就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

文教大学の偏差値は中堅?キャンパスの立地条件や評判は?学生の口コミと就職実績や就職支援の魅力など

【スポンサードリンク】

文教大学というのは大学自体の知名度はそこまでないかもしれませんが、大学自体の評判は良いと思います。芸能人の卒業生とかがほとんどいないと思いますし、スポーツとかも有名ではないので、どうしても大学自体を知らないという人もいるのではないか?と思います。しかし、文教大学について知らない人でも魅力を知ると入りたい人が増えるかもしれません。文教大学の偏差値は学部にもよりますけど、50を超えている学部がほとんどでしょう。国際学部とかはそこそこ高いですし、偏差値だけで言えば日東駒専くらいはあるのではないでしょうか?だから、文教大学は大学の自体の難易度は普通以上にありますし、簡単な大学ではないと思うのです。したがって、文教大学に入りたい人はそれなりに勉強をしないといけないと思いますけど、その前に文教大学の評判について調べておくと良いでしょう。文教大学はなかなか知名度が高くないので、イメージが沸かない人もいると思います。したがって、どういう大学なのか?というのを在学生や卒業生の口コミを参考にしておくと良いと思うのです。文教大学の口コミはそれなりに多く専用サイトに載っていますから。探し方が分からない人のためにここでも少し載せておきます。例えば、どんなものがあるのでしょうか?それについて見ていきましょう。

 

文教大学のキャンパスについてはどうか?というと、2つのキャンパスがあって、埼玉県の越谷市と神奈川県の茅ヶ崎市にあるようです。どちらも都心ではないので、キャンパスの立地条件としてはあまり便利という感じはしませんけど、どちらがメインキャンパスなのか?というと、よく分かりません。同じくらいの学部がそれぞれで学んでいるようなので。でも、都会には近くないですけど、落ち着いた雰囲気で勉強ができそうな点は文教大学の魅力の1つになりそうです。どちらのキャンパスでも集中できる環境があるのではないでしょうか?文教大学のキャンパスというのは通いやすい人は通いやすそうですが、都内に住んでいる人からするとちょっと遠く感じる場合もあるかもしれません。文教大学の注意点としては、学部によってどちらのキャンパスに通うか?が異なってくるので、そこはチェックしておいてください。ちなみに情報学部、国際学部、健康栄養学部、経営学部は湘南キャンパスで、教育学部人間科学部、文学部は越谷キャンパスになるみたいです。旗の台キャンパスもあるのですが、こちらは付属高校とかの生徒が通うみたいですね。高校の方がはっきり言って立地条件良いなという感じですね。

 

文教大学の学生の口コミを見ると、越谷キャンパスは徒歩10分くらいで立地条件についてはそれなりに良いと評価している人もいますけど、それとは別にキャンパスの周りに何もないという感想を持っている人がいます。越谷市なのでなんとなく想像がつくかもしれないですけど、越谷キャンパスの周辺には遊ぶようなところがないみたいなので、そのあたりはやや不便に感じることがあるようなのです。したがって、文教大学の学生の口コミでは、越谷キャンパスの方は立地条件においては、周辺の環境においてやや不満があるという感じでしょうか?一方、湘南キャンパスの方はどうか?というと、こちらは駅から徒歩だとちょっときついようなので、バスを使うことになるのではないでしょうか?バスも時間帯によってはかなり混んでいるようなので、バスを使わないといけないという環境にある湘南キャンパスもやや不便と言えるかもしれません。こちらも周辺はあまり栄えていないようですけど、自然があって綺麗という声もあります。学生によっては過ごしやすさを感じられるかもしれません。でも、実際の評判は自分でオープンキャンパスに行くとより実感できると思います。文教大学のキャンパスの評判は参考程度に見ておくとして、自分でもキャンパスを見に行ってみると良いでしょう。それ以外の文教大学の学生の口コミはどうでしょうか?

 

文教大学の評判としては就職サポートという点が挙げられます。これはキャンパスによっても内容が異なる可能性はありますけど、かなり手厚いと感じている人もいます。メールの書き方、面接の練習などをやってくれるみたいなので、就職活動における自分のスキルを上げるのに役立つ可能性があります。そして、学内の合同説明会も頻繁に開催され、かなりの会社と出会うことができるとされています。つまり、いろいろな機会を利用して就職活動における自分にとってのチャンスが広がる可能性があるということではないでしょうか?ただ、こういったことが利用できても、自分から積極的に利用していかないといけないので、そういった姿勢も必要になるのではないでしょうか?したがって、文教大学の就職支援を活用しながら就職活動を行うことができれば、少しでも良い結果が出る可能性がありますけど、やはり自分で積極的に文教大学の就職支援を利用していく気持ちは必要でしょう。こういったところが文教大学の評判になると思います。受験前に知っておくと良いと思います。そして、文教大学の就職実績はどうなっているのでしょうか?それについても確認をしていくべきでしょう。

 

文教大学の就職先については学部学科ごとに一例が載っています。大手企業から中小企業の名前もあって、結構参考になる部分もあるかもしれません。文教大学の場合には学歴フィルターにひっかかるか?微妙なところなのですが、大手企業に就職できる可能性もあるということになります。文教大学の就職実績は教育学部に関しては民間企業ではないケースも多いので、教育学部志望の人は特にホームページの就職先の一覧を見ておくと良いかもしれません。文教大学の就職支援に関しても、教育学部とそれ以外の学部は中身が違う可能性がありますから、そこは細かく見ておかないといけないのです。文教大学の就職実績に関する評価はそれぞれの受験生がしてもらいたいと思いますが、就職先などのデータはもう少し欲しかったなという印象もあります。あとは就職率も公開されていれば良かったかな?と思います。ただ、就職支援に関してはそれなりのモノが期待できるのではないか?と思うので、そこは文教大学の魅力と言えるでしょう。文教大学の就職の評判については学生の口コミなどを検索して調べてもらうのも良いと思いますが、自分でも調べておきましょう。文教大学は偏差値は中堅大学で、知名度はそんなにありませんが、教育学部を中心に非常に評判は良いと思います。したがって、文教大学に入りたい人は過去問などを解いて、合格に必要な点数がとれるか?チャレンジしてみましょう。そして、苦手な分野やできない箇所を重点的に対策していき、少しでも点数が上がるように努力していきましょう。

 

 

文教大学 (2018年版大学入試シリーズ)

文教大学 (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事