読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

政治家の失言でなぜいきなり辞任なのか?失言の本質を見ると大して問題ない発言もあると思う

【スポンサードリンク】

政治家の失言について、最近話題になることが多かったが、一連の政治家の失言の報道や世論の反応を見ていると、本質的な部分を指摘している人が全然いないよね。と思えてくる。数日前にこの政治家の失言や問題発言をめぐる議論をある番組でしていたのだが、そこでの議論の中心は、一連の政治家の失言は発言の本質を見ると何ら問題のものだったという意見も多かった。表現の仕方とか、言葉の選び方に問題があったとしても本質はちゃんと突いていて、辞任する必要なんかないというのが西村博之氏だったのです。例えば、今村復興大臣が発した「東北でよかった」という言葉は、揶揄されたり、批判されたりもしたが、西村氏によれば、発言の真意を読み解くと筋が通ったことしか言っていなかったと評している。彼によると、「東北でよかった」という発言は、首都で地震が起きなかったがために、震災が起きた地への支援などがスムーズにできたりちゃんとメリットがあったのだから、発言の真意自体は問題ないとしている。そして、学芸員に対する政治家の暴言と捉えられた件についても、橋下徹氏は言い方がマズイところはあったが、橋下氏自身も学芸員の考え方に関しては問題と考えているところがあるらしく、学芸員に対する暴言の真意自体は理解できるとしていた。

 

そういった感じで、政治家の失言がなぜこんなにも世の中で否定されるのか?について疑問を感じている識者がいたということになるが、個人的な意見を言えば、西村氏に同意ということになる。今村復興大臣の「東北でよかった」という発言は、発言自体を見ると非常に侮辱的にも思える。それはしょうがないかもしれない。だから、使った言葉や言い方自体に問題はあったかもしれない。しかし、言っている本質は、そもそも国民が問題視できるようなものではないのです。政治家の失言はなぜかその失言の字面だけを見て批判をする結構いると思うが、批判をするのであれば真意を見るべきというのは、西村氏なども言っていて、私も同感なのです。例えば、首都直下型地震が起きたらどうする?みたいな議論っていうのは政治家もしているし、メディアでも報道されている。しかし、東北に同じような地震が起きたらどうする?みたいな議論って機会としては多くなかったと思うんですよ。で、この状況に異を唱えた人なんかまずいないですよね。でも、この状況っていうのは、首都直下型地震はそれ以外の地域に比べて損害がでかいから議論の対象になっているわけで、それ以外の地域の地震について特に同じような議論がなされていないとなれば、首都それ以外の地域に優劣をつける見方をしているわけ。

 

結局、今村復興大臣が言ったことと同じなんです。首都で地震が起きたらどうする?という議論をしながら、他の地域で同様の議論をあまりしないとなれば、それは首都で地震が起きたら、東北で地震が起きたときよりも困るよね。というのを体現したということになり、その状況に誰も異を唱えないとなれば、今村復興大臣がした発言と何ら変わりない態度だということになります。だから、今村復興大臣の失言の本質を見抜くと、この発言を批判できる人ってほとんどいないと思うんですよね。例えば、AとBのチームが対戦していて、AのチームのファンがAを応援するのは良いが、Bに対して負けろみたいな発言したら絶対に叩かれると思うんですよ。実際、どこかの校長がそういうことをして批判されたニュースがあったと思います。でも、やっていることは同じじゃないですか?Aを応援するのも、Bが負けろというのも同じ結果を望んでいるに過ぎない。言い方が違うので、受け取る印象が違うというのはあるが、本質を見ると言っていることは同じなので、前者が良いならば、後者の発言も中身自体は良いと評さないといけないのです。言い方や言葉の選び方を問題視することくらいしかできないのです。政治家の失言がなぜ起きるのか?という議論もあるけど、政治家の失言を問題視するときには、その発言の真意までちゃんと考慮してから批判をすべきだと思うのです。でも、現実的に起きているのは真意を語るという議論にいくまでに謝罪をして終わり、または辞任をして終わりで、発言の真意について全く分析がなされない。その状況を西村氏は番組で嘆いていたが、失言をしたら即辞任コールというのもプロセスとしてはおかしいと思うんですよね。実際、一連の発言の真意まで読み解くと、辞任をするほどとは私は全く思えないし、辞任をして何の解決になるのか?も分からないのです。だから、特定の政治家の暴言や問題発言の報道があったときには、なぜそういう発言をしたのか?その発言の意味するところは何なのか?を追及すべきだと思います。

 

政治家の失言とされていることの中にはタメになることを言っているケースもあると思うんですよ。先ほどの学芸員に対する失言に関しては、橋下氏は自身が知事のときにも学芸員に対する不満を持っていたらしく、失言とされる発言をした政治家の気持ちはよく理解できるらしい。つまり、橋下氏によれば、学芸員に対して発した政治家の失言の中身自体は、かなり有益なものだった可能性があるということになる。だから、例の政治家もちゃんと理由まで言えば良かったのに、侮辱的な言葉のみを発したからいけないということになると思うのです。でも、責められるべきところはそこのみであって、そういう他がしないような発言で、かつ有益な内容を含んだ発言をした政治家をやめさせるようなことは、デメリットの方が大きいと思うのです。私は学芸員の事情はよく分からないけど、学芸員の現状が本当に何かしら問題ならば、そこを指摘する人間は必要じゃないですか?だから、発言の仕方を気をつけてもらえればよくて、それ以上のことは必要ないと思うのです。山本大臣だっけ?あの人は辞めてはいないみたいだけど。でも、今村復興大臣は辞めてしまいましたね。

 

実は有能な人だったのに、その政治家を失言を理由に辞任させて、後任がさらに評判が悪い人だったみたいなケースもあるわけですから、辞任を要求するときには、せめて後任候補を挙げて、この人なら前任者よりもまともだと、有能だと言える根拠を添えるべきだと思います。そこまでやらないと辞任させることが必ずしも良い結果を生むとは限らないのです。とりあえず辞めさせて、辞めてから良い人間を探そうとすると失敗する確率が上がります。実際、それが起きたのが前回の都知事選ですけどね。結局、小池都知事に落ち着いたが、舛添知事を辞任させた後、じゃあ次の都知事は誰が良い?みたいなアンケートをとったところ、第1位に輝いたのは・・・なんと「誰もいない」です。都知事になるべき人材が誰もいないのに、何で舛添知事を辞めさせたの?桝添知事よりも相応しい人間がいなかったってことは、次に知事になる人よ舛添知事の方が良かったと思える結果がありうるという根拠になります。辞任をさせてから後任を選ぼうとすればこういうことが起きるわけです。都知事の場合は選挙だから、実際に選ぶというプロセスは辞任させた後じゃないとできないんだけど、辞任を要求する段階では、この人にやらせた方が良いと言える候補とその根拠をせめて挙げてもらいたい。1度、政治家が失言をしたくらいで辞任をする必要はないと思うが、仮に辞任を要求するならば、こういうプロセスをとるべきだと思いますし、1番やるべきばなのは、失言そのものを問題視して、叩いて終わりではなく、発言の真意やそう考えた理由などを問いただすことだと思います。政治家の失言がなぜ起きるのか?というときには、やっぱり発言の真意や根拠が発言そのものから見えてこないというのも1つの原因だと思います。その場で一緒に語るのが1番良いと思うが、せめて後から釈明するとか、付け足すとかしてもらいたいと思うのです。

 

 

あわせて読みたい記事