就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大東文化大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報など

【スポンサードリンク】

大東文化大学というと、どういうイメージでしょうか?大東亜帝国という大学群が有名なので、大東文化大学についてもなんとなくイメージが浮かぶ人もいるでしょう。しかし、大東文化大学の難易度はどれくらいか?というのは、受験する可能性がある人は知っておかないといけないのです。大東文化大学の偏差値はやや上昇傾向です。というか、首都圏の私立大学は概ね偏差値が上昇気味で、私大難化の流れが顕著に表れていると言えます。大東文化大学の偏差値も少しずつ上がってきていると思います。特定の学部というよりは全体的にです。したがって、大東文化大学で受かりやすい学部もないことはないが、その受かりやすい学部の難易度も上がっているので、そこも頭に入れておかないといけません。大東文化大学の偏差値をまずは学部ごとに紹介していきます。あとは大東文化大学の評判とか、キャンパスの立地条件などについても紹介していきたいと思います。

 

大東文化大学の学部ごとの偏差値は?

大東文化大学の偏差値は学部学科ごとに多少違いますけど、河合塾のもので45.0~50.0くらいに収まっていることが多いです。文学部、法学部、経済学部、国際関係学部に関しては、学部全体で45.0~50.0となっています。社会学部は47.5~50.0とちょっと高いですけど。あとは外国語学部が45.0~47.5で、経営学部が45.0で、スポーツ健康科学部が40.0~50.0となっているので、全体的にはある程度の範囲に収まっている印象でしょうか?大東文化大学の偏差値を見ると、47.5や50.0の学部学科は難しい方に入るでしょう。逆に入りやすい学部を探すならば、40.0の学部学科かな?と思います。外国語学部の中国語の全学部統一、日本語の一般、スポーツ健康学部の看護の一般B、こういったところは偏差値が40.0です。大東文化大学での入りやすい学部になると思います。大東亜帝国のレベルも全体的に上がっているので、その中で40台前半というのは少ないですし、大東文化大学の受かりやすい学部はこういったところが該当するので、覚えておきましょう。

 

大東文化大学の倍率はどうなっている?

大東文化大学の倍率をチェックしていきたいですけど、一般入試の倍率について紹介していきます。大東文化大学の一般入試は全学部統一の前期、後期があり、それとは別に個別日程があります。この中で全学部統一の後期はどの学部学科も高いです。具体的には言えないというか、結構バラバラです。10倍を超えているケースがほとんどで、20~30倍以上というケースもあるので、大東文化大学の難易度はとても高いのです。全学部統一の前期は割と傾向があって、3~4倍程度の学部学科が多いです。一部もっと高いところもあるのですが、大方こういった倍率になっているのです。個別日程に関してはA方式とB方式に分かれている場合もありますけど、3~6倍くらいです。したがって、やや幅広いですけど、全体的にはこういった感じです。昔と比べると、大東文化大学の倍率は上がってますね。偏差値も高くなってきていますけど、倍率も同じ状況なので、大東文化大学の難易度が上がっていると言えると思います。大東文化大学の受かりやすい学部であっても、倍率は低くはないですから、偏差値が低い学部を受ける時でも油断はできません。

 

ちなみに大東文化大学の合格最低点に関しても知っておくと良いと思いますけど、合格のボーダーラインとなる数字は学部学科、入試方式ごとにバラバラです。したがって、大東文化大学の合格最低点には傾向がほぼなく、かつ毎年変動も大きいと思うので、「」から確認をしておくと良いです。しかし、すでに話したように変動があるので、前年の合格最低点がそのまま次の年の入試のボーダーラインになるか?というと、上がる可能性も十分にあります。近年は私大入試が難化しており、大東文化大学の偏差値も上がっていますし、センター利用のボーダーラインも数年前と比べてすごい上がっています。大東文化大学の合格最低点は参考にしつつも、前年の合格最低点をもっと超えられるように対策をしておきましょう。大東文化大学の問題の難易度にもよるのですが。そういった感じで、大東文化大学の合格最低点は参考程度に考えていきましょう。最後に大東文化大学の評判としてキャンパス事情に関して紹介していきます。キャンパスライフを送るうえで、キャンパスの立地条件や周辺環境などは重要ですから。しっかりと把握したうえで受験をしてほしいです。

 

大東文化大学のキャンパスの評判や口コミは?

大東文化大学のキャンパスはほとんどの学部の1,2年が就学する東松山キャンパス、3,4年生が就学する板橋キャンパスに分かれています。メインキャンパスは板橋の方になるので、今回はこちらに関して紹介をしていきたいと思います。国際関係学部とスポーツ・健康科学部の学生以外は全員通うことになります。東武東上線東武練馬駅からスクールバスで7分、または都営三田線西台駅から徒歩9分となっています。立地条件としては池袋駅に近いので、そこは学生の評判は高いです。大東文化大学の学生の口コミでは、キャンパスの周辺はスーパーやコンビニ、ご飯を食べられるお店がいくつかあって、充実している雰囲気でとなっています。大東文化大学のキャンパスの評判で多いのは、とにかくいろいろな場所が綺麗ということで、多くの学生がこういったことを言っています。実際、ホームページではキャンパス内の施設の画像がありますけど、確かに全体的にどこもかしこも綺麗です。特にカフェテリアと図書館が先進的な雰囲気です。また、キャンパス内に郵便局があるという特徴があります。大東文化大学のキャンパスの雰囲気は実際に見学をすると分かりやすいです。1,2年で通うことになる東松山キャンパスの評判も含めて、キャンパスの見学をしておくと良いと思います。受験前に大東文化大学のキャンパスの雰囲気を知っておくと良いと思います。

 

2019年版大学入試シリーズ 大東文化大学

2019年版大学入試シリーズ 大東文化大学

 

 

あわせて読みたい記事