就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

政治家の不倫ネタに公益性なんかないんだから報道を規制すれば良いのに

【スポンサードリンク】

政治家の誰かさん不倫をしている、していないで盛り上がっているけど、相変わらず、私は一切興味を示さない。興味を示さないのは不倫の事実や不倫をしたうえでの辞任をすべきか?の部分であって、不倫を叩いている人間の言動には興味がある。興味があるというか、ちょっと変なこと言ってるなー。と思うことがある。「三浦瑠麗氏、山尾氏の不倫報道に「まともな女性議員がいなくなる」と苦言 ネット困惑「まともな女性はみんな不倫しているのか」 | キャリコネニュース」にはこの一件に関する、三浦瑠麗氏が発したツイートとそれへの反応が載っているが、私も三浦氏の言っていることに同意だ。不倫ごときを批判している人は、そういう後先考えていない人が多いんだろうね。

 

>女性議員の不倫が立て続けに報じられる中、政治家が不倫で叩かれる風潮に違和感を覚えている人もいるようだ。東京大学政策ビジョン研究センター講師で、国際政治学が専門の三浦瑠麗さんは9月7日、民進党山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑を受け、

「スキャンダルで淘汰していった結果まともな女性議員がみんないなくなっちゃうよ。女の人が代表してもらいたいのは利益や意見やらであって、貞操の鬼であることじゃないからね。そんなん言ってたら日本会議の候補しか残んないじゃん」 とツイートした。

 日本会議のメンバー以外はみんな不倫をしていると取れるような発言に、思わずツッコミを入れてしまう人も少なくなかった。はてなブックマークのコメント欄には、

「女性議員がそんな不健全な人間だけだというなら、それこそ失礼な話だ」

「まともな女性はみんな不倫していると言っていることになるけど、この人大丈夫か」

といった声が散見された。 また「日本会議にも不倫する奴はいる」という指摘もあった。『日本会議神社本庁』(成澤宗男編著)には、日本会議国会議員懇談会名簿が掲載されている。大半は自民党議員だが、その中には、過去に不倫やセクハラが取り沙汰された女性議員の名前もある。

 日本会議以外の「まともな女性議員」は不倫をしている、とも解釈できるツイートに多くの人が戸惑っているようだ。しかし三浦さんは、女性議員には女性の声を政治に反映することを求めているのであり、清廉潔白であることを求めているのではない、と言いたかったのではないか。

三浦さんは6日にも、「とにかく報道は他人の不倫に時間割きすぎ。政治家としての彼女の資質と不倫とは関係ないのに」と苦言を呈している。政治家としてきちんと仕事をしていれば構わないということなのだろう。

 

不倫をしている議員をいちいち叩いていたら、まともな議員がいなくなる。というツイートに対して、「まともな議員はみんな不倫をしている」という謎の解釈をしている人がいるが・・・この人は他人に「頭大丈夫か?」と言える立場なんだろうか?三浦氏が言っているのは、不倫をしている人がいてもその人がまともならば寛容の姿勢でいるべきという話であって、まともな議員が全員を不倫をしているなんて言っていないと思う。というのも、これは私の推測も含むことだけど、議員の不倫を次々と容赦なく糾弾した結果、まともな女性議員が全員辞めたとしても、それは自身が不倫をしていて、それを糾弾されたから辞めたというケースに限定する必要はないんじゃないか?議員の不倫を糾弾し続ける風潮が続く限り、まともな議員まで全員辞めてしまうととれる発言は、その風潮自体に嫌気が差して辞める人まで含むだろう。つまり、この場合のまともな議員がみんなやめちゃう。というのは、自身が不倫をしてそれがバッシングされた結果辞めちゃう。以外にもやめちゃうケースが存在するということになるので、まともな議員がみんなやめちゃうとしても、まともな議員がみんな不倫をしているという解釈にはならないのだ。結局、不倫が叩かれる現状を見る限り、当然ながら不倫以外でも国民にとって印象のよくない報道をされた人は同じように叩かれまくることは容易に想像できるし、過去に何度もあった。それを理由に辞める人がいても不思議じゃないと思うんですよね。別の例を出すと分かりやすいかもしれない。例えば、自分の勤めている会社で酷いパワハラがあって、大々的に報道されて、そこの会社の社員全員がそのパワハラの事実を知った場合、自身がパワハラに遭ったか?どうかとは別に、そんな会社で働きたくない!と思う人がいるのは自然だと思う。つまり、自身がパワハラの被害に遭っていなくても、そんな酷いことをしている会社を辞めたいと思う人は普通にいると思うのと同様に、自分が不倫をして報道されてバッシングを受けなくても、そういう状況を好ましくないと思えば辞める人は出てくる可能性はあると思う。みんなやめちゃうよは言い過ぎ感はあるが。

