできますよ。ということになります。しかし、企業名が区別できるので、ピコ太郎さんのPPAPはエイベックスが商標登録したものと区別できますよね。ということになります。

 

 

ライセンスビジネスの戦略と実務

ライセンスビジネスの戦略と実務

 

 

あわせて読みたい記事