就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

遊戯王カード等のサーチ行為はうざい、反対の人も多い?何が悪いのか?何が問題なのか?を見つけるのは難しい

【スポンサードリンク】

遊戯王カードとなどのトレーディングカードではサーチ行為というものがある。これは何か?っていうと、通常こういうトレーディングカードというのは、1つ1つのパックで入っているカードが違い、一部のパックにはレアカードが入っている。そのレアカードをみんな狙って購入しているのだが、サーチ行為というのは、どのパックにレアカードが入っているのか?が高確率で分かり、そういったレアカードが入っているパックだけを購入することができる方法なのだ。私が子供の頃には遊戯王カードが流行っていて、クラスの男子の多くがやっていたと思います。私も遊戯王カードは当時好きで、パックも買っていましたが、当時からサーチってありましたね。私の周りでもやっている子たちいましたよ。当時は2000年くらいだったので、インターネットで情報が出回ることもほとんどなく、というか子供がパソコンや携帯電話を普通に使う時代ではなかったからね。サーチ行為というのは知ってはいたが、具体的なやり方とかはさっぱり分からなかったし、やりたいとも思わなかった。今は遊戯王カードを重さで判別する方法などもあるみたいだけど、当時はパックの表面を見て違いを探すという方法がメインだったと思う。で、そんなことをしていると、お店の人から何言われるか?分からないし、私もそもそもサーチ行為はできなかったが、やれたとしてもやろうとは思わなかったと思う。

 

今でもトレーディングカードではサーチ行為をしている人は多くいるらしい。サーチ行為というのはレアカードを識別して、当たりの入っているパックだけを買い、それを開けて楽しむ、または売って儲けるといった感じでやっているみたいだが、あまり賛成派の人は少ないみたい。それは遊戯王カードなどのサーチ行為は迷惑と考える人がいるからでしょう。私はサーチは行為はしないが、反対ではない。というか、反対する理由が見つからない。遊戯王カードなどでサーチ行為をする人の反対理由は、私が調べたところでは以下のものが多いと思う。

 

①お店の利益が下がる

②パックや中のカードに傷がつく可能性がある

③あたりが入っていないパックを買わされる人が可哀想

 

ココでの議論は、とりあえずお店がサーチ行為を禁止していないという前提のもので行う。お店が禁止しているケースは問答無用でサーチ行為はダメだとなる。で、実際お店が禁止していない場合のもとで、上記の理由を検討するが、①について見ていくと、お店の利益が下がるというのはどういうことか?というと、サーチ行為をした後にははずれパックし残らないから、買う人が少なくなる。ということなのではないでしょうか?これは実際あり得ます。サーチができる人はサーチした結果、あたりがないパックならば買わないでしょう。でも、そういう知識がない人ならば買う人は大いにいそうですね。だから、利益が下がる可能性はあるけど、非常に微々たるものな気がします。で、ここで問題なのはどうしてお店の売り上げが下がることがダメなのか?ということです。お店の売り上げが下がることをなぜ客側が考慮しないといけないのか?ということです。1つ問題なのは、この場合サーチ行為をしても、しなくても誰かは損をするということです。サーチ行為をすれば、お店側が損をするかもしれないが、サーチを行為をしなければ、欲しくもないカードしか入っていないパックしか買えず、お客さんが損をする可能性もあります。つまり、完全にトレードオフの関係なのです。誰かは損をするので、それが誰になるか?でしかないのです。店側が損をするのはダメだが、客側が損をするのは良いという理屈が理解できません。頭が悪い人がよくやる発想ですね。一方の損失だけに目がいき、もう一方が損失する状況に気付かない、無視をするという。

 

あと、私は遊戯王関連のYoutuberの動画を観ることがあるんですけど、私が見ている限り、遊戯王カードが好きなYoutuberがカードショップとかでカードを購入するときには、カードの状態をチェックしてより綺麗なものを買っていくということをしています。でも、それをみんながやると、お店から綺麗なカードだけが消えて、相対的に状態のよくないカードだけが残ります。そうなると、そのお店には「綺麗なカードはないから」ということが噂とかで伝わる可能性もありますよね。そうなると、そのカードショップは客足が遠のき、利益が下がります。綺麗なカードから優先的に買われてしまうと、購入されづらいカードだけが残り、そういう状態が続けば客足は遠のき、利益が下がると。でも、そういう光景には誰も文句を言わないのはなぜ?となります。完全に遊戯王カードのサーチ行為をした後と同じ状況が残るわけです。両者に共通しているのは、より良いものを見つけ出してそれを買おうとしている。ただ、それだけです。スーパーとかで傷みがあるものを避けて、状態が良い野菜とか果物を買っていくという行為と同じだと思いますが、それの何がいけないのでしょうか?