 

「不倫をした議員を淘汰していったらみんなやめちゃう」発言は、先ほどの例で言えば「パワハラで社員を淘汰していったらみんなやめちゃう」に置き換えられるわけです。後者の「みんなやめちゃう」の表現は、社員全員がパワハラを受けたからやめちゃう。に限定はされないと思うのですよ。自分はパワハラの被害には遭ってないけど、パワハラをするような危ない会社であることを知ったことが原因で(そんな会社で働きたくないと思ったから)やめちゃう人まで含むと考えても自然だと思うので、前者の不倫をした議員を淘汰していくことで、まともな議員がみんなやめちゃう現実があるとしても、それはまともな議員がみな不倫しているから。それでバッシングを受けたから。ということにはならないのです。結局、不倫を叩く風潮が続く限り、何を理由にして自分が世間がバッシングされるか?分からない恐怖と常に隣りあわせなわけで、その状況は議員自身にとっても不都合になる。辞める人が増える、議員になる人が減るみたいな状況は現実的に増えるリスクはあると思うのです。

 

おまけに三浦氏が言っているのは「いなくなっちゃう」という表現なので、これは辞めるケースに限定されず、新たに議員になろうとする人も減るという部分も含むと思います。成り手がいなくなるということなのでしょう。不倫を報道された人が、最終的に辞職しないといけないとなるならば、そういう光景を見て、そんな窮屈な状況で働いてられないと感じる人がいても不思議じゃないと思うんですよね。公の場に自分の名前が出ることで、バッシングされるのが嫌だから有名人になりたくないって人もいると思うんですよね。現実的に匿名ブロガー(ちきりん氏とか)や匿名のYoutuber(ラファエル氏とか)とかもいるわけです。彼らがそういう目的で匿名でいるか?は分からないものの、世間からバッシングの対象になる光景を見て、そんな世界に入りたくないと思う人は私を含めてたくさんいると思います。だから、不倫などのスキャンダルで糾弾されていく状況が続けば、新たに議員になろうとするまともな人も減る。それを含めて「まともな議員がいなくなっちゃう」はそんなにおかしな表現とも思わないのです。

 

だから、自分が不倫をしていないとしても、仮に自分が今後不倫をして、それが大々的に報じられたら(厳密に言えば、不倫に限らない国民にとって望ましくスキャンダル全般)、と思うと、議員という仕事に嫌気が差す人はいると思います。私や三浦氏みたいに不倫と議員の能力や資質は関係ないでしょ?と思っている人ならば尚更です。そういった感じで、三浦氏は不倫をして、それを報道されて、バッシングを受けることが直接の原因でみんないなくなっちゃうと言っているわけではないのでは?と、私は推理したわけです。三浦氏が言っているのは不倫というきっかけとやめちゃう人や議員になる人が減るという結論のみであり、その間にある「なぜやめるのか?の理由のメカニズム」には言及していないわけだから、そこを1つのケースしかないと決めつけた人が、まともな議員はみんな不倫をしていると解釈したのではないでしょうか?また、もっと重要なのは三浦氏は「スキャンダル」という言い方をしていて、別に不倫に限定はしていない。そこもちゃんと読んでいるのかな?という気もしている。スキャンダルの中に不倫が含まれるという話であって、まともな議員が仮に何らかのスキャンダルを抱えたとしても、それはまともな議員が全員不倫をしているという解釈にはならないのだ。そして、不倫は民法上の問題になるが、法律の問題にすらならないスキャンダルっていうのもあるわけ。例えば、舛添氏の問題は法律上の問題ではなかったし、あのときはホリエモンが三浦氏と同じようなことを言っていた。あんなことを叩いていたら有能な人間が都知事やらなくなるみたいなことを言っていたわけだ。

