就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

中央大学経済学部の偏差値や難易度と評判は高い?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

中央大学と言えば法学部の印象が強いため、それ以外の文系学部はあまり目立ちません。しかし、同じ社会科学系等の学部で経済学部もあります。中央大学経済学部はかなり学科が細分化されていて、経済学科、国際経済学科、公共・環境経済学科、経済情報システム学科に分かれています。この4つは重なり合うところもあるものの、まったく別個の内容を扱う部分もあると思うので、中央大学経済学部に入りたい人は学科選びも慎重にやっておきましょう。中央大学経済学部の偏差値は河合塾のものを見ると、57.5~60.0くらいです。中央大学経済学部の偏差値は非常に分かりやすいです。個別日程も全学部統一入試も経済学科、国際経済学科、経済情報システム学科に関しては60.0ですが、公共環境経済学科についてはどちらも57.5となっています。その時々で偏差値は変わるのですが、中央大学経済学部で入りやすいのは公共環境経済学科と言える可能性があります。とはいっても、中央大学はMARCHですし、首都圏の有名私立大学は、どこも合格者数を近年絞っているので、全体的に偏差値は上がってきています。中央大学経済学部に関しても2017年くらいまではどの学科も57.5だったのに、今はほとんどが60超えですから、やっぱり難しくなっています。中央大学経済学部の評判も上がってきていると思いますから、人気の魅力的な大学学部と言えると思います。

 

中央大学経済学部のセンター利用のボーダーラインの数字も上がってきつつあると思うのです。中央大学経済学部のセンター利用入試のボーダーラインは75~85%くらいとなっていて、数字としてはまあまあ高いですが、3科目と4科目となっており、それぞれでボーダーラインも違います。3科目型は83~85%くらいでどの学科もほぼ同じです。4科目型は80~83%くらいで少しどの学科もほぼ同じですが、少し下がります。それとは別にセンター試験の併用型もあり、75~78%くらいとこれも学科ごとの差はあまりありません。数学選択については75~80%くらいと少し差があります。ボーダーラインが低いのは公共環境経済学科です。それ以外の学科はボーダーラインはほぼ同じです。8割弱~8割くらいです。多くの受験生は3科目で受けるのかな?と思いますが、85%近く必要なので、非常に難しいです。4科目でも80%強は必要なので、それでも高いです。中央大学経済学部のセンター利用のボーダーラインの得点率は高いので、入試科目や配点を調べて、センター試験の過去問を解いて可能性があると感じたら受験してみると良いと思います。併用方式もありますが、どれも難易度は高いと思います。中央大学経済学部のレベルはこういった入試方式を見ても高いと言えるでしょう。

 

中央大学経済学部の倍率はどうなっているのか?というのは知っておきましょう。2017年度の一般入試の個別日程に関しては6~7倍くらいですが、公共環境経済学科はちょっと低くて5倍台です。全学部統一入試に関しては学科ごとの差はあまりなく7~8倍です。どちらも高いです。中央大学の偏差値は近年下がってきているものの、倍率は上がってきているのです。したがって、今後の倍率はさらに上がる可能性があります。中央大学はMARCHの穴場と言われているため、どこでも良いからMARCHに入りたい人はこぞって受けているのではないか?と推測している人もいます。だから、偏差値は上がりづらくても倍率は上がるのです。センター利用入試を除いた一般入試では、全学部統一入試か個別日程を受験する人が多いと思いますが、倍率は恐らく今後も上がると思います。経済学部に限らず10倍近くになる学部が増えると思います。センター利用入試はボーダーラインこそが重要ですけど、一般入試では偏差値がまず重要で、そのうえで倍率も関係してきます。中央大学経済学部の難易度は高いですから、倍率からもそこを感じ取ってほしいです。中央大学経済学部の評判が高いってこともあると思いますけど、中央大学のレベルは今後多分上がるので、受かるならば早い方が良いと思います。首都圏の難関私大は多くが倍率が上がり、偏差値も高くなってきているので、MARCHレベルの大学は今後どんどん難しくなると思います。