 

②に関しては、私は全うな反対理由になると思います。実際にカードやパックに傷がつくというのは、犯罪行為になる場合があるので、それは問題になるのですが、逆に言うと遊戯王カードとかを重さを計ってサーチするだけならば、まず傷はつきません。だから、遊戯王カードとかを計量してサーチするような場合には、②の反対理由は通用しないのです。私が子供の頃に周りがやっていたようなパックを細かくチェックするようなやり方の場合には、②の反対理由は通用する可能性が大いにあるでしょう。だから、この理由は遊戯王カードのサーチ行為に反対するときには限定的には通用するが、場合によっては反論されるということです。そして、③に関しては、これは言っている人の気持ちは理解できなくはないが、これはトレーディングカードとか関係なしに、いわゆる情報強者と情報弱者の差の問題だと思います。つまり、情報を多く知っている人とそうじゃない人の間に差が出るのは、遊戯王カードだけじゃないんですよ。世の中すべてがそうなんです。いわゆる格差社会なんていうのが言われていますけど、これもその一部でしょうね。サーチができる人とできない人、サーチを知っている人とその事実を知らない人の間には情報格差があります。

 

だから、これは文句を言いたくなる人の気持ちも分からないではないが、格差はどうしようもありません。日本が資本主義社会である以上、賃金などの格差はまずなくならないでしょう。というか、広がる一方だと思います。でも、カードのサーチ行為情報格差に関しては、日本が社会主義国であってもなくならない問題だと思うので、どうしようもないというのが回答になってしまいます。だって、子供と大人では使えるお金が違うじゃないですか?これも1つの格差ですが、この問題に文句を言う人はあまりいないですし、格差全てを否定する人もいないわけです。だから、遊戯王カードのサーチをめぐる情報格差についても、問題視する人がいる一方で、そんなの仕方ないだろうと容認する人も多くいると思います。情報強者が得をするというのは、世の中の仕組みそのものなので、私はしょうがないと思います。受験とかも知識や情報を多く持っている人の方が受かりやすいわけですからね。そういう格差がなくなるべきというならば、情報強者になれるように、みんなが多くを知ろうとする、勉強しようとするしかないのです。

 

遊戯王カードのサーチ行為はうざいと思っている人もいるようですが、私が調べた限りでは、客側じゃなくてお店側がやっている可能性もあるみたいなんですよ。コンビニとか、カードショップとかです。ただ、これに関してはサーチ行為をして得られる利益なんて微々たるものだから、お店側がやる意味はない。と主張する人もいます。ただ、お店側がやっているのではなく、店員個人がやっている可能性は残るので、結局お店の方があらかじめサーチをして、はずれパックだけを売っているという可能性はなくはないです。お店としては大したことない利益でも、店員個人の場合にはそうじゃない可能性もあるので、知識がある人ならばサーチをしてから売っているみたいなことがあるかもしれませんが、これは推測の域なので、分かりません。実際そういうことがあるのかもしれないし、ないのかもしれないです。これは証拠がないので、どうしようもないでしょう。

 

ただ、仮にやっていたとすると、詐欺罪に該当する可能性はありそうですが。客がサーチをする場合には、パックやカードを傷つけるなどしない限りは犯罪にはならないと思いますが、売る側がやっていると、客としてはあたりが含まれているはずだという認識のもと、カードを買うので、最初からあたりが入っていないならば、もしかしたら詐欺罪に該当する可能性もあるかもしれませんが、全パック買うなどをしない限りは立証がおよそ不可能なので、現実的にはどうしようもないと思います。遊戯王カードなどのサーチ行為はうざいと思っている人も多くいるようですが、お店側が禁止している現状ならばともかく、そうじゃないならばそれは頭のいい人ならば簡単に反論されると思う。「店側が認めているんだから、良いでしょう?」と言われるだけだと思うのです。つまり、サーチ行為がいけないというのは主観だが、お店側のルールは客観なので、こっちの方が上になってしまうのです。だから、某遊戯王系Youtuberがやっていたように、お店側にサーチ行為の禁止のルールを作ること、サーチ行為ができない販売の仕方をしてくれるようにお願いする。これしかないと思います。重さを計るとか、計量までしてサーチをする場合もあるみたいなので、店員がパックを選んで購入できるお店で買うとか、BOX単位で買うとか、そういう買う側の対策も必要かもしれませんが。

 

 

あわせて読みたい記事