 

つまり、不倫っていうのは政治家の能力とは本来関係のない部分であって、能力と関係ある部分について批判をして、結果として淘汰するというのであれば、それは無能な政治家の排除につながるのかもしれないが、能力と関係ない部分で批判をして淘汰していたら、そりゃ結果として有能な政治家が排除されるかもしれないというのは、その通りだろう。今回問題視されている人が有能か?どうかは知らないけど、そういう傾向が続けば、多くの議員が辞任をする可能性があり、そうであればその中に有能な人も含まれるというのは、自然な発想だと思う。三浦氏の言っていることは的を射ていると思うが。あと、ちょっと話がズレるけど、政治家などの公人のスキャンダルって、マスコミが報道することを妨げないように法律がなっているのだが、それは「公益性があるから」というのが1つに理由になる。だから、政治家の不倫報道は法律上は名誉棄損行為にならないケースが大幅に増える。というのがある。しかし、よーく考えてみると、これっておかしくね?と思います。それは何か?というと、政治家の不倫のニュースのどこに公益性があるのか?ということなのです。すでに話した通り、政治家の不倫ネタに公益性があるっていうのは、不倫をした事実と政治家としての資質や能力に関連がある場合に成立する理屈なんですよ。

 

不倫をするような議員は政治家として相応しくないということが、感情論ではなく、因果関係としてちゃんと説明できるならば、不倫をした議員について知ることは国民にとって重要である。政治家の取捨選択に生かせる要素である。だから公益性がある。と言えると思いますが、現実として不倫をした議員がいたところで、その人が無能であると一概に断罪はできません。単なるイメージの問題でよくないよね。くらいが言えるって話であって、不倫っていうのは本来、議員の資質を問うのに使えない材料なんですよ。つまり、それを国民が知ったところで、良い政治家と悪い政治家の正しい選別には使えないわけだから、これは公益性がないというのに等しいと思いますが。逆に言うと、イメージで良い、悪いを判断している状況を公益性があるなんて言い出すのはおかしいと思うのです。

 

なぜならば、イメージっていうのは因果関係に基づいているわけじゃないから、その判断が結果的に国民に利益をもたらすとは言い難いからです。自己満足くらいでしょう。それは利益ですか?その程度の利益で良いならば、公益性が含まれていない報道なんかないと思うので、公人、私人関係なく、報道規制を緩めればいいのに。と思いますけど。利益につながらない可能性が高い判断は公益性にはならないと、私は思います。ただ、この法律を作っているのがそもそも議員なわけだが、議員の人たちはそこまで頭をひねっているんですかね?私は政治家のこんなくだらないスキャンダルの報道はやめるべきだと思うが、マスコミに言ってもしょうがない。法律を改正してもらうしかない。国民がこれだけ不倫ネタに食いつくところを見ると、そうやって政治家本来の資質や能力ではなく、表面上の要素のみで判断をしている人が大勢いるってことなんでしょう。全員がそこに注目して批判しているわけではないみたいだが、そういう人もある程度はいるだろうなと思う。

 

日本に絶望している人のための政治入門 (文春新書)

日本に絶望している人のための政治入門 (文春新書)

 

 

あわせて読みたい記事