 

中央大学知名度はかなり高いですし、MARCHの中では偏差値が低下傾向にあるとしても、ブランド力は強いですし、中央大学に入りたいと思っている人多くいます。したがって、中央大学経済学部の偏差値は一定ラインは維持され続けると思いますし、今後はキャンパス(今のところは法学部のみ)が都心に移転するという情報もあるので、そこまでいけば中央大学の偏差値も人気も上がる可能性があります。すでに話したように、これからはMARCHや早慶上智、そして日東駒専まで含めて首都圏の有名私立大学はレベルがどんどん上がり続けると思います。中央大学経済学部に関しても今後は偏差値が上がる可能性もあるので、受かるのならば早い方が良いということなのです。中央大学経済学部に入りたい人はイメージや雰囲気などの部分についても知っておいてほしいです。中央大学経済学部の評判に関して最後に知っておいてほしいと思います。中央大学経済学部の学生の評判を知ったうえで、どんな雰囲気やイメージなのか?キャンパスライフについての想像をしていくと良いと思います。中央大学経済学部の口コミからキャンパスライフが想像しやすいと思いますが、中央大学経済学部の学生はどういった評判を持っているのか?そこからイメージや雰囲気を感じてもらいたいと思います。

 

中央大学経済学部は4つの学科があるので、学ぶ内容自体はそれぞれで異なっているということが言えるものの、共通する部分もあります。1つ面白いのが学部共通インターンシップというものがあり、就活にも役に立つ授業で、ちゃんと単位認定されるため、経済学部でも人気みたいです。こういった取り組みがあるのも特徴です。経済を中心に学ぶものの、政治や法律などの授業もあるようで、特に経済学科は選択肢が広いためにそういった授業を履修しやすい可能性があります。全体的に真面目な学生が多く、勉強に集中しやすい環境と言われています。学生の口コミでは中央大学経済学部の評判としてはそういったことがあるので、イメージ通りじゃないですか?中央大学ってそういうイメージでしょう。真面目な学生が多いっていう感じだと思うので、そういう人におすすめなのでしょう。ただ、学科選びは重要です。経済学科は最も選択肢が広いはずですが、国際経済学科、経済情報システム学科、公共環境経済学科はそれぞれの分野に特化した内容なので、その分野自体が合わないと卒業自体が難しくなります。リスクが低いのは経済学科ですし、基本的には経済学部では経済学科が1番人気なんです。複数学科がある場合に偏差値が高くなりやすいのも経済学科ですし。また、学生の口コミによると単位が取りやすい授業が多いのは経済学科みたいです。他学部も授業も履修できるみたいですけど、どの学科を選ぶか?で学ぶ内容が変わり、卒業するための難易度も変わると思うので、中央大学経済学部に入りたい受験生は学科ごとのカリキュラム、授業内容などを細かく見ておいてほしいです。

 

中央大学に入りたいと思っている人、受験する可能性があるような人はスタディサプリ進路から資料請求ができますから知っておきましょう。ここで請求できるのは中央大学に関しての入試情報、学生生活の情報をまとめた大学案内になります。入試情報については、中央大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、配点などに就いて細かく分かりやすくまとめており、中央大学の入試制度について理解が深まるでしょう。また、過去の入試結果から中央大学の倍率や合格最低点についても乗っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えます。学生生活の情報については、中央大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?について、学部学科ごとに詳しく載っていると思うので、自分が中央大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像がしやすいです。また、今まで知らなかった中央大学の魅力などに気付けるケースも増えるでしょうし、かなり有益な情報を提供してくれる大学案内と言えると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「中央大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあるので、そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

中央大学(経済学部−一般入試) (2018年版大学入試シリーズ)

中央大学(経済学部−一般入試) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事